異をとなえん |

指導者の重み - 平和型国家論(その4)

2012.09.14 Fri

21:18:04

外国の歴史書などを読んでいると不思議だと思うことがある。
なんというか、物凄くひどい独裁者がいる。
国民を大量に殺しまくっている。
ぱっと出てくるのは、ソ連のスターリンとか、明の朱元璋なのだが、自分の直接の部下を無実の罪で大量に処刑するわけだ。
なんでこんなことが許されるのか不思議に思う。
部下は反乱を起こそうと思わないのだろうか。
自分の身の回りの人間が片端から逮捕されていく状況で、次は自分の番だとほとんど予想がつくような状況なのに、特に抵抗するまでもなく、運命に身をゆだねている。

ヒトラーのユダヤ人虐殺などはわかる。
いや、もちろん動機とかそこらへんの話ではないが、ユダヤ人を殺すこと自体はほとんどのドイツ人にとって対象外の話で反乱すべき理由にはならなかったのだろう。
自分が粛清の対象者から除外されているならば、独裁者に忠誠をつくすことはわかる。
わからないのは、自分が粛清の対象者にほぼなっているのにも関わらず特に反乱しようとしないことだ。

日本の歴史が反乱で満ち満ちているのと反対なわけだ。
日本でも独裁者と呼ばれるような人間は何人かいた。
戦国の三傑、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康などがその代表だ。
織田信長は結局明智光秀の謀反によって倒れた。
明治時代には独裁的な指導力を発揮したを思われる大久保利通も暗殺されている。
幕末に独裁的な権力をふるった井伊直弼も殺されている。
日本で独裁者と呼ばれるような人間は方々から恨みをかうことが多いので、非業の死を遂げるわけだ。
これだけ暗殺が多いのに、指導者をきちんと守る警護システムがないのは不思議な気がするが、暗殺を警戒する意識が低いのは、警戒すること自体が国民の憤激を買うと思うからだろうか。
暗殺が多いのは、少なくとも指導者が悪を為していると思うとき、法を犯してもいいと多くの人々が考えていることだ。

暗殺自体ならば、日本も他の国も違いはないという考えはある。
直接の部下による暗殺でも、ローマのカエサルような例がすぐ出てくる。
違うのはやはり、決起しても不思議がない状態なのに、唯々諾々と従うような例だ。

結局、その違いは指導者の重みだ。
日本と他の国の違い、つまり平和型国家と戦争型国家の違いは、戦争を常に意識している戦争型国家では指導者の重みが大きくなることだ。
指導者が欠けると、敵の侵略に対応できなくなる。
内部で相争えば外部からの絶好の的だ。
外部に敵が存在すれば弱みを見せないように団結する。
戦争型国家では外部からの敵に弱みを見せないように、国内において一つにまとまっていくことが絶対に必要なのだ。
それが指導者に独裁権限を与え、時に暴走を生み出す。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

平和型国家の定義のやり直し - 平和型国家論(その3)

2012.09.13 Thu

21:23:13

文章にしてみると、今まで深く考えなかったことを考えるようになる。
日本は明治維新後、平和型国家から戦争型国家への転換を図ったなどと書いてみると、定義がどうもあいまいな気がしてきた。
つまり日本は明治維新から太平洋戦争まで戦争型国家だったのかという質問が生まれてくるのではないだろうか。
その質問に対する私の回答は違うだ。
それでは平和型国家と戦争型国家では何が違うのか。
平和型国家というのは、長い期間の平和によって価値観、思想がそれに合わせて変化した国家だ。
日本は外敵との戦争が極めて少なく、あったとしても短期間だった。
その結果、戦争がない状態を普通のことと思い、それに合わせて価値観、思想を形作っていった。
だから平和型国家というのは平和ボケした国家といっていい。
それに対して、戦争型国家というのは外敵との戦いが常に起こっているような国家だ。
そのような国でも平和な状況というのはありうる。
けれども価値観が戦争を常態としている状態に合わせて作られているならば、戦争型国家のままとなる。

日本は明治維新後、戦争を常態とする国へと変わっていった。
しかし、平和型国家の本質である価値観や思想はそう簡単には変化しない。
だから日本は平和型国家のままであったわけだ。
中央集権が促進されるとか、戦争に対応するための各種制度は作られていくが、精神は簡単には変貌しないから、どうしてもずれていく。
太平洋戦争のときの陸軍と海軍の深刻な対立が、その一つの例となる。
国家の危機であることを肌レベルで感じているならば、当然国の意思を統一するために、あらゆる処置を取ろうとしたはずだ。
大日本帝国憲法が総理大臣のリーダーシップを保証していないなどは枝葉の事情に過ぎない。
日清日露戦争のときにできたのは亡国の危機を指導者たちが共有していたからであり、太平洋戦争のときにできないのは国が潰れるはずがないと錯覚していたからだ。
危機を共有できなければ、どうしても平和型国家の精神がよみがえってしまう。
自分たちの権力をできるだけ他者にゆだねたくないという、権力分散の性質が強くでて、国自体の分裂をまねいたわけだ。

そもそも国家というものは、外敵に対する安全保障から生まれたと思っている。
外敵から自分たち共同体を守るために、戦士ができ、指導者ができる。
階級も戦士や指導者から生まれたのだと思う。
マルクス主義の唯物史観では、国家は階級闘争の結果生じるが、私には逆としか思えない。
だから、平和型国家というのはある意味字義矛盾なのである。
国家は戦争に対応するために生まれたものなのに、戦争を意識しない点がおかしいわけだ。
これは日本という国が生まれてから直ぐに、日本列島全体を支配することになり、外敵がいなくなってしまったからだ。
日本という国に住んでいる人たちには、世界が統一されたのだ。
ある意味世界連邦とかの先駆けだ。

外敵を全て倒すことによって生まれたのが日本という国であり、結果として戦争を意識しなくなった。
その結果価値観が変化し、平和型国家に変化したのだ。

その価値観や思想について書いていくわけだが、その前にやはり国家の制度について書かなくてはならない。
今までは権力の集中について書いていたが、次回は指導者について続ける。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

平和型国家は権力集中を嫌う - 平和型国家論(その2)

2012.09.12 Wed

21:22:08

前回、戦争型国家では権力が集中すると述べた。
権力が集中するといっても、究極の形態として1個人に集中する場合と簡単に集まって意思をまとめることができる人数の場合とがある。
複数の場合は会議によって意思をまとめることができるのは7人ぐらいといわれるので、そのぐらいが上限となる。
民主主義国家では複数選んで意思決定するシステムはかえってメンバーの選択が難しい。
さらに集まっても目的のために心を一つにすることが難しいので、普通は一人だ。
複数のケースは中国、ベトナムあたりの社会主義国家ぐらいだろう。

それに対して平和型国家では権力が分散する。
戦争の危険を想定しなければ、たいていの問題では意思決定を急ぐ必要はない。
だから日本の江戸時代では国自体が複数の藩に分かれ、軍事力は分散して指揮されていた。
別にこれで困らなかったからだ。
これは江戸時代が封建時代で、権力が地域ごとに分散する性質を持っているのも理由だが、封建時代でも元寇の時には北条氏の下一元的に軍事力が行動できるように整備されていたし、豊臣時代にも朝鮮出兵の場合には統一的に指揮できる軍隊の整備が行われていた。
朝鮮出兵では、加藤清正と小西行長の行動の分裂もあったが、豊臣秀吉のレベルでは一元化されていたことになる。
つまり、日本は平和型国家のモデルとするように権力分散が普通だけれども、数少なくとも国難のような場合には権力は集中するのだ。
そしてペリーの黒船以来、日本は欧米からの侵略におびえ、それに対応するために権力を集中することになった。

しかし、日本は基本的に平和国家であって権力集中を嫌う。
権力が集中するということは、上からの指示に対して下が無条件に従うことだ。
戦争時の場合には、敵の撃退が最優先なので、損害は無視して行動することが多い。
当然下の人間にはそれなりの不利益をこうむることになる。
命を失う、財産を失うなどいろいろとあるだろう。
その損害は平等ではなく、不平等に受けることになる。
平時の場合には、ある程度平等になるように負担を分配できたとしても、戦時の場合にはそうはいかない。
不平等に負担が分配される。
その分担を強制するために権力が集中されるわけだ。

日本は平和な時代が長く続いたこともあって、負担の不平等な分配に簡単に納得しない。
できるだけ負担を平等に分配するように、下から上へ突き上げることになる。
上はそもそも下に負担を押し付けることに慣れていない。
だから、どうしても意思決定に時間がかかるようになっていく。
日清戦争、日露戦争のころは戦争に負ければ国が滅ぶという意識が強いので、下のわがままを押さえることができた。
けれども、日露戦争の勝利によって国が滅ぶという危機感は大幅に減退した。
そうすると、どうしても個々の利益を優先しようとする。
太平洋戦争のころは、陸軍、海軍、その他の省庁、政党が個別の利益を主張して、国としての意思統一ができなくなってしまった。
つまり平和型国家である日本は簡単には戦争型国家には変換できず、どうしても権力分散した行動しか取れない。
その結果無残な太平洋戦争の敗戦をまねいた。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

平和型国家論

2012.09.11 Tue

21:15:17

前に「世界は日本化へ向かう」のシリーズ記事を書こうとした。
本にするつもりで書いていたのだけれど、どうも意識しすぎて文章が書けなくなってしまった。
あの時よりも文章力は上がったと思うので、再度挑戦してみたいと思う。
ずいぶん時間が経ってしまったので最初からやり直す。
同じ内容の繰り返しになってしまった部分はご勘弁を。

平和型国家論というのは、世界を平和型国家と戦争型国家に分類し、二つの国家の特性を述べる理論だ。
平和型国家というのは、現在の所想定しているのは日本ただ1国であり、戦争型国家というのはそれ以外の全ての諸国になる。
だから平和型国家論というのは日本論に他ならない。
しかし日本がどうこうと語るよりも、ある属性を持った国家はこういう性質を持つと語る方が、私には普遍的であり望ましく思われる。
とは言っても、実際のモデルが1国しかなかったら、どうしてもその国独特の特徴がモデルに付加されてしまうことはやむを得ない。
共産主義国家というものがソ連一つしかなかった時、粛清は共産主義国家独特の性質にも見えたけれど、ベトナムでは少なくとも殺しあうところまではいってなかった。
つまり粛清というのはロシア的特徴であって、その性質がソ連の衛星圏国家では濃厚に出たけれども、その影響からかなり外れているベトナムではその性質が出なかったということだ。
平和型国家論においても、日本のみをモデルとしているので、日本独特の性質を平和型国家の性質としてしまうかもしれないが、それについてはできるだけ除去しようと努めるしかない。

それでは、まず平和型国家と戦争型国家はどう区別するのだろうか。
平和型国家というのは、他国から攻撃されることで、国が滅亡する可能性を意識していない国家である。
戦争型国家というのは、当然逆に意識している国家だ。
現実の歴史では自国の安全保障を意識していない国家は非常にまれだ。
というより日本しかいないのではないか。
もちろん明治以後の歴史では、日本も他国からの侵略を意識せざるを得なかった。
そのため明治以後の日本は、その前の時と国家の性質が異なる。
平和型国家から戦争型国家への移行が進んだわけだ。
しかし国の性質は簡単に変わるわけではない。
というより、平和型国家と戦争型国家では国民の性格も異なってくる。
千年以上の長い期間続いた平和型国家であったことによる国民の性質は数十年の危機では変わらない。
平和型国家から戦争型国家への変換も、日露戦争以後では日本は滅亡の危険性が減退することで、止まってしまった。
むしろ平和型国家の性質が強くでてくるようになった。
太平洋戦争はその帰結であったと言っていい。
敗戦後はアメリカの支配した国際体制に置かれることで、日本は自国の安全保障上の危機を認識しなくなった。
そのため、普通の平和型国家に戻りつつある。

ここらへんの話については、また後で述べることにして、明治以前の江戸時代の日本が平和型国家の基本形になる。
その中で培われた平和型国家の性質と国民性について語っていきたい。
それは同時に戦争型国家の性質と国民性を語ることになる。

それでは平和型国家と戦争型国家の性質の違いは何だろうか。
まず第一に権力が集中されているか否かだ。
戦争においては、他国の攻撃から自国の安全を守るために全ての力を集中して対応することが必要になる。
10人対10人の戦いでも、一方はばらばらに行動していて、もう一方は統制が取れた行動をするならば勝負は明らかだろう。
1人に対して10人でぼこっておいて、他の9人が何の対応もしなければ、簡単に個別に撃破されてしまう。
1人に攻撃があったならば、直ちに他の9人が救援に向かわなければならないのは必然だ。
国と国という、もっと人数が多く広い領土を持っている場合には、さらに権力の集中が必要になる。
大きな国では情報伝達が困難になる。
ある地域で他の国から攻撃されたとしても、その情報を直ぐに他の地域に伝わらない。
他国からの攻撃を受けたという情報をできるだけ他の地域に伝えるためには、国としての中心を持ちそこに情報を伝達し、中心から全国に情報を伝達する必要がある。
情報が伝達されたとしても、どう対応していいかわからなければ意味がない。
中心は国の防衛のための対応方法を決定し、国として行動するための各種命令を発行する必要が出てくる。

生命にある意味似ている。
多細胞生物としての植物はこれといった中心がない。
だから他の生物から食われても対応のしようがない。
動物はその点違う。
攻撃され食べられることが嫌だ。
だから脳を持ち、攻撃されれば他の細胞を使って対応することが可能になっている。
生命が一つの意志を持つことになる。

戦争型国家というのは動物ほど一つの意思では固まっていないけれど、国家としてはかなりの程度まで意思統一が図られている。
その意思統一ができなくなれば、国としてのまとまりを失ったことになる。
ここらへんは歴史的には難しい。
封建時代には封建領主たちは国からかなり独立した行動を取っていた。
中心がなかった時代といってもいい。
だから、封建領主の支配地域ごとを国として理解していいのかもしれないが、同時に封建領主の争いでは領民同士の争いを伴っていないとも理解できる。
実際にヨーロッパの封建時代では、封建領主だけが争っていたとしても、イスラム圏からの攻撃があれば、キリスト教国全体としての対応しようとしている。
つまり国家としての範囲があいまいなので、中心が作れず、権力が集中できないわけだ。

封建時代を考え始めるとわけがわからなくなってしまうが、安全保障を考えると権力は強固に集中しなければならない。
戦争型国家とは、まずそういうものである。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

本を書くぞ宣言

2010.04.22 Thu

00:31:54

ブログの更新が開いてしまっている。
どうも調子が悪い。
理由をいろいろ考えているのだが、書いている記事が散発的で流れになっていないことが最大の問題に感じる。
長期的目標がないのが原因だ。
そこで、本を書くぞ宣言をする。
自分の中だけでやっていると、いつまで経っても進まない。
公開して宣言することで、自分を振るい立たせたい。

「世界は日本化へ向かう」の内容を本になるような形にまとめる。
4000字X20回で8万字を書く。
1日に2000字を書けば、40日で完成する勘定だ。
休みやブラッシュアップの事も含めて60日もあれば充分だろう。
切りのいいことを考慮に入れて、6月末を締切とする。

今現在、12571文字を書いている。
下書きも含めた一切合切だから、きちんと清書すれば2割ぐらい縮むだろう。
そうすると1万字だ。
この8倍書けばいい。
5月末にもできそうな感じだけど、下書きからきちんと読めるようにするのに、とても時間がかかる。
そのことを考えると、やはり6月末だろう。

ブログの更新は当分散発的になると思う。
きちんとした物は別に書いているので、ブログではアイディアだけを載せるようにすれば、逆に活発化することもありうる。
まあ、期待しないで欲しい。
それでは、7月頭に。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

日本はなぜ平等主義なのか? - 世界は日本化へ向かう(その12)

2009.07.09 Thu

03:15:06

戦争国家の不平等性を前回考えたが、今回は平和国家の平等性について考えたい。

平和国家は戦争という任務がないので、政治の対象は多くない。
政治というのは、全員の同意がなくとも全体の意思が決定され、
負担を負わす仕組みと考えて欲しい。
対象は少いけれど、平和国家にも政治はある。
平和国家という経済中心の世界では、相互の同意による交換の利益で社会は回っていく。
政治という、少数の利益を無視して全体の利益を追及する必要はない。
しかし、それでも全体の利益のために強引に事を進めることが必要な場面は出てくる。
道路は典型的な例だろう。
全体の利益の向上は図れるが、個々に負担を配分することはできない。
全体として負担を分配する必要がある。
また、平和国家特有とは言えないかも知れないが、日本では災害が非常に多い。
地震、台風といった災害は全体としての協調が必要になる。
これも政治が必要だ。

公共事業における負担はどのように配分されるだろうか。
基本的に強制は認められない社会なのだから、
利益が負担を上回るように説得していかなくてはならない。
道路の場合ならば、交通が便利になるのだから、
その分の得だけ負担してもいいだろうと言うわけである。
災害対策用の準備ならば、地震や台風が来た時の被害を考えれば、
このぐらいの負担をしろと言う話になる。
基本は、利益に応じた負担の分配ということだろう。

平和国家においては、生命の危険がないのだから、
利益にならない事を強制的に実行させる方法はない。
政治家たちが、ムリヤリ実行しようとすれば、
反発する人間たちを抑えるのにより多くの手間がかかってしまう。

江戸時代、江戸城の天守が焼けた時、再建されなかったのは、
それだけの価値がなかったからだ。
あ戦国の時代から統一に向った時、人々は戦国大名たちにできるだけ協力した。
平和をそれだけ渇望したからだ。
いろいろな方法で集められた税を通じて、戦国大名は莫大な戦費を賄っていった。
天下が統一された時、その余剰を使って豊臣秀吉は、その富裕さを示した。
しかし、平和が来た時、税金を増やすことは容易ではない。
検地によって農地ごとの税金が確定し、人々はそれを支払っていく。
けれども、時代が進み、人々の工夫によって生産物は増加していったが、
それに応じて税金を増やすことはできない。
税金に見合った利益が貰えないのに、単純に取られることに納得できる人間はいない。

徳川吉宗は、幕府財政を立て直すために、五公五民と言われた税負担が段々と低減し、
四公六民、あるいは三公七民となっていたものを、元に戻そうとした。
けれども、これは人々を納得させることができない。
結局、一揆が頻発することになる。
負担に対する利益がないのだから当然だろう。
そして、この増税政策は甚だしく無理であり、後継者たちは放棄する。

しょせん、武士たちは軍事を担うのが仕事なのに江戸時代は200年以上も平和が続いた。
武士は何の役目も果たしていないのだから、貧乏になるのも仕方がないところだろう。

平和国家において、負担をどう分けあうかは利益に応じて決まる。
基本は働き手一人当りで、平等に分担するだろうか。
金持ち貧乏人の違いや家族の数の違いで、微妙に異なるだろうけれど、
基本はとにかく平等ということになる。

なんか、趣旨がはっきりしない、散慢な文章になってしまった。
失敗だ。
強制的に負担を負わすことができない部分で終わってしまって、
平等性についてほとんど書いてない。
その部分については後で補足したい。

関連記事
シリーズの記事が多くなったので、一番最初の記事と前回の記事たけをリンクしておく。
シリーズ内の記事を読む場合は、
一番最初の記事からトラックバックをクリックして欲しい。

世界は日本化へ向かう
戦争国家の本質的な不平等性 - 世界は日本化へ向かう(その11)
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

戦争国家の本質的な不平等性 - 世界は日本化へ向かう(その11)

2009.06.12 Fri

03:13:57

前回は戦争国家において知的エリート階級が必須だという話をした。
今回は戦争国家において人間が本質的に不平等であることを考察したい。

『悲劇の発動機「誉」』を読んだ時、一番衝撃的だったのは、
その当時もっとも重要だったエンジンの主任設計者を徴兵してしまうところだった。
しかも、エンジンは一応量産には入っているが、トラブル続きで、改良の真っ最中だった。
一番、その人間が必要な時だと言っていい。
なんというか、太平洋戦争の本を読んでいる時、あまりにも日本という国家が馬鹿なので、
ときどき絶望的な感じに襲われることがあるのだが、この徴兵はその一つだ。
これは極端な例だが、工場の熟練労働者を徴兵したことも、
戦争経済の維持の上でマイナスだったと言われる。

どうしたら、このような馬鹿げたことを止めることができただろうか。
後講釈で批判することは簡単でも、実際に仕組みを考えてみると難しいことがある。
これもその一つだ。
たとえば、徴兵対象者の現在の仕事が戦争にどのくらい必要かを考えて、
徴兵するかどうか判断する、という方法がある。
こんな方法は事務の量が多すぎて、到底対応しきれない。
そうすると、どうするか。

結局仕組みとしては大きな単位で割り当てて、
それを更に小さな単位ごとに割り振るしかない。
たとえば、中島飛行機は戦闘機を年間1万機作っている、
だから、徴兵不可の人間を5万人割り当てる、という方法だ。
これは、組織に合わせて分割されてゆき、最終的な末端に到達する。
つまり、現場の末端のボスはノルマを達成する義務と引き換えに、
徴兵不可の要員を指定する権利を得ることになる。

このような状況においては、徴兵の成否を決定する人間の価値が極めて高くなる。
そして、同じ従業員においても、その能力によって価値が定まってくるのだ。
これは戦争国家において、本質的に人間が不平等だということを現わしている。

これは仮定の話だが、現実の例としては「シンドラーのリスト」という作品がある。
映画は見ておらず、小説しか読んでいないが、
工場の労働者にする名目でユダヤ人を助けるという話だった。
この場合には、完全に戦争のために役立つ人間なら生存が許され、
役立たない人間は殺される世界だ。

もっと、一般的な話をしよう。
第二次世界大戦の時、軍用機のパイロットは、一番いい食事をもらえたという。
アメリカ軍は全員がいい食事をしていそうだが、日本軍ではたぶんそうだったのだろう。
もちろん、これは納得できる話だ。
整備の要員の努力の最終的な成果は、
結局パイロットが戦闘時にどれだけ結果を出せるかにかかっているのだ。

しかし、この話をさらに広げていったらどうなるだろう。
たとえば、ある重要な人間が、とてつもないわがままを言い出したとする。
それを認めるべきだろうか。
結局の所、その上の人間が成果を挙げるために必要だと判断すれば、
それを認めるしかない。
この仕組みは順繰りにトップまで上がっていく。
つまり、戦争国家の一番トップは持っている資源の全てを、誰にどう配分するかを考え、
目標を決定することになる。
その資源の配分は、正しいと考えれば自分の好きなように決定できるのだ。
これが戦争国家というものだ。

つまり、戦争国家は本質的に人間が平等ではないことを前提にしている社会であり、
上層部とのとてつもない格差を許容している社会なのだ。
最初に戻ると、日本は人間の価値判断をして徴兵の判断をすることができなかった。
これは日本の平和国家としての長い伝統が、人間の価値評価することを許さなかったからだ。
それでは、なぜ平和国家では、人間は平等なのか、その説明は次回に回そう。

関連記事
世界は日本化へ向かう
一度も植民地になったことがない国 - 世界は日本化へ向かう(その2)
平和国家には尺度がない - 世界は日本化へ向かう(その3)
江戸時代は平和国家の完成形である - 世界は日本化へ向かう(その4)
戦争国家では権力が集中する - 世界は日本化へ向かう(その5)
戦争国家が平和国家に変化する理由 - 世界は日本化へ向かう(その6)
みなし核保有国が戦争しない理由 - 世界は日本化へ向かう(その7)
現在起きている争いは? - 世界は日本化へ向かう(その8)
用語の補足説明 - 世界は日本化へ向かう(その9)
戦争国家は知的エリート階級を必要とする - 世界は日本化へ向かう(その10)
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る