異をとなえん |

日韓野球戦

2007.12.03 Mon

01:18:26

野球は一発勝負だと実に熱いな。リーグ戦だと結局実力の差が最終的に出てしまうけど、一発勝負だとどちらに転ぶかわからない。点差が一点でも離れていても、一瞬に追い付く感じがあって実に怖い。

今日のオリンピック予選日韓戦は一点差で日本勝利という結果もさることながら、要所要所をしめているわりには韓国が実に粘り強くプレッシャーをかけてきて疲れた。韓国は強かったと思う。昔は日本が勝って当然だというイメージがあったが、もう全然そんなことない。相手に勝って相手が強いと思うのは、やっぱなかなかなものだ。

試合を見ている時は、この試合に負けたらオリンピックの出場はないと思っていたけど、どうも一位にならなくても二三位ならば世界予選があって、そこで勝てば出場できるみたいだ。はっきり言って、後が無いと思っているだけ、無茶苦茶緊張して見れたから儲けたけど、騙された感じがする。

それにしても、最後の上原は良かった。岩瀬が最後は締めていたけど毎回ランナーを出して苦しんでいるのに、三人できちっと終わって見直してしまった。

明日は台湾戦、リーグ戦勝ち抜けの条件は複雑そうだけど、負けても失点があまり大きくなければオリンピックに出れるようだ。ダルビッシュが完投して有終の美を飾るといい。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら

74 オリンピック野球日韓戦

日韓戦はやはり燃える。 序盤の一点を争う緊迫した戦いには、独特の重苦しさがあった。 星野監督は和田の交替時期を間違えたと言っていたが、 私には9回の最初の一点はともかく、その後の二点が余計な気がした。 ミスは痛い。 あの二点で勝負は決まったと思った。 し