異をとなえん |

GPS将棋をプロ棋士が分析する

2012.06.20 Wed

20:57:10

記事を書こうと思っている途中で、いきなり面白い番組を見つけてしまったのでリンクだけしておく。

野月七段らによる生放送配信スタート

この前のコンピュータ将棋選手権を分析している。
GPS将棋の全ての対局を分析しようとして途中で終わっているみたいだ。
全部見れていないのだけれど、面白い。
後できちんと見ようと思う。

その中のコンピュータ将棋の分析部分で私の意見を書いておく。

コンピュータ将棋は飛車先の歩の交換を簡単に許す特徴がある。
飛車先の歩の交換の得をコンピュータは簡単に理解できないのだ。
コンピュータの評価関数は終盤のギリギリの局面でもっとも最適化されていなければならない。
結局そこが一番大事だからだ。
コンピュータは局面を深く読むことによって、強くなってきた。
けれども序盤ではいくら深く読もうとしても限界がある。
たとえば飛車先の歩の交換の得が30手先に評価関数の上ではっきり現れるとしても、20手先までしか読めなかったならばその得がよくわからない。
人間は飛車先の歩の交換の得を、先の局面がどうなるかわからなくても感覚的に理解できる。
そういうショートカットがコンピュータには苦手なのだ。

序盤向けの評価関数を整備する考え方もあるのだろうけれど、それをどう整備するかが難しい。
飛車先の歩の交換が悪いと簡単に教えたら、他の部分と不整合を起こしそうだ。
そうするとコンピュータにとって一番簡単に飛車先の歩の交換が悪いことを理解する方法は、読みをより深くすることだ。
マシンの性能が進歩すれば自然に達成できるので、プログラマーはそれほど問題視していないと思う。

コンピュータ将棋が人間と戦う場合、強化の最大のポイントはまず入玉模様の将棋だろう。
次に定跡をそのまま追随していたら、詰みまで整備されていてそのまま負けてしまうような将棋だ。
飛車先の歩の交換は致命傷にならずに、定跡から抜けられる点でむしろコンピュータとしては歓迎ではないだろうか。
今回のコンピュータ将棋選手権でfloodgate最強のponanzaが右玉模様の将棋に走ったのは、基本的に力将棋に持ち込みたかったからで、それは人間に対しても適用できる気がする。
人間としては飛車先の歩の交換から、最後の詰みまで研究しておけばいいのだろうけれど、それは難しい。

故大山名人は悪いという結論が出ている定跡をあえて指したという。
少しぐらい悪くても相手が研究していない局面に誘導した方が力の差が出やすいと見たのだろう。
コンピュータもそういう考えにいたりつつある。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント

289

勘違いしていませんか?
コンピューターが局面を評価するのには、特に序盤はプロの実戦から作った評価関数を使っていて
飛車先の歩の交換をしない手の価値はしっかり高くなっています
それでも飛車先の歩の交換をしない選択をするソフトがあり、そのソフトが勝ち上がってきているわけですから、定跡を外す意味でも
少なくともコンピューター同士の場合は間違っていないのです

290 Re: 勘違いしていませんか?

-さん、コメントありがとうございます。

でもコメントの主旨を理解できませんでした。

飛車先の歩の交換をしない手というのは、飛車先の歩の交換を許さない手なのか、それとも飛車先の歩の交換ができるのにしない手を指しているのか、よくわからないです。
私の記事からだと飛車先の歩の交換を許さない手のような気もするのですが、自信がもてないです。

飛車先の歩の交換を許さない手と解釈するとしても、次の文章の意味がわかりません。

引用開始
飛車先の歩の交換をしない手の価値はしっかり高くなっています
それでも飛車先の歩の交換をしない選択をするソフトがあり
引用終了

2行目は「それでも」で始まるから逆接の意味で、「飛車先の歩の交換をしない」ではなく飛車先の歩の交換をするでなくてはおかしい気がします。
「飛車先の歩の交換を許さない手の価値はしっかり高くなっています。それでも飛車先の歩の交換を許す選択をするソフトがあり」と解釈するならば、意味は大体通るのですが、それだと主旨がよく理解できません。
基本的に私の記事とほとんど同じ意味に見えます。
勘違いしている部分がよくわからないということです。

「それでも」の意味は文章の後にかかっているのかもしれません。
「飛車先の歩の交換を許さない手の価値はしっかり高くなっています。飛車先の歩の交換を許さない選択をするソフトがあり、それでもそのソフトが勝ち上がってきているわけですから」という風に解釈するわけです。
ただそれでは現状認識が根本的に異なります。
飛車先の歩の交換を許すソフトが勝ち上がっているのが現状だと私は思っています。
この現状認識が勘違いという主張なのでしょうか。
どうもわかりません。

そういうわけで、できればコメントをもう一度お願いします。
私の記事も不明瞭な部分があると思ってので、書き直してみました。
ほとんど同じような気もしますが、意味はよりはっきりしたと思います。

それでは。

299

夢綾さんは飛車先の歩の交換を許すことで形勢が少し悪くなるデメリットより力勝負になるメリットが大きいし、ソフトやハード進歩で飛車先の歩の交換を許さなくなるだろうから積極的な対策をしていないと推測している

ように私には見えますが 289さんには

夢綾さんが 対策するべきだ
と言っているように見えたのではないでしょうか 一切書いていないけど 
意見を書いておく→提案がある
深く読もうとしても限界がある→評価関数でどうにかする
このくらいずれた解釈をしたんじゃないかな

300 Re: 夢綾さんは飛車先の歩の交換

299さん、コメントありがとうございます。

引用開始<blockquote>
夢綾さんは飛車先の歩の交換を許すことで形勢が少し悪くなるデメリットより力勝負になるメリットが大きいし、ソフトやハード進歩で飛車先の歩の交換を許さなくなるだろうから積極的な対策をしていないと推測している

ように私には見えます
</blockquote>引用終了

その通りです。
自分の文章を後で読むと、何が言いたいのか自分でもわかりづらいことも多いのですが、一応そのような意図で書いています。
わかりにくいけど、なんとか読み取れると思っていました。

引用開始<blockquote>
289さんには

夢綾さんが 対策するべきだ
と言っているように見えたのではないでしょうか
</blockquote>引用終了

確かに私の言いたいことはわかりづらいですね。
基本的には、「なぜソフトは飛車先の歩の交換を簡単に許すのか」という疑問に対する、私なりの答えのつもりでした。
しかし、私はコンピュータソフトを応援しているので、提案と受け取れるような文章にもなっている気がします。
そこらへんがごちゃごちゃになっていることが、文章のわかりづらい理由でしょう。
疑問に対する回答部分とプログラマーへの提案部分をはっきり分けて書くべきでした。

プログラマーへの提案としては、次のようなつもりでした。

「飛車先の歩の交換を簡単に許すのは、ソフトの致命的な弱点になっていないし、むしろ詰みまで整備されているような定跡から逃げやすくなるのでメリットがある。
また読みが深くなれば、自然に飛車先の歩の交換を拒否するようになるはずだ。
だから、他の部分の強化を優先して、飛車先の歩の交換のみを拒否するような修正をすべきではない。」

記事を読み直してみると、実に意図の取りにくい文章だったなと思います。
299さんのコメントから、たぶん289さんには伝えたいことが伝わっていなかったのだ、とわかりました。
勉強になります。

それでは。

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら

464 続:GPS将棋をプロ棋士が分析する

昨日の番組を全部見たので、感想を書く。 GPS将棋のログを見た上での意見が聞きたかった。

466 飛車先の歩の交換をなぜ簡単に許すのか? - GPS将棋をプロ棋士が分析する(その3)

質問があり、前の記事の意味が不明瞭なので、自分の考えをもう一度書き直しておく。 まず、自分の言いたいことは次のようなものだ。 飛車先の歩の交換の得は短手数でわかるものではなく、長手数先に実現するものだから、今のコンピュータソフトの読みの深さでは飛車先の歩の交換の得を理解できない。 そのため簡単に飛車先の歩の交換を許す。 もう少し具体的に書く。 評価関数は局面の状況を静的