異をとなえん |

電王戦でのコンピュータソフトの貸し出しについて

2012.12.18 Tue

21:57:28

第二回電王戦で開発者側が棋士に対してソフトを貸し出すかどうかが議論されている。
貸さないのは卑怯だとか、貸してくれと頼むのは卑屈だとか、ネットではそういう批判が飛び交っている。
私は貸す必要はないと思うのだが、別にソフトに勝って欲しいから言うのではない。
できるだけ見て面白い将棋を見たいから、そう思うのだ。

我々は強い人がソフトに対して普通に戦ったところを見ていない。
現在最強のソフトが強い人に対して普通に戦った場合どうなるか、まずそれを知りたい。

清水女流プロとソフトあからとの対戦は見たし、それはそれで面白かった。
しかし、双方の力が弱すぎて、たぶん最善にはほど遠い。
ヘボ同士が戦って、たまたま最後に上だった方が勝ちにも見える。
肝心要の部分で戦わず、あさっての部分で戦っている将棋は興をそがれる。

米長氏とソフトボンクラーズの対戦では、二手目6二玉という奇襲戦法に出てしまった。
ボンクラーズ向けに練り上げられた作戦なのだけれど、なんというかがっかり感がある。
相手が誰であってもいいように、盤上最善を目指しているかというと疑問だ。
自分の現在の力のことを考えて、入玉模様の将棋を目指したのだろうけれども、人間相手に指さないだろう将棋を指すのはソフトに特化しすぎている。

私はおいしい部分がたくさん見られる将棋が見たい。
おいしい部分というのは、中終盤アマには見えない、目が覚めるような手が飛び出すことだ。
劣勢の側がそれを繰り出して逆転するのが、観戦する者としては一番面白い。
そういう意味では、渡辺竜王とボナンザの対戦が一番面白かったと思う。
渡辺竜王がボナンザの力を最大限に引き出し、終盤逆転した。
どちらにも見せ場があって、面白かった。

早指しではボンクラーズやponanzaの対局が将棋倶楽部24でたくさん行われた。
それらの対局では、序盤ソフトの側が少し悪く中終盤に多くの場合逆転していた。
早指しではソフトの力が人間を上回っているのは確実と思われる。
しかし長時間の場合はどうだろうか。
序盤ソフトは劣勢に陥る。
それをなんとかひっくり返そうと、ソフトは難解な手を繰り出してくる。
人間が逆転を許すか、許さないか、そこらへんが見所ではないかと勝手に思っている。
実の所、米長ボンクラーズ戦もそれに近かった。
米長氏が勝負所で全然ダメな手を指さなければ、手に汗握る展開もありえた。
しかし人間はぽきっと折れてしまい、終わった。

今回の対局では、やはりまず盤上最善の一手を目指して指す将棋が見たい。
相手がどういう将棋を指すが全然わからないで指すような将棋だ。
そういう将棋こそ一番力量がわかると思う。

ソフトをプロ側に貸し出しても、傾向を分析するぐらいならばいい。
けれども、散々指して普通に指しても勝てそうにないから、バグを探すような手段になってしまったらつまらなくなる。
たとえば、誰が見ても人間の側が敗勢なのに、コンピュータがバグで投了してしまう。
そんな将棋は見たくない。
稲庭将棋みたいな将棋も面白くない。

ソフトと人間が普通に戦う将棋をまず見たい。
逆に言うと、普通に戦って人間が勝てないと思うならば、まずその将棋を公開して欲しい。
米長氏はボンクラーズとたくさん将棋を指した。
その将棋については良くわからないが、本番が終わった後ならば公開できるのではないだろうか。
上で述べた将棋の一番面白い部分が詰まっているような気がする。
米長ボンクラーズの普通の対局を見れば、ソフト用の作戦にも納得できるのだろうけれど、そうでないと結末だけ知らされる勝負でつまらない。

結論としては、練習用の対局を本番後に公開する条件をつけて貸し出すのがいいと思う。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

二大政党制では対立軸を勝手に変更してはいけない

2012.12.17 Mon

20:48:49

相変わらず不調な気がする。
カラ元気も元気の内というから、とりあえず何でもいいから文章をつむいでおこう。

昨日選挙があった。
マスコミの予想通り自民党大勝となっている。
民主党が60議席を割ってきたのは予想外か。
たくさん負けるとは思っていたが、マスコミ予想を覆すほど負けたのは意外だった。
比例投票数では、2009年が2984万票、今回2012年が962万票で2000万票以上減っている。
今までのシステムを覆して欲しい願いを持つ国民が2000万近くいて、それが今回民主党から離れたのだろう。

民主党が負けた原因としては、マニフェストを達成できなかったことを指摘している人が多い。
けれども単にマニフェストを達成できなかっただけならば、これほど負けなかったような気がする。
前回の選挙で民主党に投票した人々もマニフェストうんぬんよりも、反自民党で投票した人が多かった。
だからマニフェストの達成度もそれほど重視していない。
マニフェストが民主党の目指す目的であって、その方向に進んでいるならば国民はそれほど怒らなかっただろう。

民主党が失敗したのは、マニフェストをいい加減に扱い過ぎたことだろう。
達成することを全然考えずにマニフェストを作成し、それを平気で破っていった。
達成できないのは我慢できても、目指す方向が全然違うというのは完全に違反行為だ。
消費税増税はその最たるものだ。

二大政党制というのは、時の総理が最善の政策を実行するものではない。
二大政党は基軸政策の賛否によって、国民を二つに分割するものだ。
だから政権党は党の原則に基づいて、国民が予想できる政策を実行しなくてはならない。
総理大臣が個別に政策を評価してぶれていては、国民は実行される政策を予想して投票できなくなってしまう。
消費税増税が正しい政策であったとしても、それを判断するのは国民であって総理大臣ではない。

小泉元首相が使い捨て政治という言葉みたいなことを言っていた。
二大政党制は使い捨てにされる議員、政党、総理大臣であるべきなのだ。
たとえ間違った政策であっても実行すれば、国民は投票した責任を負う。
間違った政策を実行すると、当然議員、政党は責任を問われるわけだが、間違った政策を公約したのが原因だから仕方がない。
そこで使い捨てにされるべきなのだ。
そうすることで、初めて国民は自分たちの投票を安心してゆだねることができるようになり、自分たちの投票に責任を持つ。

もちろん、未知の状況で公約等がない場合はある。
その場合は個人の能力で対応してもらえばいい。

民主党はマニフェストが破綻した時点で、自民党が批判したように解散総選挙を行うべきだった。
そうすれば少なくとも、国民に誠実と受け止められる余地があった。
負けるのは仕方がないけれども、このような大敗は回避できたかもしれない。
自民党と連携して、民主党を分裂させるというのは、明らかに対立軸自体を壊している。
国民からすると、一体何を信じて投票できるのか。
民主党が大敗したのは必然であり、二大政党制の根幹を壊した野田総理はやはりだめ総理としかいいようがない。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

第二回電王戦メンバー発表される

2012.12.15 Sat

21:36:32

第二回電王戦に登場するプロ棋士がようやく発表された。
メンバーは事前にもれていた情報と同じで、弱すぎもせず、強すぎもせず、平均レベルと言ったところだろうか。

A級棋士でメンバーの中ではレーティング最強の三浦八段とGPS戦の戦いに最大の興味がある。
GPSは最近パソコンに2年ぐらい前の古いバージョンをインストールしたのだが、読みが実にプロっぽい。
渡辺竜王の手を古いマシンにインストールした古いバージョンのソフトでも、ずばずばと手が一致するので、感心している。
激指やポナンザ、ボナンザに比べると、GPS将棋は評価関数に人間的な感覚のパラメーターを付け加えることでより人間に近づいているのだろう。
私のマシンでも渡辺竜王とほぼ同じ手を指せるソフトが、iMac600台以上で動き、最新のマシン最新のソフトにレーティングで400を上回るほどパワーアップする。
レーティングが200上回ると勝率75%なので、400上回ると勝率は95%ぐらいある理屈だ。
1台でも人間と互角ならば、それに対して圧倒的に上回る力を持つだろう。
私はコンピュータびいきなので人間にはほとんど勝ち目がないように感じる。

GPS将棋が後手なので、最新定跡にはめて人間が勝つ可能性もある。
けれども、意外と早くGPSは定跡から抜けてしまうのではないだろうか。
前に紹介したGPS激指戦では、定跡にない手の3三桂を指していた。
あの手を見ると、コンピュータには新手を指せないという意見が全然合っていないことがわかる。
個人的には、全く見たこともない変化になる将棋が見たい。

Puellaαやponanzaの対局も面白い。
GPS将棋に比べて評価関数は正確ではないと思うのだが、その分を読みの深さ広さでカバーしている。
人間の読みにない手を指すのだが、それでも成立しているという点で、むしろ人間にとっては勝ちにくい相手のような気もする。
ツツカナや習甦はよくわからないのだが、それでも弱くはないだろう。

とにかく実に楽しみだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

野田総理は失格だ

2012.12.12 Wed

21:51:10

なんかもう全然書けなくなってしまった。
しかたがないので、野田総理の悪口でも書こう。

民主党の敗北はほぼ確定的みたいだ。
マスコミは100議席割れは確実で、70議席割れもありそうという予測を出している。
小選挙区での地すべり的な敗北も大きいが、比例の議席数減少もはなはだしい。
前回87議席取ったのが今回は30議席を少し上回るぐらいという予測だ。
無党派層の支持を完全に失ったのだろう。

民主党の敗北の原因は目標が反自民だけだったことだ。
民主党は自民党を倒すために生まれた政党だ。
勢力争いのため自民党から追い出された議員や元々自民党の政策に反対していた勢力が、小選挙区制だということで結集した。
でも綱領一つもできなかったように、あまりにも政策が一致していなかった。
だから一つ政策を実行しようとしても、内部が割れてしまう。
総理の人気がなくなれば足の引っ張り合いが激しくなる。
そのために総理を誰がするかによって、政策が大幅にぶれてしまった。
結果民主党を支持していた勢力のほぼ全てから、総すかんを食ってしまったと思う。

民主党の敗北を前提として、未来を予測してみるとあまりいい気分になれない。
安倍総理は前回のことを考えると頼りなく感じる。
リフレ政策にしても本当にわかっているのか疑わしい。
輪転機でお札を印刷すればいいなどという話を聞くと実に不安だ。
参議院選までには人気を落とすのではないだろうか。

問題なのは安倍政権の支持率が低くとも参議院選に勝利する可能性だ。
たとえ支持率が低くとも、他の政党がばらばら状態だと自民党が勝つ可能性は高くなる。
もっとも、参議院の選挙区は1人区だけではない。
それなりに人数の多い選挙区があることも考えると、自民党が絶対に勝つとは言えないのかもしれない。
支持率が高くて選挙に勝って政権が続くのはあきらめがついても、支持率が低いのに選挙だけ勝って政権が続くのは納得できない。
民主党が分裂したのは、自民党の好き勝手な政権が続く可能性を作ってしまった。

そう考えてくると、野田民主党代表が消費税で民主党を分裂させたのは致命的な問題だったと思う。
この分裂でたぶん次期総選挙では、自民党に対抗する政党は生まれないだろう。
そうすると必然的に自民党政権が続くことになってしまう。
政権交代の可能性がない選挙は好ましくない。

民主党がだめだったのは、政権を守るために妥協をするという精神の欠如だ。
小選挙区制では、政党にとって二大政党に入るかどうかが決定的に重要になる。
二大政党と見なされれば、与党が敗北するときには野党代表の党が勝利して政権を担うことはほぼ確実だ。
だから、自民党がほぼまとまっている状況では民主党は割れてはいけなかった。
野田総理は選挙で勝たずに総理になった以上、自分の政策を貫くよりも党の団結を優先すべきだった。
自公と手を組んで、自党を割るというのは党首としての自棄行為だ。
消費税法案で実際の税率を上げるのが2014年であることを考えると、どう考えても急ぐ必要がなかったと思う。

野田総理の消費税増税法案にかけた熱意は、そもそもマニフェストになかったことからも論外だ。
野田総理としては消費税増税は絶対に実現すべき政策だったのかも知れない。
しかしマニフェストにない政策をいきなり持ち出すのは、明らかに混乱を招いている。
安倍政権の元で消費税増税法案の撤回もありえるかもしれない状況だ。
有権者の意思を明確にするような選挙をしなければ、いつまでたっても混乱が続く。
時の総理がどう思おうとも、選挙のたびにマニフェストを提出し、勝った政党がそれに沿って政策を実現していくことが一番スムーズに行く方法だと思う。
結局野田総理は総理としても、党首としても失格だ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る