異をとなえん |

カミオカンデの光電管 - 今日の株式市場(2009/09/17)

2009.09.18 Fri

04:05:38

日経平均株価 10,443.80 173.03 1.68%
TOPIX 939.52 8.09 0.87%
上海総合指数 3,060.26 60.55 2.02%
NYダウ平均 9,791.71 108.30 1.12%

日の国内市況:日経平均が3日続伸、債券は軟調続く−ドル全面安に

NYダウ平均に合わせて日経平均も上昇、
その後ほとんど動かなかったが上海総合指数に合わせて少し上乗せした。
つまり、海外任せの相場のままだ。
それ以外言うことがない。
もっとも海外任せの相場が続いているならば、
眼目であるアメリカ株式相場が高値を更新している今、
日本の株式相場も高値を更新していいはずだ。
そうなっていないのは、円高のせいだろう。
計算していないけど、ドル建てで計算すると日経平均も高値を更新している気がする。
計算して求めてもいいのだが、為替相場はどの時点を持って基準にするかが悩ましい。
株式の終値みたいなものがない。
それでも、なんとか記述していきたい。

ダウ平均は高値を更新し続けている。
なぜ上がるかと言えば、資金が潤沢に供給されているだけの理由しかない。
FRBの緩和政策の元、ドル建てLIBORは安くなり続けている。

参照:キャリートレード、主役がドルに変わる?

その安い資金を元に投資が行なわれ、株式、商品、他国通貨に資金が流れ込んでいく。
資金が流れこめば、その物件は高くなり、買い手は儲かる。
だから、更に買い進んでいく。
しかし、これは危険な道だ。
値が上がるから買うでは、いつかは限界が来る。
たぶん、どこかの相場で暴落が来る。
世界の全ての相場が関連しつつある以上、
その暴落が全てに波及してゆくのではないだろうか。

では、どこで暴落が来るか。
やはり原油ではないか。

参照:原油相場短観:やはり気になる投機規制の動き

原油相場は投機規制があるという観測から、あまり上がっていないが、
それでも他の相場に合わせて少しずつ上がる雰囲気がある。
原油相場が上昇を開始し、そこに投機規制がかけられれば、
一気に急落する危険性がある。
その破裂が、投機資金の手仕舞いを生み、他の相場に影響して一気に全面安がくる。
カミオカンデの光電管が一気に壊れたようなイメージだ。

どちらにしても、投機資金が他の相場に拡散しつつあるのは確実に見える。
それは間違いなく、全ての相場を上げていく。
そして、どこの相場が現実とぶつかって下落に転じたとしても、不思議ではない。
その影響は全世界に及ぶだろう。
上がるから買う、買うから上がるだけの相場では、それに抗する術を持たない。

もっともらしい理屈になってきた。
現在の私の第一仮説は、原油相場への投機規制とともに、
世界のリバウンド相場は終了するだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

民主党政権誕生

2009.09.17 Thu

10:43:14

民主党政権が誕生した。
不安な所もいろいろあるけれど、国民としてエールを送りたい。
政権が交代することによって、積年にわたって溜った膿を出すことができる。
それは絶対にいいことだ。
それは日本にとっての一歩前進になる。

私は鳩山政権の前途を全然楽観していない。
内部はバラバラと言われていたが、それを収束させようとする努力もなく、
閣僚の登用をしている。
閣僚が一家言を持っていれば、自分たちが独自に政策を推進していこうとするだろう。
それは、民主党政権の最大の目玉である国家戦略局との間で、
権限争いを起こしそうである。

小泉政権の時の経済財政諮問会議は、各省庁が強力な足場を持っている中で、
小泉首相がリーダーシップを持って改革するための司令塔として動作した。
各省庁に任命した大臣は自民党の議員が主流であり、
小泉首相の指導に単純には従がわない。
その尻をたたく機関として、経済財政諮問会議があった。

それに対して、鳩山政権は違う。
任命した各閣僚は、それ自体が省庁の改革にリーダーシップを発揮する要員となる。
あるいは、そうなるように任命できた。
それはつまり各省庁の改革は任命した大臣が実行すればよく、
国家戦略局のような機関を必要としないはずである。

各省庁はこれから予算案の練り直しをする。
各大臣は自分たちの理想に基いて新しい予算案を作ることだろう。
どこまで、大臣のリーダーシップを発揮できるかわからないが、
最終的には大臣の出した方針に基いて、予算案の交渉をし、確定させるだろう。
当然のことながら、大臣はその予算案を守ろうとする。
その時点で、国家戦略局が干渉してくれば、当然衝突するしかない。
国家戦略局が首相の黒子であって、
首相の最終的な判断・調整の時の補佐役ならば特に問題はないだろう。
しかし、仕組みとして国家戦略局が各省庁よりも上位にある機関として存在するならば、
まとまるものもまとまらなくなる。
深刻な内部分裂を引きおこしかねない。

それを収拾するのは鳩山首相の役割になるだろうが、
収拾しやすいように人事を練っているようには見えない。
連立与党、参院、党内各グループのバランスを取った人事は、悪いとはいえない。
無難であったと思う。
鳩山首相は自分からリーダーシップを取るより、こういうシステムの方が好みなのだろう。
けれども、それならば国家戦略局は余計だったと思う。
設置することが避けられなかったとしても、
面子を潰しても構わない自分の側近をあてるべきだった。
鳩山首相はそこらへんの所を何も考えていない。
うまくいくとは思えない。

それでも、私は民主党政権に楽観している。
公共工事を止めてくれればそれでいい。
止めるには、能力はいらない。
混乱は発生すれば、それだけでも工事は止まる。
もちろん、意味のある公共工事を止めてしまう可能性も大きい。
たとえば、外環道は私には必要な工事に思える。
その実行を止めてしまう可能性は大きいだろうけれど、
必要な工事ならば後で再開すればよい。
本当に必要な工事なら時間をおいても再開すれば良いだけだ。
不要な公共工事は違う。
不要な公共工事は、
必要性がないのに建設業などの雇用を守るためにあるような工事のことだ。
それらは、工事を中止すれば、他の仕事に移動していく。
新しい仕事を見つければ、公共工事を再開して欲しいという要望はなくなっていく。
逆に本当の意味で必要な工事ならば、
別の地域から作業する人を見つけて工事を再開すればいいだけだ。

鳩山政権については、不安な所がたくさんある。
けれども、どんなひどい間違いをしたって、復旧できないようなものはない。
敗戦後のひどい混乱からも日本は回復してきた。
そう思えば未来は明るい。
鳩山政権に期待したい。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

日本の株価は海外投資家の手中にある - 今日の株式市場(2009/09/16)

2009.09.17 Thu

10:41:25

日経平均株価 10,270.77 53.15 0.52%
TOPIX 931.43 -1.09 -0.12%
上海総合指数 2,999.71 -34.02 -1.12%
NYダウ平均 9,683.41 56.61 0.59%

日経平均は上がるが、TOPIXは下がる。
株価は下がるという昨日の予測は外れた。
TOPIXは下がっているけれど、大きく下げるという予測なのだから、完全に外れである。
日本内部の影響を過大評価しすぎた。
日本市場は現在外国人投資家の動向によって左右されているから、
外国人に理解できなければ相場は大きく動かない。
鳩山内閣の人事のヤバさは日本人にはわかっても、外国人にはわからない。
だから、鳩山内閣の人事動向は重要視されなかった。
日本市場の動向は海外の市場に影響されている。
アメリカ市場ではダウが11ヶ月ぶりに高値を更新したので、日本市場は上がった。
上海総合指数が下がったので、それに連られて日経平均も値を下げ、
結局少しだけの上昇に留まった。
こう考えるのが一番正しい説明のような気がする。

私は日本市場での日本独自の動向を持って株価を予測しがちなのだが、
それが予測を外す原因につながっている。
日本市場は海外の市場動向中心に動くことを気をつけながら、
株価予測しなくてはならない。

そういう意味で、やはり一番重要なのはアメリカ株式市場の行方である。
16日のアメリカの株式市場は上がっている。
ダウは今見た所、70ドル上昇だ。
つまり高値を更新してどんどん上げている事になる。

だが、悲観派の私には信じられない。
下記の記事は信用収縮が依然として続いていることを指し示している。

米国の信用、大恐慌並みのスピードで縮小中につき、二重底不況の懸念高まる

引用開始

コングドン氏は曰く、信用収縮の主な理由は銀行に対する自己資本比率改善圧力だった、とのこと。
引用終了

記事の中では、信用収縮の原因を、
規制による銀行への自己資本比率改善圧力に求めているが、私は違うと思う。
膨大な資産を失い、貸付先が破綻し続ける状況にある時、
銀行が考えることは危ない貸付先から融資を回収することに決まっている。
そして急な倒産にも巻き込まれないように、できるだけ自分の金を貯めこんでおくことだ。
規制による自己資本比率の改善圧力など、銀行のその努力を後押ししているにすぎない。

信用収縮が続けば、景気は悪くなっていく。
リーマンショック後の景気の悪化があまりにも急激だったので、
株価は過剰反応をして暴落をした。
暴落し過ぎの結果、株価は自然に回復してきている。
しかし、経済の大きな流れが下降トレンドのままでは、
株価は右下がりの直線に対して振動する曲線でしかない。
どこかで下降トレンドに向かうはずだ。

経済が下降トレンドかどうかは、住宅価格の動向だろう。
住宅価格が下がり続けている時に本格的な経済の回復があるとは思えない。
最近の住宅価格の底入れの兆しは、
あまりにもアメリカ政府の関与が強すぎて、偽りに見える。
アメリカ政府は各種の緊急措置を大体年内いっぱいに終了する予定みたいだ。
その終了が一つのきっかけになるのだろうか。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

鳩山内閣の人事 - 今日の株式市場(2009/09/15)

2009.09.16 Wed

03:20:39

日経平均株価 10,217.62 15.56 0.15%
TOPIX 932.52 -1.53 -0.16%
上海総合指数 3,033.73 6.99 0.23%
NYダウ平均 9,626.80 21.39 0.22%

今日の国内市況:TOPIXが小幅続落、債券軟調−ドルの上値重い

日経平均は上昇しているが、TOPIXは下げていて、小動きの相場。
しかし、どうにも動きようが取れない。
アメリカで株価が上がると、リスクが軽減されてドル安になり、
東京市場ではニューヨークに連られて上がろうとしても、
円高で頭が抑えられる。
逆に、アメリカで株価が下がると、リスクが高まってドル高になり、
東京市場ではニューヨークに連られて下がろうとしても、
円安で輸出関連株が見直される。
今日は後者の方で、狭いレンジに入るはずである。
もっとも、上がりはしないけれど、下がりもしない相場とも言える。

書くことがない。
頭も動かない。
先週は宣言したから、一日2本書けたんだな。
そこで、今週残り二日は2本ずつ書くと宣言する。
これで少しは力が入るだろうか。

余談になるが、鳩山内閣の人事が少しずつ決まりつつある。
亀井静香郵政担当相、千葉景子法相と、その分野に精通した、
一家言を持った人物を当てる方針のようである。
もっとも一家言を持つというのは、
現状を一気に打破する傾向が強い人物ということだ。
鳩山氏自身の温暖化ガス25%削減発言を考えれば、
いきなり全面的な改革が始まる可能性が強い。
ある意味予定通りかもしれないが、次の二つの点で危険な感じがする。
一つは、民主党の勝利が自民党のあいそづかしの面が強かったのに、
政策の全面変更に走れば反発も強い。
もう一つは、改革が全面的に走れば、全体的な調整が必要になる。
それに鳩山首相は対応できるのか。
鳩山政権は長くないという気持ちがさらに強くなった。

相場的には、この面子で野放図に改革に突っ走れば混乱は必至だろう。
長期はともかく、短期はぐちゃぐちゃである。
鳩山内閣がどのような人事をするかは読めていなかったと思うので、
相場にはサプライズのはずだ。
明日はかなりの下げと予測した。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ヘッジファンド復活 - 今日の株式市場(2009/09/14)

2009.09.15 Tue

04:19:43

日経平均株価 10,202.06 -242.27 -2.32%
TOPIX 934.05 -16.36 -1.72%
上海総合指数 3,026.74 36.95 1.24%
NYダウ平均 9,605.41 -22.07 -0.23%

今日の国内市況:株が大幅続落、債券堅調−ドル反発、下落ピッチ警戒

日経平均は続落。
先週一週間かけて上げた分を吐き出した感じか。
10600円ぐらいから、10100円ぐらいでボックス相場を続けている。

今日は、円高が日本の輸出関連株を中心に下落を誘ったというのが、一般的な見解らしい。
ただ、どうも信じられない。
本質的な流れは別にある気がしてならない。
売買代金が低いままだし、動きは止まっている。
完全に凪に入っているとしか言いようがない。

土曜日のNHKでやっていた「金融危機1年世界はどう変わったか」を見ると、
ヘッジファンドは元気を取り戻しつつあるようだ。
死亡債なんて面白かった。
死亡債は死亡時に受け取る保険金で償還する債券になる。
死亡率は大数的には定まりそうだから、手堅い証券に見える。
しかし、それならば、なぜ前にはなかったのが不思議になる。
答えは、保険金の受取り手が、今すぐ金が必要だということで、
権利を売り払っているからだ。
つまり、リーマンショック前は相続人の事を考えるゆとりがあったのが、
そのゆとりがなくなったことになる。
結局、リーマンショック前は証券化するほどの保険契約が集まらなかったのが、
リーマンショック後は集まるようになった。
でも保険金というのは、死亡した時に相続人が困るのを心配して入っているのだがら、
それを事前に現金化するのは、たこが自分の足を食べているに等しい感じを受ける。
ヘッジファンドが元気を取り戻しつつあると言っても、なんとも疑わしい。

番組を見たかぎりでは、世界経済の先行きに不安でいっぱいになってしまう。
それが演出意図であり、NHKに洗脳されているのだろうけど、
元々そういう意識を持っている人間には逆らいがたい。
日本の株式市場で戻りが遅いのは、そういう意識を持っている人が多すぎるのだろう。

ヘッジファンドの代表者が、
経済の実体が株価に反映されていないなどいうような事を言っていた。
もし、本当にそういう人ばかりだったら、株価はここまで戻していなかっただろう。
そう思わない人間がいたからこそ、ここまで上がったことになる。
そして、今の株価に対して早めに売っている人間が多いから、
市場はいつまでたっても下がらない状態になっている。
弱気派は早めに売っているので、現時点で売れる株を持っていない。
だから下がらない。

今の全体としての均衡状態を私はそのように理解している。
しかし、いつから均衡は破られるはずだ。
原油価格は最終的な門番となるだろうけれど、遅すぎる。
もっと早く動き出すはずだ。
それがなんなのか、見当もつかない。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

グダグダ日記 頭が疲れた編

2009.09.12 Sat

04:49:12

宣言通りに、月曜から木曜まで二つずつ記事を上げることができた。
意外と楽だった感じがする。
切羽詰って書くのでは二つの記事は書けない。
だから、早めに一つの記事だけは書いたのが効いた。
一つ記事を書くと、流れてもう一つの記事を書くことができる。
「今日の株式市場」の方は悩んでいるだけで、新しい発想がない分詰まらない。
それでは役に立たないけど、記録をつける意味もあるので、まあいいだろう。

しかし、今日はどうも気が乗らない。
こうやって日記でグダグダすることになってしまった。
人間のやる気とは、なんと不可思議なことか。
やはり頭が疲れたのだろうか。

グダグダ日記では一本分の記事を値打ちがあるがどうか疑問だが、
元々恥をかく気持ちで宣言したのだから、良しとしよう。
風邪もだいぶ良くなった。
まだ咳は出るが、それ以外は特に問題ないようだ。

そうじていい一週間だった気がする。

余談
銀魂の現在のエンディング曲、「ウォーアイニー」のタイトルの意味がわからなかった。
ハリーポッターのハーマイオニーと言葉が似ているので、それ関連かと思っていた。
最近中国語だと知って意表を突かれてしまった。
ウォーが私、アイが愛、ニーがあなただ。
日本語、英語、中国語のちゃんぽんというわけだ。
知らない言葉が歌にあるのは、新鮮だということがよくわかる。
別になんてことない話題だが、誰かに話したい感じなのだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

景気回復を止めるもの - 今日の株式市場(2009/09/11)

2009.09.12 Sat

04:48:04

日経平均株価 10,444.33 -69.34 -0.66%
TOPIX 950.41 -8.08 -0.84%
上海総合指数 2,989.79 64.91 2.22%
NYダウ平均 9,627.48 80.26 0.84%

日本株は円高警戒で輸出中心反落、SQ通過で先物買い一巡−鉄鋼も

日経平均は反落。
また、上げては下げての繰り返しに戻りつつある。
日本株が冴えないのに比べて、ダウと上海総合指数はずいぶん上がっている。
世界のレベルでは流れは上向きになりつつあるのだろうか。
その影響はそのうち日本にも来るはずだが、円高でその目算も狂うか。

しかし、なんとも理不尽な気がする。
前はアメリカの相場が上がると円安になっていたので、
輸出が二重の意味で伸びて株価が上がった。
今はアメリカの相場が上がっても円高になるので、
需要が増えても円高であまり儲からなくなってしまう。
いつまで経っても株価が上がらない、景気が悪い、そんな感じである。

ただ、気になるのはドルの全面安状態である。
ドル円相場は90円台に突入したし、他の主要通貨に対しても安い。
私は前にドル高を予想していた。
この理由は、次の二つだった。
1.不況で消費が減り、輸入が減る。
2.不況でドル建ての借金の借り換えができなくなり、ドルをかき集める必要が生まれる。
この二つの理由は、根源である不況が終われば、
逆の意味でドル安を引こ起こすはずだ。
株価が上がっている、景気が良くなっているから、
ドル安になるのは、そういう意味で正しい。

しかし、前のリーマンショックの状態に戻りつつあるとも言える。
財政政策によって需要を作りだし、世界経済は回復しつつある。
けれども、ドルが安くなり、つまりドルの価値が減ることと、景気の回復は、
原油市場の高騰を招く。
リーマンショックはある意味、第三次石油危機だった。
原油価格のあまりの高騰に経済が耐え切れなくなった。

今回の株価の戻りには懐疑的なのだが、
何が理由で下げるかはよくわからなかった。
原油価格の上昇は、その下げる理由になる。
どのくらいまで、原油価格が上昇するかはわからないが、
直感的に100ドル以上は無理ではないだろうか。
実際には、もっと早くで景気腰折れしそうである。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る