異をとなえん |

人口が減るから内需が縮小するはおかしい

2010.03.05 Fri

05:16:08

人口が減るから内需が伸びないは間違っている。
人口が減ったとしても、一人当たりの需要が増えてゆくならば、総需要は増えていくはずだ。
日本企業は内需に見切りをつけて、海外の需要に期待するしかないという意見が多くある。
でも、それはおかしい。
日本が今の生産を海外に移行していくとすれば、その分の利益が企業にたまるはずだ。
その利益は日本の本社機能を通じて、日本国内に還元していく。
日本の経営者は本社機能の従業員の給与が高くなるという意味だ。
給与が高くなれば、当然消費は増えることになる。
労働者を解雇して、生産を移動するから、その分所得は減るという意見があるかもしれない。
けれども、解雇された従業員が新しい仕事を見つけることができないならば、賃金は下がるはずである。
つまり、全体として移転による利益が発生する場合のみ、新興国への移転は進む。
だから、移転が発生したということは、どこかで所得の増大が発生するということであり、つまり内需が増加するということだ。

ああ、ダメだ。
うまく書けない。
後日、再挑戦する。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る