異をとなえん |

インフレの本質とは

2012.05.31 Thu

20:10:27

インフレというのは技術進歩の対価として発生しているのではないだろうか。
技術進歩は主として第二次産業で起こる。
第二次産業の生産性が上昇し、第二次産業の労働者の賃金が上昇する。
それと同時に全ての労働者の賃金が上昇していく。
第三次産業の生産性は伸びていないので、賃金の上昇は商品の価格に転嫁せざるを得ない。
これがインフレとなっていく。

近年世界全体でインフレ率が下がっている。
日本はなんとデフレだ。
これは世界全体で技術進歩が停滞しているからではないだろうか。

これだけ書いて頭が動かない。
なんか前に書いたような意見の気もする。
いつかリベンジすることを誓って、投稿だけする。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら