異をとなえん |

「十字軍物語3」感想

2012.06.22 Fri

20:19:08

塩野七生氏の十字軍物語3を読む。
十字軍物語〈3〉

リチャード獅子心王の評価が面白い。
塩野さんの物語の中のリチャード王は実にかっこいい。
小説の中で現れたらとても魅力的なキャラクターになるような気がする。
宗教的な情熱、義を見て為さざることはなく、誰からも好かれる人気、敵であっても許す包容力、不敗の戦上手、超人的な戦闘力、と羅列すると、どう見てもチートキャラだ。
これが十字軍と言うキリスト教世界の中では、もっとも重要であろう軍隊の一員として行動するのだから、西洋で人気があるのもわかるような気がする。
しかし、私はそれほど凄い人物と思っていなかった。
私がリチャード王の史実を知ったのは、イギリスの歴史からで、そこではあまり高い評価を得ていなかったと思う。
どちらかというと、フランス王との戦いを放り出して、十字軍に従事している人物というイメージだ。
フランスの領土の半分を支配していたイギリスだが、それをフランス王に段々と取り返されていく。
最終的に敗北を確定したのはジョン失地王となるのだが、それはリチャード王の次の王だ。
だからリチャード王はフランスとの戦いに負けつつある状況で、それを挽回できなかった王となる。

イギリスの歴史的には正しいのかもしれないが、それは歴史としての理解だ。
つまり、民衆伝説というか、庶民の間に膾炙される世界ではリチャード王は英雄なのだろう。
その英雄像を踏まえた上で、否定的な解釈が出ている。
日本でいうところの水戸黄門暗君説みたいなものだ。
水戸黄門の物語を知っている人に対して、先入観を覆すための説として意味はあっても、先入観がない人に対しては意味がなかったりする。
リチャード王に対して英雄としてのイメージがなかった私は、否定的見解をそのまま受け取っていたのだが、それは間違った理解なのかもしれない。

本の中でもp250にランシマンという歴史家がリチャード王を否定的に評価しているのを紹介している部分がある。
その評価は、息子としても、夫としても、王としても最悪だったが、兵士としては勇敢で見事な戦士というものだ。
こういう否定的評価を私はそのまま受け取っていた。

歴史を知る上でもっとも重要なことは、その時代の気持ちを感じ取ることだと思う。
後知恵で歴史を見るとバカばっかりに見える。
全然未来を見る目がない人間ばかりなのだ。
けれども実際その時現場に居合わせたのならば、人はあまり賢く行動できない。
そして賢く行動したいと思っていないのかもしれない。
自分の情熱で望むべき未来を切り開こうと思っている人間がほとんどだろう。
そういう人間が失敗すると愚か者に見えるだけだ。
けれどもその情熱がどこから来たのかを理解することが歴史を知る最大の楽しみだと思う。

リチャード獅子心王は魅力的な人物であり、その時代の人々の心に訴えかける力を持っていた。
それを知っただけでも、この本には十分価値があった。

関連記事
「十字軍物語1」・「十字軍物語2」感想
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続:GPS将棋をプロ棋士が分析する

2012.06.21 Thu

20:41:54

昨日の番組を全部見たので、感想を書く。

GPS将棋のログを見た上での意見が聞きたかった。
GPS将棋のサイトのコンピュータ将棋選手権の棋譜の部分にGPS将棋の評価値と読み筋が載っている。
そのログを読んだ上でのプロ棋士の意見があれば、より深みが増したと思う。
たとえば、第2局目習甦との対戦の後半84香と指した場面で、GPS将棋は飛車が逃げると読んでいた。
それで互角に近いと。
習甦は逃げなかったのだが、プロ棋士の意見も逃げるで、形勢としてはむしろ習甦逆転したのではないかという感想だった。
そこで読みに対する意見を聞きたかった。
この将棋は序盤のわけのわからなさが面白いだが、GPS将棋と習甦は互いにほぼ互角と見ていた。
人間は感覚で判断しているのだが、その判断が本当に正しいのか。
駒をかなり交換しているので、もう感覚より読みが優先している局面だろう。
そうすると人間の感覚よりコンピュータの読みの方が優っているようにも思う。

今回の放送でGPS将棋の決勝戦の対局全て見たのだが、下位4つのソフトと上位4つのソフトの間の力の差を感じた。
習甦の対戦は最後にGPS将棋が終盤力を発揮して、スパッと切り捨てているが、その他の3つのソフトは段々と形勢に差がつき、大差で終わってしまっている。
一手違いにもできなかったのは、やはり力の差だろう。
もっとも上位3つのソフトの対局も完勝に近いと言えば近い。
コンピュータソフトは詰むや詰まざるやになりにくいのかもしれない。
一手違いでも詰む方はどうしても避けてしまう。
そうすると局面としては大差になってしまうのか。
あまり根拠はなくなってしまったが、それでもなんとなく力の差を感じる。

全般的な検討ではコンピュータ将棋の序盤の違和感を語っている感じがした。
コンピュータ将棋びいきからすると、コンピュータの序盤の違和感は時間の少なさが原因だと思う。
深く読む時間がないために、どうしても浅い読みになる。
人間は序盤読みではなく感覚で指しているのであまり時間は必要ないが、コンピュータは読みだけで指しているので、時間の少なさが手の悪さに直結するのだろう。
しかし、人間との対局では時間が大幅に与えられるだろうから、それほどおかしな手は指さなくなる。
実際米長ボンクラーズ戦では、完全に定跡から外れたにもかかわらず悪手を指さなかった。
時間さえ与えられれば、序盤の問題をコンピュータは克服できると思う。

番組全体では、不手際もあったが非常に面白かった。
もっとも私の興味の焦点はコンピュータ将棋なので、コンピュータ将棋の検討をお願いしたい。
実際コンピュータ将棋には、一見悪そうなのだが結構難しい局面も多いので、そういう将棋の検討がうれしい。
とりあえずGPS将棋の残りの3局を待っている。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

GPS将棋をプロ棋士が分析する

2012.06.20 Wed

20:57:10

記事を書こうと思っている途中で、いきなり面白い番組を見つけてしまったのでリンクだけしておく。

野月七段らによる生放送配信スタート

この前のコンピュータ将棋選手権を分析している。
GPS将棋の全ての対局を分析しようとして途中で終わっているみたいだ。
全部見れていないのだけれど、面白い。
後できちんと見ようと思う。

その中のコンピュータ将棋の分析部分で私の意見を書いておく。

コンピュータ将棋は飛車先の歩の交換を簡単に許す特徴がある。
飛車先の歩の交換の得をコンピュータは簡単に理解できないのだ。
コンピュータの評価関数は終盤のギリギリの局面でもっとも最適化されていなければならない。
結局そこが一番大事だからだ。
コンピュータは局面を深く読むことによって、強くなってきた。
けれども序盤ではいくら深く読もうとしても限界がある。
たとえば飛車先の歩の交換の得が30手先に評価関数の上ではっきり現れるとしても、20手先までしか読めなかったならばその得がよくわからない。
人間は飛車先の歩の交換の得を、先の局面がどうなるかわからなくても感覚的に理解できる。
そういうショートカットがコンピュータには苦手なのだ。

序盤向けの評価関数を整備する考え方もあるのだろうけれど、それをどう整備するかが難しい。
飛車先の歩の交換が悪いと簡単に教えたら、他の部分と不整合を起こしそうだ。
そうするとコンピュータにとって一番簡単に飛車先の歩の交換が悪いことを理解する方法は、読みをより深くすることだ。
マシンの性能が進歩すれば自然に達成できるので、プログラマーはそれほど問題視していないと思う。

コンピュータ将棋が人間と戦う場合、強化の最大のポイントはまず入玉模様の将棋だろう。
次に定跡をそのまま追随していたら、詰みまで整備されていてそのまま負けてしまうような将棋だ。
飛車先の歩の交換は致命傷にならずに、定跡から抜けられる点でむしろコンピュータとしては歓迎ではないだろうか。
今回のコンピュータ将棋選手権でfloodgate最強のponanzaが右玉模様の将棋に走ったのは、基本的に力将棋に持ち込みたかったからで、それは人間に対しても適用できる気がする。
人間としては飛車先の歩の交換から、最後の詰みまで研究しておけばいいのだろうけれど、それは難しい。

故大山名人は悪いという結論が出ている定跡をあえて指したという。
少しぐらい悪くても相手が研究していない局面に誘導した方が力の差が出やすいと見たのだろう。
コンピュータもそういう考えにいたりつつある。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

再び大恐慌はありうるか? - ギリシャ危機の本質(その4)

2012.06.19 Tue

21:07:33

スペインの国債利回りが上がり続けている。
スペインのEUに対する援助要請も時間の問題だろう。
このまま世界は再び大恐慌に突入してしまうのだろうか。

リーマンショックによって世界経済は一つの限界に達し、資産価格の下落を止められなくなった。
発端はアメリカのサブプライムローンだったが、成長の限界を意識することによって、将来の期待が剥げ落ち、資産価格は暴落していった。
いったんは各国政府の財政支出の拡大によって、経済活動の崩壊は妨げられたが、経常収支の赤字国では長期間持たない。
その結果弱い部分である、アイルランド、ギリシャ、ポルトガル等が破綻し、今スペインにたどりついている。
このまま世界恐慌が再来するのだろうか。

大恐慌が世界全体に波及していった理由を考えると、世界全体の需要が急落することによって、供給が大幅に余剰になったのに、ついにそれをカバーする国が生まれなかったのが最大の原因だ。
世界全体で不足した需要をカバーできる国はたぶんアメリカ以外いなかったにもかかわらず、アメリカは資本の供給をやめ、保護貿易に走り、世界の経済活動のシステムを致命的に破壊した。
それがどうしようもなく弱小国を追い詰めていった。
もっともアメリカが救済に走るというのは、アメリカ政府が借金をして弱小国の商品を買い取ることを意味する。
国内の労働者の救済のことを考えるとそれは容易なことではなかったのは確かだ。

現在世界経済は同じように世界恐慌のがけっぷちに立たされている。
需要の剥落分を政府支出によってカバーできなければ、ある意味世界恐慌は必死だ。
それだけの支出ができる国はアメリカ、ドイツ、中国、日本の四カ国しかないが、ドイツ、中国、日本が財政支出を拡大するのは難しい。
消失した需要を補うことはできても、それ以上に需要を作り出そうとするのは、困難を極める。
借金の拡大に本能的に恐怖心を抱いてしまうからだ。
そうすると、一番大事なのは世界に需要を提供してきたアメリカがその需要を維持し続けることだ。

アメリカはリーマンショック後の混乱によって大幅な経済活動の後退を起こしたが、財政支出の拡大、金利の引き下げによって、経済は立て直されている。
その結果GDPは成長し、急減していた経常収支の赤字もだいぶ戻してきている。
アメリカはこのまま前の状態に復帰して、世界経済を支えていけるのだろうか。

しかし、それは簡単ではない。
まず金利の引き下げによる経済成長促進の効果は既につきている。
借金を低金利のものに振り替えた企業の利益増大はもう期待できない。
金利低下での投資の拡大も、投資先がなくなりつつある。
ドル圏は世界全体を覆っているので、世界が成長していれば投資先はある。
ドルにヘッジしている国には、低金利でドルを調達して、そこに投資すればそれだけで儲かる。
実際アメリカが低金利政策を開始したときは、世界に資金が投資され、ドル安になることも含めて、アメリカは利益を上げることができた。
けれども世界はアメリカの資金を受け入れることができなくなりつつある。
大量に投下されたドル資金は資産価格を上昇させ一時の好況を招いたが、たちまちのうちに限界に陥った。
アメリカの持つドル資金は大きく、世界の受け入れる能力に限度があるのだ。
ユーロ圏の危機や中国のバブル崩壊も含めて、今やアメリカに資金が戻りつつある。
それはドル高を意味して、海外への投資もままならない状況だ。

そこでアメリカ経済を支えるのは財政支出となる。
しかしこれも難しい問題を抱えようとしている。
通貨がドル高に向かいつつあることで、財政支出の拡大自体に困難はない。
デフレ、低金利はアメリカ政府に国債を自由に発行できる力を与えている。
でも世界が不景気に陥り、ドル高の状況で政府支出を維持することは、アメリカの輸入金額を拡大させる。
なんとしてでもアメリカ市場を確保しようと、世界各国はアメリカに輸出攻勢をかけるだろうし、不況やドル高は各国の輸出競争力を拡大させる。
そうなると、アメリカは輸入がどんどん増えるのに、輸出は増えない。
雇用は全然拡大しなくなる。
今でも失業率は8%を超えているのに、減るどころか、逆に拡大する危険性がある。
財政赤字は増えているのに、失業率は下がらない。
これはつらい。

保護貿易主義の誘惑は強まっていく。
保守派にとって、財政赤字を維持し続けることは、アメリカの犠牲によって世界を支える行為と移ることだろう。
いや実際そうなのだ。
将来ドルが逆流したときのことを考えると、財政赤字を維持し続けることはアメリカにとって自傷行為に近い。

結局アメリカの行動が大恐慌になるかどうかを決める気がする。
保護貿易に走れば大恐慌だ。
保護貿易はせず、財政赤字の縮小も急がなければ、世界の経済活動は維持できると思う。
私の予想はこれなのだが、本当にどうなるかは難しい。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スペインの国債利回りが下がらない - ギリシャ危機の本質(その3)

2012.06.18 Mon

20:39:37

ギリシャの選挙では新民主主義党が勝った。
連立を組んで緊縮政策を続けることになるだろう。
とりあえず一安心である。
しかしスペイン10年物の国債利回りは7.14%をつけ、ユーロ導入後の最高を更新した。
危機は依然として去っていない。
これは今までも述べてきているように、資産価格崩壊によって債務の返済ができなくなっている現象に他ならない。
だから資産価格が底を打って、その価格の元で市場が均衡しなければ経済の健全な成長は期待できない。

スペインの住宅市場がバブルであり、ユーロ導入後とてつもなく上昇したのは周知の事実であったが、リーマンショック後も意外と下がっていなかった。
私には、住宅市場価格の下落、不良債権の増加、金融危機という日本のバブル崩壊と同じことが予想されたが、スペインの銀行の資金繰りはそれほど悪化することもなく、平穏な状態を保っていた。
けれども実際は、不良債権の増加を抑えるために、銀行が必死になって住宅市場価格の下落を抑えていたことが本当なのだろう。
スペインの住宅価格下落に拍車がかかっている背景を見ると、ついに住宅価格の下落に拍車がかかったようだ。
キャッシュフローがついにもたなくなったのだろう。
それと同時にこの住宅価格に基づいた経済活動の再構築が必要になってくる。

スペインの名目GDPは2008年のリーマンショックの時が最高で1兆877億ユーロだが、2011年も推定値1兆733億ユーロでたいして落ちていない。
経常収支の赤字はGDP比10%から3.7%と大幅に低下しているが、まだ大きい。
スペインの資産が大幅に減少した以上、過大な負債を持ち続けることはできない。
負債を返却できるよう、借金を返し始めなければならない。
そのためには経常収支の黒字が必要だが、輸出企業の採算が合うように大幅に賃金を低下させなければならず、最終的にGDPの大幅な減少をまねくことだろう。
アジア通貨危機のようなクライマックスが近づきつつある。

イタリアの国債利回りもスペインにつられて上昇しつつある。
イタリアはスペインに比べてたいしたバブルもなかったが、経常収支はGDP比3.2%の赤字なので、ユーロ圏自体が収縮している以上、それに引っ張られている。
現在の財政がプラマイ0に近くとも、経済全体が悪化すれば財政は急激に悪化する。
それを市場は注視しているのだろう。

スペイン、イタリアも含めて世界全体で危機を押さえ込むように努力は続く。
アジア通貨危機でIMFが主導してタイ・インドネシア・韓国等を立て直したように、EUだけでは資金が足りなくとも、世界全体で面倒を見ればなんとかなる。
財政収支、経常収支を強引に黒字化さえすれば、手当てする資金は見せ金に過ぎない。
それだったらどうにでもなる。
ギリシャの全然黒字化する未来が見えていない状況とは違う。

金利7%と言うのは、アイルランド、ギリシャ、ポルトガルがEUに対して援助を求めざるを得なくなった金利だ。
スペインもお手上げになるのは見えている。
年内に正式な援助要請が来るのは確実だ。
イタリアがその状況に追随するかどうかは、また先の話になるだろう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

地域通貨に未来はあるか - ギリシャのユーロ圏離脱は不可能だ(その14)

2012.06.16 Sat

20:38:26

明日6月17日日曜日、ギリシャで再度総選挙が行われる。
世界中がユーロの行く末、ひいては世界経済の行く末がどうなるかを心配して待っている。
ギリシャの株式市場は値上がりしていて、新民主主義党が勝つ予測の現れらしい。
反緊縮政策を訴える急進左派連合が勝つとEUからの支援が停止して、デフォルトが必死となる。
それは連鎖的に他の国に波及して、世界を不況に叩き込むかもしれない。
そうでない世論調査が出たからこそ、株式市場が上がっているというわけだ。

そんな中でワールドビジネスサテライトでちょっと面白い特集があった。
ギリシャの地域通貨テムの紹介だ。

人とマネー ギリシャ離れ加速

引用開始

ユーロを一切使わず、物やサービスを「テム」でやりとりする取引形態
引用終了

ほんの少ししかなく番組を見ただけではわかりにくいのだが、下記の記事ではもう少しわかりやすいか。

危機下のギリシャの連帯経済−地域通貨とバーター取引

要はユーロが手に入りにくくなっているので、地域通貨を作ってそれを流通させようということだろう。
狭い限られた範囲だけで流通させることで、困っている人を互いに支えようとしているわけだ。
発想はわからないでもないが、地域通貨をユーロの替わりに使うことができるのだろうか。

地域通貨の第一の問題は通貨の価値を高く設定し過ぎることだろう。
番組の中では1ユーロ1テムであり、個人が発行できるものとして扱っていた。
そうすると、使う人は前の自分の賃金を基準にして、発行することだろう。
月給2000ユーロだったら、それぐらいは返せると思って発行するわけだ。
しかし地域通貨はそれではなかなかうまくいかない。

地域通貨は普通に取引していると地域の金がほとんど別の地域に吸い上げられて貧乏になってしまうので、強制的に自分の地域で資金を流通させようという発想だ。
実際にその地域内だけで経済活動ができるならば、地域通貨でも問題はない。
けれども、外との貿易がどうしても必要になってしまう。
そして通貨が出て行く。
それをなんとかするには外からの品物は高くして、内の品物は安くするしかない。
ユーロの価値は内も外も一定だから外からの品物を高くすることはできない。
そうすると内の品物をさらに安くするしかない。
それには賃金を下げる必要がある。
だから、地域通貨を発行する人は自分の賃金を基準にして考えると、とにかく自分の賃金を大幅に下げ収入が減ることを前提にしていくしかない。
それをしなければ結局は発行金額が大きくなりすぎて、最終的な帳尻が合わなくなり破綻してしまう。
アルゼンチンの地域通貨が一時は盛んだったのに破綻したのは、それが理由だろう。

第二の問題は不況だ。
不況というのは景気が悪いことであり、投資してもなかなか稼げなくなるということだ。
通貨の発行は本質的に通貨を受け取った人が発行者に対して金を貸したのと同じだ。
だから通貨の発行者には高い信用がいる。
不況だと新規の発行者に対する信用は低くなるので、受け取る人はなかなか増えていかない。
どうしても普及しづらくなる。
これらの問題を考えると結局地域通貨は役に立たない。

地域通貨のようなイメージでドラクマを復活させる考えもうまくいかない。
ドラクマをどうしても復活させたいのならば、帳尻を合わせなくてはいけない。
政府の支出をドラクマで支払いたいのならば、税収をドラクマで受け取る必要がある。
出て行く金額と入ってくる金額が一致しなければうまく運営できないのだ。
年金と公務員の賃金の総額が税金による収入を下回らなければ、ドラクマは駄々漏れになり価値は下がり信用を得られなくなる。
でも収支が一致するということは結局財政赤字をなくすことだ。
つまり緊縮政策は必須となる。
そして出入りが合ってしまうならば、わざわざドラクマを復活させる必要はなくなる。
ユーロをそのまま使っても問題はない。

結局地域通貨というのは自分の給料が下がることを、なんとかごまかしたくてやっている話だ。
独自通貨を作ると、給料が下がっていることを意識しなくてすむ。
でも適正水準まで給料が下がることを受け入れなければ、経済はうまくいかない。
ユーロはギリシャ国民の意識に浸透している。
その価値は変わらないのだから、ユーロレベルでの賃金の下落を国民が認めなければいけない。
新民主主義党が選挙で勝つとしたら、それはギリシャ国民が自分たちの所得が減少しなければならないこと、減少するのを認めたことに他ならないだろう。
それは経済復活への第一歩だ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

羽生名人戦に敗れる

2012.06.15 Fri

20:45:37

羽生が名人戦で敗れた。
ファンとしては悲しい。

第6局目の2日目午前では、羽生が負けそうだという風評を聞いて見る気がなくなっていた。
けれども午後ニコニコで見てみると難しくなっている。
羽生の先手玉が詰みそうなのだが、はっきりした詰み筋が見えないと渡辺竜王が言っている。
詰み筋がなければ、むしろ先手有利ではないかと。
俄然観戦に気が入ってくる。
夕食休憩に入る。

羽生は夕食あけ竜王推奨の手を指さず、悪そうな手を指す。
その手を指すと何手か先に、渡辺竜王によると、後手には玉の尻から飛車を打つ、89飛というちょっとした手があって先手が負けるらしい。
どうも羽生はその手を見落とした気がする。
前の手での変化より先手は悪いみたいだけど、それでも難しくなる手を見逃して、一手ばったりの局面になってようやく気づいたみたいで89飛を回避する。
しかし既に時遅く、何手も立たずに投了する。

羽生の終盤力が衰えた。
最近そういう話を聞くのだが、もう何十年もファンであった身としてはさびしい。
年を取るとはこういうことなんだろう。
段々と見落としが多くなっていくのだ。

羽生の将棋はなんというか妙手体質で一発逆転を狙っている将棋だ。
一見すると悪いのだが、他の人には全然見えてないような妙手を指して勝つ。
だから幅広く局面を読み、普通の人だと悪いと判断して読むような局面もさらに掘り下げていく。
そして妙手を発見するとそこを読みの基盤として、作戦をくみ上げていく。
全盛時代そういう将棋でどんな形でも勝っていた。

ただ年を取ってポカも増えてきた。
形勢が良い局面では読み落としがあっても致命傷にはならないが、悪い局面では即致命傷になってしまう。
羽生が二日制の将棋であまり勝てない感じがするのは、あまりにも読みすぎて悪そうな局面に心魅かれてしまうからだ。
一日制や早指しの将棋では、あまり形勢の悪い局面を読む暇がない。
本筋だけ読んで指す。
それだから強い。

年を取ったのだから、もう少し読みを省略して戦う必要が出てきたのではないか。
常に相手の作戦範囲に飛び込んで戦うという横綱相撲も、もう限界ではないのか。
でも羽生が相手の作戦を外して戦うなんて、がっかりだ。

この名人戦の敗北でもう羽生は名人復位ができないような気がする。
なんというかファンとしては実にさびしい。
人間対コンピュータの戦いで最後の棋士として将棋を指し、他の人が負けたのに勝利する。
その人間最後のきらめきを期待していた。
でもそれはもうない。
最後の戦士は渡辺竜王に期待するしかないのか。
でも、渡辺竜王は竜王戦以外の棋戦で弱いから、なんか信用できない。

なんか、ただたださびしく思う。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る