異をとなえん |

帝国モデル - 理想国家としての日本(その4)

2008.10.22 Wed

04:32:03

理想国家としての日本
で考えたように、
日本を標準的な発展モデルとすると、
西ヨーロッパ以外の世界は大きく異っている。
日本と西ヨーロッパ以外の地域は帝国による興亡の歴史だといっていい。
この歴史の推移するメカニズムを帝国モデルとする。
日本と西ヨーロッパは標準モデルとしておこう。

帝国モデルは中国が一番いい例だ。
幾つもの王朝が生まれては滅んだ。
分裂と統一が繰り返された。
しかも、人口はあまり変わっていない。
漢王朝の時代に既に5千万の人口となり、
清の時代まで戦乱によって上下動をしながら、1億人を越すことはなかった。
大停滞を続けたといっていいだろう。
これが帝国モデルだ。

帝国モデルでは、支配が緩み各地域が自立すると、外敵が侵攻してくる。
理論的には外敵のタイプはいろいろ考えられるが、
ユーラシア地域の歴史をたどれば、この場合の外敵は遊牧民族と言っていい。
帝国は既に堕落しているので戦闘力がない。
敗北した結果、新しい帝国が生まれる。
その戦争によって、人口が大幅に減少し、生産性は下がる。
搾取も強化され、また最初に戻ってしまうことになる。

遊牧民族が農耕民族を支配している帝国もありえる。
その場合は、堕落した帝国は追い出され、農耕民族による帝国が復活する。

古代ローマ帝国も帝国モデルだ。
しかし、その後西ヨーロッパは帝国モデルから脱却し、標準モデルに変化していく。
帝国モデルと標準モデルを分けたのは、外部から侵攻しやすいかどうかだった。
西ヨーロッパは西ローマ帝国が滅んだ後、
フランク帝国や神聖ローマ帝国のようなある程度のまとまりはできるが、
総じて分裂を続けていく。
中国でもある程度の分裂をしたが、結局は統一に向かう。
西ヨーロッパが統一に向かわないのは、
各地域が地理によって小さく分かれているので、
防御しやすく侵攻に抵抗できるためだろう。

歴史的に見れば、モンゴル帝国の最大支配領域が遊牧民族による征服の可能な領域であり、
帝国モデルとしての発展というか、停滞が運命づけられた領域となる。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

なぜローマ帝国は滅んだのか - 理想国家としての日本(その3)

2008.10.21 Tue

04:38:43

ローマ帝国が滅んだ理由は昔から論議されている。
キリスト教が原因とかいろいろあるが、
日本を理想国家モデルと考える理論
を使えば、答えは簡単である。
理由はゲルマン民族が侵攻してきたからだ。
日本も平安時代以後、朝廷は弱体化し、戦国時代にはほぼ分裂状態になった。
外敵が侵攻してくれば滅んでいたかもしれない。
けれども日本という国は滅びなかった。
なぜが、日本に侵攻してくる国がなかったからだ。
ローマ帝国も同じ事だ。
国というのは、外敵がいなければ、なかなか倒れない。
そういうものだと思う。

しかし、ローマ帝国に外敵が存在しなくなった事など、一度もない。
それなのに、なぜあの時外敵に抗する事ができないほど弱ったのか。
その理由も簡単だ。
帝国は滅ぶものだからだ。
古今東西あらゆる帝国は滅んできた。
モンゴル帝国、その後継者であるオスマントルコ帝国、ロシア帝国、ムガール帝国、
明、清など挙げていけばきりがない。
滅ぶ理由は、帝国が無理なシステムだからだ。

帝国というシステムは搾取が基本である。
中枢が各地域から富を簒奪し、繁栄を極める。
簒奪できるのは武力によってであり、武力によって各地を征服したから、
富が集められる。
武力によって被征服民を脅しながら、富を集めるのは極めて困難な事だ。
最初は簡単だ。
強引に侵攻して、金銀財宝を出さないと殺すと言えばいい。
しかし、二度目からは困難が増していく。
取られる事がわかって、働く者はいない。
収穫物の分配方法で、ある程度の合意が得られなければ生産が滞ってしまう。
支配者と被支配者の間で契約が結ばれていく。
両者の間にある程度の感情の共有が行なわれ、
暴力に訴える事がやりにくくなる。
それらによって、各地域は独立の度合いを高めていく。

また、支配者たちは堕落する。
支配者たちは繁栄する事によって、命を賭ける事が難しくなる。
少し税金を増やして反乱が起きてしまえば、鎮圧するのが大変だ。
ちょっとの金のために命を賭けるのは馬鹿らしい。
外敵に対する戦いだって、自分たちで戦いたくない。
被支配者から徴用して、なんとかごまかそうとする。
でも、そんな軍隊が強いわけがない。

そんなこんなで、
帝国は武力によって征服した地を抑える事ができなくなってしまう。
逆に言えば、その時点で、帝国は帝国でなくなるのだ。

ローマ帝国もローマ市民権を得た者たちによる帝国の支配が、
ローマ市民権を持つ者たちが大幅に増え、
全ての属州民にローマ市民権を与えた時点で終わる。
ある意味帝国と呼べなくなったのだ。
その結果、地域ごとに生産分配が行なわれ、各地域は自立を深めていく。
各地域は自立、分裂するのだから、統一的な軍事行動が取れない。
外敵に極めてもろくなるので、ゲルマン民族の侵攻で滅んでしまう。

ゲルマン民族の侵攻がなければ、各地域が自立を深めた後、
日本みたいに分裂・統一の流れができたかもしれない。
そしてローマ皇帝が存在し続ける事も。
まあ、そんな事は夢物語だ。
結局、外敵が存在したからローマ帝国は滅んだという結論になる。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ブログの方向性を模索する事

2008.10.20 Mon

05:00:38

昨日も書けなかったが、どうも気力が落ちている。
なんとなく気怠い。
やる気がおきない。
こんな時はとにかく書くしかない。
書いている内に、ハイになってくる。
今はまだ気分が覚めているので、
こんな事を書いて何になるのかという気分だ。

単なる気分の瞑想を書いた所で、誰も喜ぶわけがない。
それでも書いているのは、
書く習慣を切ってしまうと続かなくなるからだ。
それは困る。
こんな事ばかり書いている気がする。
前回は9/7に書いた記事
がそうだった。

しかし、行きあたりばったりに書いているから、何も進まない。

そもそも、このブログを読んでいる人は何の記事を読みたいのだろうか。
内容がとっちらかってるから、見当もつかない。
それがアクセス数の増えない原因か。
何か焦点を絞った方がいいのかもしれない。

経済関係は、興味があるけれど、書いている事は独創性が少い気がして、
読む人の役に立たない気がする。
具体論ではないから説得力もない。

国家論は、自分ではオリジナルな部分が多いと考えている。
具体性はないけれど、元々はっきりしない部分なので、
それはいい事にしよう。

けれども、焦点を絞ってしまうと更に書きづらくなる気もする。
いや逆か、何を書くかきまっている方が書きやすいかもしれない。
なんか、そんな気がしてきた。
国家論関係で書く事はそんなに多くない気もするけれど、
全部書ききってしまえば、それはそれでいい。
その時点で新しい事を考える。

気持ちがまとまった。
明日から書く事を箇条書きにして、それに専念してみよう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「金融史がわかれば世界がわかる」感想

2008.10.17 Fri

20:42:56

倉都康行著『金融史がわかれば世界がわかる 「金融力」とは何か』を読む。
ちくま新書の金融史の本。

目次は以下の通り。

第1章 英国金融の興亡 地金からポンドへ
1 ポンドと銀貨の長い歴史
2 ポンドがめぐり英国経済はまわる
3 金が主役の時代へ
4 基軸通貨ポンドの誕生
5 英国金融の始祖「マーチャントバンク」

第2章 米国の金融覇権 ポンドからドルへ
1 英国はなぜ動脈硬化に陥ったのか
2 新興国アメリカの挑戦
3 世界を動かすウォール街の金融資本
4 遅れてきたFRB
5 ドル覇権の完成

第3章 為替変動システムの選択 金とは何だったのか
1 ブレトンウッズ体制の時代へ
2 変動相場制の幕開け
3 金本位制の終焉は何を意味するのか
4 変動相場制とドル不安
5 為替をめぐる欧州と米国のかけひき

第4章 金融技術は何をもたらしたか 進化する資本市場
1 先物取引の誕生
2 金融技術はどう利用されたか
3 膨張するマネーと米国金融の底力
4 市場リスクを管理するシステム
5 投資家は天使か悪魔か

第5章 二極化する国際金融 ドルvsユーロの構図
1 ユーロの驚くべき金融力
2 米国の金融覇権を支えるFRB議長
3 グローバル・バンクの再編劇
4 人民元がいよいよ表舞台に
5 日本の金融は生き残れるか

GDPの大きさが重要な経済力と違い、金融力と言うわかりにくい力があり、
その力によって経済の流れを説明しようとしている。
概略をさっと見るには、よくできた本なのだが、本質的な点に迫っていない。

たとえば、「規制による業務の分断や資源配分の非効率」(P228)が、
日本の金融力をそいでいるという批判がある。
一見もっともらしいのだが、具体的な事例がないとよくわからない。
日本国民が、資産のほとんどを貯蓄に回していて投資していない事を、
指しているのかもしれない。
しかし、現在の状況を見るかぎり、
日本国民が一番運用をうまくしているようにも見える。

作者が具体的に考えている事がわかっていないので、
的外れな批判かも知れないが、そういう部分の説明がないので、
言葉を上滑りしている。
最後のまとめみたいな文章にそう批判しても、作者には迷惑かも
知れないが。

突っ込みが欠けているのは、本全体にある。
「金融技術の発展は、金融システムの安定化に大きく貢献している」(P176)
と評価しているが、現在の金融危機の状況からみると、
リスクをごまかしただけだろう。
金融危機が発生する前の本への後知恵の批判だが、
要は本質的な事を十分考えていない、教科書的な本だ。

考えさせられた事もあった。
戦後のイギリスの停滞は日本の現在の停滞と比べられるものかもしれない。
表面的にはある意味似ているようにも見える。
では、何が違うのか、私にはよくわかっていない。
しかし、考える価値はあるような気がする。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「疾駆する草原の征服者」感想

2008.10.17 Fri

03:12:10

杉山正明著「疾駆する草原の征服者 遼 西夏 金 元 中国の歴史 (08)」を読む。
講談社版中国の歴史8巻目で、
タイトル通り遼、西夏、金、元という北アジア史を語っている。

目次は以下の通り。

はじめに 世界史のなかの中国史
第一章 巨大な変容への序奏
第二章 キタイ帝国への道
第三章 南北共存の時代へ
第四章 失われたキタイ帝国を訪ねて-歴史と現在を眺める
第五章 アジア東方のマルティ・ステイト・システム
第六章 ユーラシアの超域帝国モンゴルのもとで
おわりに グローバル化時代への扉

超野心的な作品ながら、結果としては失敗している。
漢民族が野蛮とする事で、過小評価されている北アジアの遊牧民族の歴史を、
唐末からモンゴルの終わりまで描こうとするが、ページ数も足りなすぎるし、
練りも足りない。

たぶん、作者は北アジアで始めて歴史に登場した匈奴から、
現在のモンゴルまでを射程に入れた北アジア史を考えている。
その中で、唐末から始まる、遊牧民族が完全に中国に取り込まれていく過程に
焦点をあてta.。
ただ、ここでの中国は今までの中国ではなくて、
むしろ遊牧民族によって征服された結果新しく生まれた中国なのだ。
遊牧民族と漢民族が一緒になって生まれた新しい国だ。

ただ、はっきり言ってページ数が足りない。
たぶん、時間も足りなかったのだろう。
遼=契丹=キタイを、作者はモンゴルの原型国家として高く評価している。
その最初をきちんと描こうとして、唐末から始まる興亡をかなり詳細に描いているが、
初めてその歴史を知る者には、わかりにくくしてしょうがない。
五代十国を聞かれて、その国名がすらすら出てくる人間でないとお話にならない気がする。
巻末にある主要人物の略伝を読んで、まず流れを把握しないと本文に入れない。

そして、遼の歴史をかなり描いた後、このまま行くと到底予定枚数で終わらないと、
西夏、金の歴史をかなり省く。
西夏はもともとたいした資料がないから仕方がないが、
金の歴史はもう少し描けたのはないだろうか。
もっとも金の資料は漢文資料が中心だと言うことであまり書きたくなかったのかも知れない。

モンゴルの歴史は、流石に手慣れているだけあって、よくまとまっている。
ただ、中国史としてはどうなのだろうか。
漢民族の観点から見た歴史が抜けている。
漢民族という言葉のあいまいさは本の中でもいろいろ批判されているが、
要は南宋に住んでいた人間たちの観点だ。
その視点は今までさんざんあったからという理由だろうが、
中国史としてはやはり要るのではないか。

さらにページ数が足りないにも関わらず、いろいろと他の観点を詰め込みすぎている。
作者による北アジア取材旅行の話とか、いや面白いのだが概説史としてはどうよ、
現代中国批判とか、歴史における環境変化の影響の大きさの問題とかだ。
読んだ印象としてはバラバラなのだ。

杉山史観のファンとしては、いつか出るであろう北アジア史の下書きとして、
鑑賞するのが正しい立場だと思う。
実際刺激的で面白い事は面白い。
それにこの本を先に読んでおくと北方版水滸伝がより楽しめる気がする。
最初に読んだ時は、遼とか金の部分は流してしまった。
もう一度、北方版水滸伝を読み直したくなっている。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

日本の景気自立の転換点

2008.10.16 Thu

03:05:28

米国株は下落した。
ダウ工業株30種平均は76.62ドル(0.8%)安の9310.99ドルになった。

円は朝方から1円以上上げ1ドル101円台になった。

しかし、日本株は上げた。
日経平均は朝方は下げて始まったが切り返して、99円高の9947円で引けた。

日本の株式市場はアメリカの株式市場の結果を、
バブル以後そのまま反映していた。
日本の株式市場の取引の主体が、外国人投資家だった事の必然なのだろう。
それでも、いつか日本の景気自立の日が来る。

今回の金融危機でアメリカの景気は悪くなるが、
日本はそれほと悪くならないと信じている。
当っているかどうかわからない。
ただ、もしそうならばアメリカ市場が下げても、日本市場が上げる展開が
来るはずだ。

その場合、円安にふれているのではダメで、円高になっていなければならない。
円安で株価が上がるのは輸出企業の利益を期待しているからで、
日本全体の利益を考えるならば円高の方が望ましい。
円高で上がらなくては本物ではない。

今日ようやく、米国株安、円高で、日本株高になった。
今までも、そんな事はあった気がしたけど、
それは日本市場が開いている時間にグッドニュースが飛び込んだ時だった。
今日は特にいいニュースがあったわけでもない。
それでも、日本市場がプラスで引けたのは、いい兆しの気がする。

単なる気の迷いかも知れないが、
米国株安で、円高で、日本株が上がった時が、
転換点になるはずだと予想していたので、
報告してみた。
でも、全然信じられない。
今日はダウが大幅安で、これは日本市場に波及するだろう。
つくづく、私は口先だけだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

なぜバブルは起こるのか?

2008.10.15 Wed

03:53:04

バブルが起こる理由は極めて単純のように思える。
経済は成長する、成長しないと、二つの選択肢のあるバクチだ。
しかし、人間は経済が成長して欲しいと願っているから、
成長するに賭ける方が有利なのだ。
最初は何かはっきりしない。
こわごわと賭けている。
勝ったり、負けたりが続く。
しかし、政府、企業、社会は経済成長を望み、
人間はある意味賢いから、前の教訓を生かし、
段々成長するが常に勝つようになる。
成長しないに賭ける人間は常に負ける。
なにかがうま過ぎると思っても、
成長しないに賭ける人は段々少くなる。
成長するに賭けるに転向するか、賭け自体をやめてしまう。
反対に賭ける人がいなくなれば、鰻登りに上昇していく。
バブルはどんどん膨らみ続け、あまりに大きくなりすぎて破裂する。

なんというかイメージだけの話。
もう少し具体的かつ厳密にしたかったけど、難しい。
そこでアイディアだけ、書いてみた。
きちんとした理論がどっかにありそうだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る