異をとなえん |

日本対カタール戦感想

2011.01.22 Sat

01:53:47

昨日はさぼってしまった。
どうもサッカーのことで睡眠が足りない気がする。
今日もサッカーの試合が気になる。

** カタール戦前

日本対カタール戦、順当に考えれば日本の勝利は固いのだが、一発勝負で何が起こるかわからないと思うと、いろいろ気になってくる。
カタールチームは帰化した外国人が中心だから、昔の弱かったのは関係ないらしいと聞くと不安になる。
ファン心理は大変である。

もっとも、前回のサウジアラビアは簡単に戦う意識を喪失してしまった。
中東の人はムダな戦いをしないのかもしれない。
日本人だと、勝てなくとも1点だけは取るとか考えそうなものだけど、そういうのは意味ないと考えてそうだ。
カタールもそういう意識だったら、意外に楽な試合になる可能性もある。

カタールは開幕戦では負けたけど、2点目を取られた後はカタール人の観客はすぐ帰ってしまったらしい。

開催国の初戦黒星に思う

引用開始

 そして後半32分、ウズベキスタンに追加点。カタール守備陣の不用意な横パスが前線に走り込んでいた相手選手に流れる。よりによってジェパロフだった。ウズベキスタンのキャプテンは、迷わずダイレクトで左足を振り抜き、ボールは一直線にゴールに吸い込まれる。決まった瞬間、宙返りをして喜びを爆発させるジェパロフ。だがカタールにしてみれば、何とも脱力感漂う失点であった。これをきっかけに、地元の観客はどんどん席を立って引き上げていく。タイムアップのころには、バックスタンドの半分くらいがすでに空席になっていた。
引用終了

でも、その気持ちはわかる。
私もドイツのサッカーワールドカップではブラジル戦前半だけで、後半見る気力を失ってしまった。
必勝の信念がなければ負け試合を見ているのは辛い。
ジーコが監督の時はサッカーの試合自体が面白くなくて、ダメだった。
自分がサッカーの内容を理解しているとは思えないのだが、ボールの繋りが悪く感じるのか、つまらない試合が多かった。
中国でのアジアカップでの劇的な優勝以外に、ジーコが監督の試合で楽しめた試合はなかった。
結局、ジーコが監督の時はワールドカップに出場できさえすれば、全て許すという、期待ゼロの態度で観戦していた。
でも、期待ゼロでは面白くないな。
やはり、熱くなって試合を見なければいけない。

トルシエの時も、オシムの時も、試合自体は面白かった。
今回のアジアカップも試合自体は面白い。
サウジアラビア戦も点を取った時の連係は素晴らしい。
きれいなコンビネーションだ。

岡崎の1点目のうまい飛び出しや、真中を強引に切り裂いた3点目。
前田の両サイドからのクロスをキーパーの前でちょこんと合わせた点など本当に楽しめた。

とにかく、カタール戦前、興奮状態で待っている。
試合後、どう感じているだろうか。
負けると本当にがくっとしてそうだ。

** カタール戦後

熱い試合だった。
前半カタールは普通にいい試合をしていて、日本よりうまく見えた。
日本の攻めが効いている部分もあったけれど、カタールの攻めも効果的で、点を取られても仕方がない場面が前半から続いていて、全然安心できない。

日本っぽい不安定な守備が続く。
別にそんなに多く点を取られているわけではないのだけど、日本は攻められていると、どうも守備が不安な気がしてならない。
そして、案の定カタールに点を取られる。
ただ、日本もすぐに点を取り返して、前半は同点のまま終わった。
詳しいことはわからないけれど、日本のチームが研究されていて、日本の弱点をうまく突かれているイメージがある。

後半吉田が2枚目のイエローカードをもらって退場し、そのフリーキックで1点先行された。
この試合あの点の取られ方だけは納得がいかない。
キーパーがゴールポストの中で守備しているというは、どういうことなの。
選手の良し悪しなどわからないけれど、あれは川島の位置取りがひどくないのか。

選手の人数が10人になってしまい、なんか負けそうな気がしてきて、苦しくなってくる。
でも、観戦前に書いていたことが支えとなった。
ファンは必勝の信念を持って選手を応援しなくてはいけないのだ。
そして2点を取って逆転勝利。
気持ち良かった。
心が試合に乗せられた、いい試合だった。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

サッカー日本対シリア感想

2011.01.14 Fri

17:13:53

睡眠が大事なことを実感する。
昨日のサッカーの試合を見たための夜更かしのせいで、頭が集中できない。
いろいろ考えているうちに、どうも頭がサッカーの事に戻ってくる。
そこでアジアカップでの日本について、少し書いてみた。

** シリア戦

昨日のシリア戦は面白かった。
一点を先行した後、後半PKを取られ、ゴールキーパーが一発レッドで退場になり、同点にされた。
そこから、予定調和的に日本が勝つだろうという流れがなくなり、どちらが勝ってもおかしくない流れが生まれた。
日本を応援する国民としては、熱くなる展開である。
PK自体も、審判がオフサイドトラップを取り間違えたように見えるので、同点のまま終わったら、さぞかしファンが文句を言ったであろう。
私は審判の判断は、さもありなん気がしていたので、そんなに気にはならなかった。
問題は相手チームより一人少ないこの状況でどうやって勝つかということだった。
同点にされる前は、日本が内容としては押していたと思っていたので、やれると信じ、実際に結果を出してくれたことは歓ばしい。
岡崎がPKを貰って、本田が決めてくれた。
本田のPKは危かしかったけれど、点が取れさえすればそれでいい。

試合全体を振り返ってみると、敵陣内の本田へのパスをことごとく通っていたのと、前田がことごとくシュートを外していた印象が強い。
特に前田のシュートの外し方はひどかった。
一番最初の完全にフリーの状態でヘッデングシュートを放ったにもかかわらず、枠にも行かないのはどうかと思う。
後はおしいシュートが続く印象があるのだが、誰が外しているのかを確認すると、ことごどく前田でうなってしまう。
チャンスを作る位置に入ってくるのをほめるべきなのか、外しているのを批判すべきなのか、素人にはよくわからない。
けれども、前田は持っていないのではという感が強くしてしまった。

** 今までの試合全体の印象

今までの2試合を振り返ってみると、日本は強豪らしい戦いをしている。
試合内容としては圧倒的な気もするのだが、点が入らない。
アジアカップ前の調整不足が原因なのだろう。
最終的な詰めができていない。
リーグ戦で調整を行ないながら、段々と調子を上げていく、そんな強豪っぽい感じだ。

試合も厳しい内容ながら、結局は勝っている、あるいは引き分けに持ち込んでいる。
最初のヨルダン戦は完全に負け試合と思っていたが、最後に劇的なゴールを決めてなんとか追いついた。
前半最後のラッキーなゴールでヨルダンが先行したが、後半日本が追い付くだろうと信じてみていた。
それが、前半よりも内容が良くなく、得点する感じがなくなり、ロスタイムに入ったころは負けたなと思っていた。
けれども、吉田がヘッデングシュートを決めてくれて、前半のクリアの失敗を取り戻したことで、日本も強くなったなぁと感じた。
あるいは、ついていると言えるかもしれない。
ツキがあるのは大事なことだ。
今後のアジアカップでの戦いに期待が持てる。

** リーグ戦展望

次はリーグ戦3試合目だ。
リーグ戦で日本が敗退するのは、日本がサウジアラビアに負け、ヨルダンがシリアに負け、その時得失点差でヨルダンに日本が負けた場合だ。
得失点差が同じ場合、総得点差になる。
どちらの試合も1-0で日本とヨルダンが負けた場合、日本は勝ち上がるわけだから、まあかなり有利ではある。
リーグ戦に勝ち上がるために、ヨルダンは引き分けでよく、シリアは勝つことが必要である以上、シリアは強く攻めていくだろう。
日本戦を見るかぎり、ヨルダンは守備な戦いがうまそうだ。
順当にヨルダンがシリアに勝つと見る。

リーグ戦突破と関係なく今後のことを考えると、日本は勝っていきたい。
リーグ戦3試合目、相手のサウジアラビアはもう敗退している。
そうすると、最後の試合ぐらい勝って、有終の美を飾りたいと思い、攻めてくるだろう。
日本は、その流れに気持ちとして負けることなく、だからと言って相手に合わせて攻め合うこともなく、がっちり守って、カウンターを決めて勝ちたい。
最初の2試合、今一つ合わなかったコンビネーションもそろそろ改善されていいころだ。
大量得点を決めて勝って欲しいと願う。
そうすれば、見てても気持ちいい。

リーグ戦を突破すれば、いよいよ決勝トーナメントである。
日本がアジア最強であること示すためにも、優勝回数単独トップとなる4度目の優勝を達成して欲しい。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

グダグダ日記ワールドカップ予選突破編

2009.06.08 Mon

02:45:54

ウズベキスタンに勝利して、ワールドカップ出場を決めた。
試合自体は押しこまれていたけど、審判のせいだと思う。
審判が長友と中村俊輔にイエローカードを出して、流れが変わった。
反則が怖くて、きつく当たれなくなって、
ウズベキスタンの好きなようにさせてしまった。

後半の試合を見返すと、ボールを持っている相手選手に近づくとき、
意図的にスピードを緩めていて、
試合にかなり影響したことがうかがえる。
読売新聞の解説では、日本選手の球際の弱さを指摘していたが、
審判について言及しないのは、片手落ちに見える。
接触すると、
イエローカードを出されては近づくわけには、いかなくなってしまう。
そこらへんのことはプロなのだから、当然わかっていると思うのだが、
何も言及しない。
少くとも、誰かが審判の問題を言い出した時の、
模範回答は事前に発表すべきたろう。
私みたいな素人には、
審判がダメで肉体的接触をできるだけ避けた場合の戦い方なんてわからない。
日本チームはあれで最善だったのか、
それとも工夫する余地があったのか、そういう部分の解説が欲しかった。

審判の判断では、大久保のオフサイドによる、ゴールの取り消しもむごい。
ビデオを見返すかぎりでは、
蹴った瞬間、大久保の奥にウズベキスタン選手がいるように見える。
でも、テレビはそれについてオフサイドかどうかの検証を全然行なわない。
それはどうかと思う。

対立感情を煽り立てないのは、日本のマスコミの美徳だが、
もう少しなんとかならないのだろうか。
今回は審判の話をスルーしたら、日本チームの実力強化をどうすべきかも,議論できない。
今回のジャッジの問題にしても、
審判が相手方びいきの時の戦い方をどうすべきは、
これからもありうる話しなのだから、十分に見当しておいたほうがいい。

まあ、それでも勝ちは勝ちだ。
代表チームにおめでとう。
岡田ジャパンでは、ベスト4を目指すということなので、できるだけ頑張って欲しい。
無謀にも見えるが、夢を描くことは重要だ。
ユーロカップでは、無名のギリシャが優勝した。
その再現を目指して欲しい。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

WBC決勝戦ダルビッシュが印象に残る

2009.03.25 Wed

02:24:29

ワールドベースボールクラシック決勝戦日本対韓国は熱い試合だった。
最終的な安打数が日本15本、韓国5本で、
普通なら日本が圧倒的に有利なはずだが、韓国は執念で互角に持ってきた。
9回裏土壇場で同点に追いつかれた時は、
これで負け試合になるのかと本当に覚悟した。
後から考えてみると、韓国が一番勝利に近づいたのが、あの時だった。
ダルビッシュがふんばって、1点になんとか抑えで、韓国は運に見放された。
あの時点で3番、4番まで交替したから韓国は勝ちづらくなった。
ダルビッシュは1点取られたけれど、それでもいい仕事をした。
イチローの10回の決勝点よりも印象に残っている。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

4度目の韓国戦

2009.03.20 Fri

02:03:29

ワールドベースボールクラシックで日本がキューバに勝った。
日本も結構強い。
その日本に韓国は勝つのだから、韓国は強いはずだ。
オリンピックで金メダルを取ったのもうなずける。

明日、正確には今日、韓国と4度目の対決だ。
もっとも一度として、負けたら終わりという戦いではなくて、緊迫感に欠ける。
できれば決勝で当たりたいものだ。
そうなったら、
ワールドベースボールクラシックで9試合中5試合は韓国戦になってしまう。
なんだかな。
4チームから2チームを選出する方法として、
2勝したら抜けるというのはいいとしても、
アメリカに来たら一次リーグにいたチームはばらばらにする方が良かった。
次からはそうして欲しい。

野球の日本韓国戦だと、この前のオリンピックの時の東京の予選が良かった。
あの一発勝負で終わりだと勘違いしていたせいで、一番熱く見れた。
明日の勝負はそんなに熱くは見れない。
決勝戦での戦いに期待したい。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

日韓野球戦敗戦、オリンピック終了

2008.08.22 Fri

19:22:51

負けた。日韓野球戦。

野球で金メダルが取れれば、
北京オリンピックは成功と思っていただけに実に痛い。
これでオリンピックが終わってしまた。

敗因は受け身に立ちすぎた点に見える。
序盤点を取ったことで、
投手力で逃げ切れるのではないかという意識から、
逃げ腰になってしまった。
イ・テホに対して最初から歩かせていた事は、その表れだ。
韓国に押されている感じが、ずっとしていたのだが、
最終的にそれが出てしまった。

勝敗を度外視して必死に戦う姿は美しい。
日本にはそれがなく、韓国にはあった。
イ・スンヨプのホームランは素晴しい一発だった。

ソフトボールの金が感動的だったのに、
野球には心が見えなかった。

結果論だけれど、ダルビッシュの使い道を間違えた。
韓国戦に投入すべきだった。
3位決定戦で投げるダルビッシュを見てもしかたがない。
悲しい。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

オリンピック野球リーグ戦突破

2008.08.20 Wed

00:36:38

オリンピック野球中国戦は10対0でコールド勝ちだった。
順当な所だ。
リーグ戦の上位4チームに残る事が確定した。

明日はリーグ戦最後の米国戦である。
勝った方がいいのか、負けた方がいいのか。
勝てば昼間にリーグ戦2位のキューバと、
負ければ夜にリーグ戦1位の韓国が相手となる。
準決勝の投手がダルビッシュだとすると、
キューバとの再戦の方が燃える展開のような気もする。

素人には、勢いを消してはいけないと、
どうしても勝ちにこだわってしまうのだが、
力の差がはっきりと見れるプロには、
どちらの対戦チームと戦った方がいいか、
はっきりとわかって選べるのかもしれない。

アメリカ戦での星野采配が見物である。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る