異をとなえん |

なぜドル安が怖くないのか

2007.06.12 Tue

01:22:51

アメリカの経常収支の巨大さを考えると、ドルへの投資家は暴落が怖くないのだろか。これをどう考えているか、あるいはどう自分を納得させているのか、それが疑問だった。
前回の記事を書いたことでわかった気がする。
つまり、ドルが暴落したとしても、半分ぐらいにしかならないのだ。購買力平価から、そんなに乖離する事はできない。それ以上の下落は、たぶん資産があまりにも格安になるとかで買いが入ってしまう。ハイパーインフレさえ起こさなければ、ドル暴落のリスクは限定的なのだ。投資家はFRBに対してそれぐらい信用していると思う。

結局、中央銀行が通貨価値を維持する事ができるならば、購買力平価から実際のレートが大きく乖離する事はできない。ここで言う、購買力平価は実際の値ではなく理論値だが、ある程度の幅を持って予想すれば、実際のレートが取りうる範囲を予測できることになる。
本当にプラザ合意以来の、円安水準なのか(登録要)
の2ページ目のグラフによると、日本の実行為替レートは75から160ぐらいの範囲にある。
もちろん、インフレ率は違うから名目の為替レートはかなり違うが、実質の為替レートは最悪の条件でも半分より悪くならないと仮定してもいいように思う。つまり、最悪為替レートが半分になったとしても、実質金利差(インフレ率を考慮した金利差)がそれをカバーできるなら、採算は合う。最悪の条件だから、普通はもっといいレートを選べるだろう。

しかし、このグラフは面白い。実質実行為替レートが75ぐらいまでいった事もあると言う事は、現在が100だから、まだ円の価値が3/4下がる余地があるという事だろうか。現在1ドル120円、つまり1円は1/120ドルとなる。円の価値が3/4になるということは、1円が1/120ドルの3/4になるということで、結局1/160ドルになる。つまり、1ドル160円も絶対ないとは言えないのか。円安も、もう限界かと思ったが、必ずしもそうではないんだな。

今までは、ドルへの投資について考えたが、これは他の高金利国に対しても成り立つだろうか。たとえば、日本からニュージーランドへの投資を考える。購買力平価から為替レートが大きく動けないというのは変わらない。問題なのは、インフレが当初の予定する範囲におさまるかぐらいだろう。ニュージーランドの貿易収支がアメリカほど悪いとは聞かないから、返却できなくなる危険性はほとんどない。現在の金利差が7%強だから、長期投資を考えればほぼ確実に大丈夫なのかな。円高が怖くて外債投資をできなかったけれど、それなりの投資の根拠はあるということか。実際に投資する時はきちんと計算しなくてはいけないだろうけど、今回の結論に少し感心してしまった。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

アメリカ経済の未来について

2007.06.10 Sun

02:21:22

アメリカ経済の未来について、いろいろ考えている。特に貿易収支の大幅な赤字が、どのようにして解決されるかを。

為替相場は不可解なので、予測は難しいがドル高局面があれば、ドル安局面もあるはずである。そこで、ドル安局面に入ったと仮定しよう。もっとも、既に元と円以外はドル安局面と言えるのだが、最大の赤字を出している国、中国と日本に対しては、そう言えない。中国は現在の為替管理を簡単に変更するとは思えないので、結局、円高局面に入ったとする。どうなるだろうか。Jカーブ効果が働いて貿易赤字が拡大する。投資が相場が安定しないと言うことで、停止する。ドルの需要が減少する事で、更にドル安になる。この前の経験から行けば、ドルは半値にはなる。そこで、とりあえず止まるとする。

この場合、どんな力が働くか。まず、アメリカ内部で輸入インフレの兆候が強くなる。円高だけでそうなるかと言えば、他の通貨でもドル安傾向にあるので他の国に回せなくなる。中国で代替はできないか。中国がドル固定ならば、円高によって日本からの輸入部品の値が上るので、やはりある程度高くなる。結局、インフレ傾向が強まるので、FRBは引締め政策を取る。景気が悪くなる。どのくらい景気が悪くなるのか。貿易収支の赤字が無くなるほどに。GDPの6%ぐらい赤字だが、資産の切り売りもできるし、輸出も増えるだろうから、国内需要が6%も下がる事はないだろう。そこで、トントンになり相場が安定する。

相場が安定すれば、大幅に割安になっているので製造業が復活する。輸出が増える。輸入が減る。投資の妙味が出てきて、資本収支も黒字になる。円高局面が終わり、反転することになる。

以上のような予想が一番ありそうな所か。輸入インフレさえ起こさなければ問題はないように思う。どのくらい景気後退が必要かよくわからないが、それほどひどくならない可能性もある。

気になるのは、前回のドル安局面での輸出入の均衡は、冷戦の終わりと共にあったので、膨大な軍事費の削減が伴なっていた。軍事に使われていた生産分が輸出に回されたと理解していいのだろうか。そのような条件は今回はない。また、不均衡も前回よりずっと大きい。アメリカ経済が不況に耐えられるか。そこらへんが問題になりそうである。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

インドに宇宙開発で負けて何が問題か

2007.06.08 Fri

01:32:10

下記のページによるとインドにも日本は宇宙開発で遅れを取りつつあるらしい。

日本の宇宙開発はインドにも対抗し得ない〜JAXA・平岩主任研究員に聞く


しかし、それは問題だろうか。インドの宇宙開発が強化されつつあるのは、弾道ミサイルの開発のような軍事上の要請が大きいように見える。ミサイルの開発に焦点を絞っている事からもそれが邪推できる。あるいは、インドの技術のデモンストレーションかだ。日本は核戦争時の宇宙の軍事利用はアメリカに依存している。それで特に問題はない。よって、核を開発していない日本が、先端技術をアピールする必要のない日本が、インドのような宇宙開発に追随する必要性はない。日本は宇宙のビジネスを目指して、地道に開発していけばそれでいい。

では、何を目指すべきか。有人宇宙飛行という考えがある。しかし、それには反対だ。

「はやぶさ」の小惑星着陸には興奮した。月以外の天体への始めての着離陸の偉業だからだ。しかし、有人宇宙飛行にはその感激がない。アメリカ、ロシア、中国が達成した事業を後から実行してもつまらない。有人宇宙飛行ができれば、それをステップにして、夢のある計画が実行できなくてはいけない。その夢こそが大事であり、目標としての有人宇宙飛行では感動できない。

「はやぶさ」のような人類で始めての偉業を目指しつつ、基礎技術を地道に習得していって欲しい。宇宙開発は喫緊の課題ではない。月だって、火星だって、金星だってなくなるわけではない。日本の宇宙開発の予算はGNPに合わせて一定程度出ている。それをどのように分配するかは、宇宙開発を担当している科学者技術者の問題だ。予算額に合わせてベストのプロジェクトを組んで欲しい。

しかし、宇宙開発を名目にして、弾道ミサイルの開発などをすることはないが、偵察衛星の開発は意味がある。偵察衛星のような軍事的な開発と、焦点を絞った科学上の調査と、三菱重工に依頼した衛星の打ち上げ事業で日本の宇宙開発はなんとかなっていくのではないかと、思う。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

中国を封じ込めよ

2007.06.07 Thu

00:04:03

中国との関係が最近悪化している。
なぜなのか。
莫邦富氏は中国が経済的に台頭して、かってアジア一の大国だった日本を上回りつつあるからだと言う。「中国は大したことない」とか、「中国はいずれ崩壊する」といった意見はそれに目をつぶろうとした願望に過ぎない。中国にアジアで一番という地位を取られつつあるので、日本はそれに反発して関係が悪化しているのである。私もこの意見は正しいと思う。中国の弱点もいろいろあるだろうが、このまま行けば国内総生産などは確かに逆転されそうである。この予測を真正面から受け止めなければならない。いずれ崩壊するというのは、正しいかもしれないが、願望でもある。最悪の状態を想定して今後の政策を考えていく必要があるのだ。

国内総生産で負けるということは、戦争状態では日本は単独では中国に抗することができなくなっている事を示す。このような状況を考えた時、共産党が支配する国家である中国と今までの関係を続けていく事ができるだろうか。今までの親中的な政策は、中国が小さく、そして時が立つにつれて体制も日本に対する態度も変化して行く事が前提だったと思う。その前提は明らかに変わりつつある。日本に敵対的な軍事強国としての中国を前提としなくてはならない。その国に投資や技術の移転を図るのはおかしくないだろうか。できるだけ中国を封じ込める事を第一にした外交に変化する必要がある。

小泉前首相は靖国には行っていたが、基本的には親中政策を表明していた。私もこの政策を支持してきた。だから、今だに、中国と敵対関係を前提とした政策を取ることに躊躇している。しかし、ふんぎりを着ける時が来ているようだ。国内総生産で日本を上回った共産主義中国と日本は共存できない。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

再開のお知らせ

2007.06.07 Thu

00:03:03

更新を随分さぼってしまいました。眼が痛くなってしまった事が、大きな原因です。しかし、だいぶ良くなりましたので再開したいと思います。

そこで、お知らせですが、文体がまた変わってしまいそうです。また、「だ、である」調に戻りつつあります。どういう感じで変化するのか、よくわからず悩ましい限りです。文章を多く書けば安定すると思うのですが、なかなか量が書けず自分の怠けぶりを実感します。たぶん、次からは変更することでしょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る