異をとなえん |

安倍政権についてつらつら思うこと

2013.01.08 Tue

21:56:44

小泉政権が郵政民営化法案と通そうとしている時、一部の人たちが郵政民営化はたいした問題ではないと主張していた。
小泉側についているのだけれど、郵政民営化法案で党を分裂するのを嫌がっている人たち、加藤紘一氏などがしゃべっていた。
「殿ご乱心」という立場だろう。
この考え方はわからないのでもないのだけど、不思議なのは郵政民営化反対派でもそんなことを言っていたことだ。
具体的な発言は出てこないのだが、そんなことを聞いた覚えがある。

不思議というのは、たいした問題ではないならばなんで反対するんだ、自分たちの党の指導者がそう主張しているんだから、たいした問題でないならば賛成しておけ、と思ったからだ。

何が大事かというのは難しい。
政治家としての世界観や哲学にも関係するし、そして選挙に勝つための政治的センスが問われることになる。
小泉政権のときの郵政民営化は少なくとも選挙には勝ったのだから、政治的センスはあったわけだ。
どんなに個人としては大事な問題だと思ったとしても、有権者がどうでもいいという態度を取られたならば選挙には勝てなくなる。
そういう問題を選挙の選択肢にするということが、政治的センスの欠如になるわけだ。
だから、政治家にとっては自分のもっとも重要な課題だと考えていることが、国民にとっても重要だと受け止めてくれることが、重要になる。
そういう政治家が時代の寵児になるわけだ。

安倍政権は憲法改正を最大の目標として掲げている。
ただ私にはこれがそれほど重要な問題だと思わない。
私は現憲法支持なので憲法改正には反対の立場だが、妥協すべきところは妥協する。
要するに、予算を削減するならば憲法改正してもいいよということだ。
もちろん憲法改正と言っても、天皇制廃止みたいな大変革がないことは前提だ。
自衛隊を国防軍に改名して、憲法にはっきりと根拠を持たすようなことを言っている。
こんな憲法改正は単なる言葉いじりでしかなく、どうでもいいことだ。
だからあえて異をとなえない。

もちろん、自衛隊を国防軍に変更することが重要だと考える人たちもいるだろう。
そういう人たちともバーター取引をすることで同盟関係を築くことはできる。

安倍政権は参院選まで安定路線を取るらしい。
憲法改正などの右よりな路線を封印して、経済問題に絞る。
それが参院選勝利の一番な近道だと考えているらしい。
私にはこれが疑問なのである。

経済成長重視と右寄り路線は両立しないのだろうか。
国民は憲法改正を重視していないけれど右寄り路線に反対してはいないというのが、私の見立てだ。
反中反韓が国民の気分の底流にある以上、右寄り路線はほとんど損にならない。
つまり中国や韓国とけんかすることは、票を増やす力になっても減らす方向には働かないように思う。
もちろん経済成長が一番重要だと、多くの国民は思っている。
けれども「竹島の日」を祝うことや靖国神社に参拝することは、別に法案を通す必要がないので、経済問題と関係ない。
だったらやっておいた方が得だと思うわけだ。
村山談話と河野談話の撤回はやめた方が無難だと思うけど。

安倍政権の最終目標が改憲にないというのなら話は別だ。
改憲の目指すところが、日本を戦争できる国にすることならば、中国や韓国との対立はむしろ歓迎すべきことになる。
実際経済成長を図るならば、中国との対立をエスカレートさせて、軍事費を大幅に増額するのが一番確実な方向だ。

安倍総理は前の政権のときに右寄り路線を出しすぎて失敗したと思っているのかもしれない。
国民投票法などの成立を急ぎすぎて選挙に負けたと。
しかし、右寄り路線はそれほど悪影響を及ぼさなかったと思う。
問題なのは郵政反対派の復党を認めたような、小泉構造改革路線を裏切ったことが敗北に直結した。

なにが言いたいかわからなくなってきたな。
憲法改正に反対の立場で、アベノミクスも評価しないのだから、私は安倍政権に反対していることになる。
ただ安倍政権の右寄り路線は参議院選挙で損にならないのに、そうしないことを不思議に思っているだけだ。
いや安倍総理には政治的センスがないと思っているわけだ。
参議院選挙ではアベノミクスが成功して勝てるかもしれない。
でもそこまでで妥協していたら、本当に目指すべき憲法改正などはできなくなってしまうぞと。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

安倍総裁はダメだ 

2012.12.21 Fri

21:47:17

安倍政権はやはりダメな気がしてきた。

安倍総裁 竹島式典見送りで調整

引用開始

その一方で、安倍氏は「2月22日には島根県で『竹島の日』を祝う式典があるが、別途、国として式典を行うかどうかは今後、総合的によく検討したい。3日後の2月25日には新大統領の就任式があり、その関係で慎重に考えたい」と述べ、政府主催の式典の来年2月22日からの開催は見送る方向で調整する考えを示しました。
引用終了

なぜいきなり公約違反を実行できるのだろう。
自民党の公約で竹島の日の祝典を開催すると明言しているのに。

J-ファイル2012 自民党総合政策集(PDFファイル)
38ページ 328項目

引用開始

328 「建国記念の日」、「主権回復の日」、「竹島の日」を祝う式典の開催
政府主催で、2月11日の建国記念の日、そして2月22日を「竹島の日」、4月28日の日を「主権回復の日」として祝う式典を開催します。
引用終了

私も「竹島の日」の式典を開催しないこと自体は賛成だ。
中国と関係悪化が予測される以上、できるだけ韓国との関係は悪くしたくない。
けれども公約として、明言したならば実行するしかない。

いつ開催するかは約束していないと言うのは、人を馬鹿にしている態度だ。
はっきり言って、来年実行しなければ実行できるときはない。
韓国側にしても、来年実行しなければ再来年も実行しないことを期待する。
再来年実行するとしたら、韓国とはさらに関係が悪化するだろう。
本心は違うのだけれども、とりあえずその場を取り繕って、後で裏切るというのは人としての信義にもとる。
こういうふらついた態度をなぜいきなり取れるのか不思議でしょうがない。

安倍氏は前回総理のときも、靖国参拝問題で同じような態度を取っていた。
靖国参拝をあいまいにして訪中をした。
幸いというか、一年で政権が崩壊したから、靖国参拝をするかどうかで悩む必要はなかったけれど、政権がさらに続いていたらいったいどうするつもりだったのだろう。
靖国参拝をしたら、中国が怒ることは目に見えている。
それでも強行できたのだろうか。
もしかしたら深い外交テクニックがあるのかとも思うけれど、目先の利益に飛びついたとしか見えない。

長期的な見通しを考えれば、目先どんなに楽になっても我慢するしかないことがある。
安倍氏は靖国参拝問題については前回の失敗で反省していたと思うのだが、いきなり今回も公約違反をしようとしている。
公約は目標だから、努力したけれど達成できなかったというのは許されると思う。
でも努力もしないで、達成を放棄するのは明らかに不誠実な態度であって、許されるべきことではない。

「竹島の日」を政府主催で式典を行えば、韓国と問題になるのはわかりきっていたはずだ。
政権奪還がほぼ確実になっていたのだから、公約をもっとあいまいなものにしておけば批判されることもない。
公約に書いた時点でどうするか覚悟を決めておくべきだった。
早め早めに問題を解決しないから、後になって重大事になる。
赤木農相のばんそうこう問題だって、松岡農相の自殺だって、早めに対策を取ればあんな事態にならなかったのではないか。
前回首相のときにそれを理解したと思ったのだが、今回もすでに状況に流されている。

やはり安倍氏はダメだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

予算を減らせと叫んでいる - 日本が短命政権な理由

2012.12.19 Wed

21:37:36

ここ3回の衆議院選挙では、自民党と民主党どちらかが地すべり的大勝利をおさめる展開が続いている。
しかし、小泉政権以後は1年しか政権が続かない。
国民が小泉みたいな「カリスマ溢れる魅力的な指導者」を探し続けているから、カリスマ的な魅力がない指導者では政権が短期になり、選挙で与党が負ける。
そういう意見がある。
そんなことではいけないから、有権者は魅力がない指導者でも我慢しろというわけだ。

私はその意見に反対だ。
魅力のありなしではなくて、政策の目指す方向が間違っているから、政権が続かないと考えているからだ。

日本の政権はずっと短命が続いている。
小泉以後が短いというが、その前だって短い。
バブル崩壊以後は橋本内閣が3年近くで、それ以外は2年を割っている。
バブル崩壊以後はずっと低成長だから政権が短命になりがちだ。
それでは、橋本内閣と小泉内閣の政権が続いた原因は何だったのか。
それは改革を標榜して、予算を削減する意欲を持っていたことだ。
その他の政権で予算を削減しようとする意思を持っていたところがあるだろうか。
どこもないと思う。
だから支持率が落ちまくるので、議員が離反し政権が崩壊する。

国民が望んでいることは、予算削減なのだ。
デフレ環境下において、人々はよりお得な買い物をしようと必死の努力をしている。
国民は政府に対して税金という金を支払い、公共サービスを購入しているが、それは最大の支出品目になる。
だから、政府に対しても、予算が同じならば効用を増やして欲しいし、効用が同じならば予算を減らして欲しいのだ。
ただし、公共サービスの品質を上げることは難しくわかりにくいので、普通価格の低下しか求めない。
増税をするかどうかは関係ない。
まっとうな人間は借金をすれば、最終的に支払わざるを得ないことを知っている。

実際予算削減の努力は人気が出る。
鳩山内閣の事業仕分けは人気があった。
橋下市長の人気があるのは、少なくとも大阪府、大阪市の予算を削減しようとする意思を示していることだ。
今回の都知事選挙では猪瀬氏が400万票を超える歴代最多得票数で当選した。
猪瀬氏は国のシステムの無駄を指摘することに熱心だったし、高速道路の改革で実績を挙げている。
この努力を国民が評価したのだ。

私の目には、国民が望んでいることはほとんど自明なのに、それと反対方向に行く政策を実行する総理が愚かだとしか思えない。
国民の望む方向と反対に舵を切れば支持率は下がるに決まっている。
だからみんな短命だったのだ。

安倍政権も財政支出を拡大すれば支持率は下がる。
安倍政権は10兆円を超える補正予算を提案し、2013年度予算案では71兆円の歳出枠を取り外そうとしている。
歳出拡大の方向に舵を切っているわけだ。
支持率は下がるしかないと予測している。

もっとも、今回の予算増加はいい誘い水になって、成長を促進する可能性もあるとは思っている。
そろそろ経済が自然反転する時期だから、いい一押しになるかもしれない。
ただ結果がすぐに出なければ、国民は失望するだろう。

私が政府に望むことは、とにかく予算を削ることだけだ。
それ以外は全て我慢するつもりだ。
それだけしか望んでいないのに、期待し過ぎと言われれば反論するしかない。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

二大政党制では対立軸を勝手に変更してはいけない

2012.12.17 Mon

20:48:49

相変わらず不調な気がする。
カラ元気も元気の内というから、とりあえず何でもいいから文章をつむいでおこう。

昨日選挙があった。
マスコミの予想通り自民党大勝となっている。
民主党が60議席を割ってきたのは予想外か。
たくさん負けるとは思っていたが、マスコミ予想を覆すほど負けたのは意外だった。
比例投票数では、2009年が2984万票、今回2012年が962万票で2000万票以上減っている。
今までのシステムを覆して欲しい願いを持つ国民が2000万近くいて、それが今回民主党から離れたのだろう。

民主党が負けた原因としては、マニフェストを達成できなかったことを指摘している人が多い。
けれども単にマニフェストを達成できなかっただけならば、これほど負けなかったような気がする。
前回の選挙で民主党に投票した人々もマニフェストうんぬんよりも、反自民党で投票した人が多かった。
だからマニフェストの達成度もそれほど重視していない。
マニフェストが民主党の目指す目的であって、その方向に進んでいるならば国民はそれほど怒らなかっただろう。

民主党が失敗したのは、マニフェストをいい加減に扱い過ぎたことだろう。
達成することを全然考えずにマニフェストを作成し、それを平気で破っていった。
達成できないのは我慢できても、目指す方向が全然違うというのは完全に違反行為だ。
消費税増税はその最たるものだ。

二大政党制というのは、時の総理が最善の政策を実行するものではない。
二大政党は基軸政策の賛否によって、国民を二つに分割するものだ。
だから政権党は党の原則に基づいて、国民が予想できる政策を実行しなくてはならない。
総理大臣が個別に政策を評価してぶれていては、国民は実行される政策を予想して投票できなくなってしまう。
消費税増税が正しい政策であったとしても、それを判断するのは国民であって総理大臣ではない。

小泉元首相が使い捨て政治という言葉みたいなことを言っていた。
二大政党制は使い捨てにされる議員、政党、総理大臣であるべきなのだ。
たとえ間違った政策であっても実行すれば、国民は投票した責任を負う。
間違った政策を実行すると、当然議員、政党は責任を問われるわけだが、間違った政策を公約したのが原因だから仕方がない。
そこで使い捨てにされるべきなのだ。
そうすることで、初めて国民は自分たちの投票を安心してゆだねることができるようになり、自分たちの投票に責任を持つ。

もちろん、未知の状況で公約等がない場合はある。
その場合は個人の能力で対応してもらえばいい。

民主党はマニフェストが破綻した時点で、自民党が批判したように解散総選挙を行うべきだった。
そうすれば少なくとも、国民に誠実と受け止められる余地があった。
負けるのは仕方がないけれども、このような大敗は回避できたかもしれない。
自民党と連携して、民主党を分裂させるというのは、明らかに対立軸自体を壊している。
国民からすると、一体何を信じて投票できるのか。
民主党が大敗したのは必然であり、二大政党制の根幹を壊した野田総理はやはりだめ総理としかいいようがない。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

野田総理は失格だ

2012.12.12 Wed

21:51:10

なんかもう全然書けなくなってしまった。
しかたがないので、野田総理の悪口でも書こう。

民主党の敗北はほぼ確定的みたいだ。
マスコミは100議席割れは確実で、70議席割れもありそうという予測を出している。
小選挙区での地すべり的な敗北も大きいが、比例の議席数減少もはなはだしい。
前回87議席取ったのが今回は30議席を少し上回るぐらいという予測だ。
無党派層の支持を完全に失ったのだろう。

民主党の敗北の原因は目標が反自民だけだったことだ。
民主党は自民党を倒すために生まれた政党だ。
勢力争いのため自民党から追い出された議員や元々自民党の政策に反対していた勢力が、小選挙区制だということで結集した。
でも綱領一つもできなかったように、あまりにも政策が一致していなかった。
だから一つ政策を実行しようとしても、内部が割れてしまう。
総理の人気がなくなれば足の引っ張り合いが激しくなる。
そのために総理を誰がするかによって、政策が大幅にぶれてしまった。
結果民主党を支持していた勢力のほぼ全てから、総すかんを食ってしまったと思う。

民主党の敗北を前提として、未来を予測してみるとあまりいい気分になれない。
安倍総理は前回のことを考えると頼りなく感じる。
リフレ政策にしても本当にわかっているのか疑わしい。
輪転機でお札を印刷すればいいなどという話を聞くと実に不安だ。
参議院選までには人気を落とすのではないだろうか。

問題なのは安倍政権の支持率が低くとも参議院選に勝利する可能性だ。
たとえ支持率が低くとも、他の政党がばらばら状態だと自民党が勝つ可能性は高くなる。
もっとも、参議院の選挙区は1人区だけではない。
それなりに人数の多い選挙区があることも考えると、自民党が絶対に勝つとは言えないのかもしれない。
支持率が高くて選挙に勝って政権が続くのはあきらめがついても、支持率が低いのに選挙だけ勝って政権が続くのは納得できない。
民主党が分裂したのは、自民党の好き勝手な政権が続く可能性を作ってしまった。

そう考えてくると、野田民主党代表が消費税で民主党を分裂させたのは致命的な問題だったと思う。
この分裂でたぶん次期総選挙では、自民党に対抗する政党は生まれないだろう。
そうすると必然的に自民党政権が続くことになってしまう。
政権交代の可能性がない選挙は好ましくない。

民主党がだめだったのは、政権を守るために妥協をするという精神の欠如だ。
小選挙区制では、政党にとって二大政党に入るかどうかが決定的に重要になる。
二大政党と見なされれば、与党が敗北するときには野党代表の党が勝利して政権を担うことはほぼ確実だ。
だから、自民党がほぼまとまっている状況では民主党は割れてはいけなかった。
野田総理は選挙で勝たずに総理になった以上、自分の政策を貫くよりも党の団結を優先すべきだった。
自公と手を組んで、自党を割るというのは党首としての自棄行為だ。
消費税法案で実際の税率を上げるのが2014年であることを考えると、どう考えても急ぐ必要がなかったと思う。

野田総理の消費税増税法案にかけた熱意は、そもそもマニフェストになかったことからも論外だ。
野田総理としては消費税増税は絶対に実現すべき政策だったのかも知れない。
しかしマニフェストにない政策をいきなり持ち出すのは、明らかに混乱を招いている。
安倍政権の元で消費税増税法案の撤回もありえるかもしれない状況だ。
有権者の意思を明確にするような選挙をしなければ、いつまでたっても混乱が続く。
時の総理がどう思おうとも、選挙のたびにマニフェストを提出し、勝った政党がそれに沿って政策を実現していくことが一番スムーズに行く方法だと思う。
結局野田総理は総理としても、党首としても失格だ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

野田総理は嘘つきだ

2012.10.22 Mon

21:32:46

前原大臣は、国債発行法案と衆院の定数是正法案が通ったら野田総理は議会を解散する、と言ったらしい。
引っ掛けにしか見えない。
野党が国債発行法案と衆院の定数是正法案を通したら、そんなの知らないと野田総理は言うのだろう。
野田総理は解散時期について不明確な発言を続けている。
とにかく言質を取られないようにと必至だ。
本当に解散する気があるならば、なぜ解散時期、あるいは条件を明言できないのか、その理由がわからない。
条件や時期を明示したら、普通は解散せざるを得なくなる。
それを嫌っているとしか思えない。
「近いうちに解散」と言って、もうずいぶんたつ。
つまり、「近いうちに解散」というのは、近いうちに食事でもしましょうの意味で、実は解散する気は全くなかったのだ。

今思うと、谷垣自民党総裁と会談したころ、野田総理は消費税増税法案を通すことに必至だったのではない。
消費税増税を重視するふりで、内閣を延命したのだ。
たぶん消費税増税に内閣の命運をかける振りをしていなければ、もっと早く野田内閣の命運はつきたことだろう。
それが消費税増税法案を通すことに全てをかけている振りをすることで、みんなをだましてしまった。
私もだまされた。
てっきり消費税増税法案が通れば花道を飾れたことで解散総選挙をすると思っていた。

ところがどっこい、最初からふりだったわけだ。
選挙前の演説では消費税増税に否定的だったのが、総理になったら消費税増税を一心に目指していった。
てっきり財務相になって真面目に国家財政のことを考えたら、消費税増税が必要だと改心したと思っていた。
そこが高度な作戦だったのだろう。
財務省の支持を取り付けることで内閣基盤の強化を図り、なんとなく消費税増税法案を通すことに全てをかけているムードをかもし出した。
一内閣一事業とかいうように、内閣の命運をかけた法案に必至になっていると、その法案に絶対に反対でない限りは花道を飾らせてやろうという意識が働く。
与野党ともに野田政権に反対しづらくなる。
そんなわけでずるずると野田内閣は続いてきた。

しかし、今後はそうもいかない。
野田総理が嘘つきであることはみんなもわかってきた。
政権を延命するためなら、なんでもするのだ。
だとしたら、あいまいな解散時期では絶対に納得しないことだろう。
政策は何も動かなくなる。

今後の展開はどうなるだろうか。
野党が国債発行法案を徹底的に反対し続ける。
ここで世論が与野党どちらを支持するかが勝負になる。
野田政権の支持率が下がるならば、民主党内で野田総理への批判が強まるだろう。
そうすれば不信任案が通って決着が着く。
それに対して、野党を批判する声が多くなるならば、野党が折れそうだ。

私の予想では、野田総理は赤字国債発行法案が通ったら解散すると明言することになる。
そして、通ったら「あれは嘘だ」と言うだろう。
その位、野田総理には絶望している。
全国民に自分が嘘つき野郎であることを知らしめて、消えていってもらいたい。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

安倍自民党新総裁の選出に困った

2012.09.26 Wed

21:36:47

困った。
自民党の新総裁に安倍氏が選出された。
次期総選挙では自民党に投票するつもりだったのだが、安倍氏が再度首相になるというのでは話が違う気がする。
安倍氏が総理だったときに、造反議員を自民党に復党させたのは未だに許せない。

その時の感想で発表しなかった文章が次だ。

引用開始

安倍首相が郵政造反議員の復党を認める決定を下す。
支持できない。
郵政民営化に反対したからと言って、今現在賛成に回っていれば戻す事もいい。
それ自体が反対ではない。
問題はなぜ今かと言うことであり、この決断の安易さである。
大義名分がないというのは、新聞でも批判している。
特にそれを緩和するような策を取ってもいない。
しかし、復党反対のアンケート調査は出ている。
つまり、安倍総理の復党を認めるという判断は、支持率低下を我慢してまでも貫き通すべき何かが無いにもかかわらず、実行されているのである。
これに私は安倍総理の安易というかおごりを感じる。
たとえば、衆議院の落選者で参議院に鞍替えしたい候補者の復党を認めるならばわかる。
しかし、衆議院の当選者の復党を認める意味はない。
無所属だと資金繰りが苦しいからなどと言う理由は、国民には全く関係がない。
結局、安倍総理の自分にシンパシーを感じていた人を救いたいという、自分の私情を優先しているとしか思えない。
私情を優先していては総理はできない。
引用終了

総理大臣というのは選挙に勝ち、自分にとってもっとも重要な政策を実現していくのが目標でなくてはならない。
選挙の勝利のためでもなく、重要な政策の実現のためでもないことにコストをかけるのは、甘すぎる。

けれども、人間は成長する。
安倍氏も過去の失敗を反省して、政治家として成長しているのかもしれない。
でも私にはどうも不満が目につく。

たとえば河野談話の見直し論だ。
安倍氏は今回の総裁選での討論で、次のような話をした。

引用開始

「河野談話の核心をなすところは強制連行。朝鮮半島において家に乗り込んで強制的に女性を人さらいのように連れて行く、そんなことは事実上証明する資料はなかった。子孫の代に不名誉を背負わせるわけにはいかない。新たな談話を出すべきではないか」
引用終了

私も従軍慰安婦は強制でなかったという考え方なので、見直しできればその方がいい。
しかし前回総理のときも、河野談話を見直そうとして失敗し、かえって踏襲することを余儀なくされた。
泥沼化することが必死な問題にわざわざ挑戦することが総理として正しいのか、他にもっと重要なことがある気がする。
なんというか大事と小事の区別がついていない。

安倍氏が総理となった場合目指すべき政策に尖閣諸島の実効支配の確立というのがある。
安倍氏は尖閣諸島に人員を配置するつもりだと明言している。
私もこの政策自身は賛成だ。
けれども実行すれば中国からの反撃は物凄いものがあるだろう。
その場合韓国と無意味に対立するのは望ましくない。
二方面で同時に戦うより個別撃破を目指すべきだからだ。
だから少なくとも最初は河野談話は放置しておいた方がいい。
こういうのは私には普通の戦略に見えるのだが、どうもその判断ができないように見える。
私の政治理解のミスかも知れないが、前回の総理のときの判断を考えると能力不足の気がしてならない。

総選挙のときどこの党に投票すべきか、困ったものだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る