異をとなえん |

ガラパゴス化とは何か? - ガラパゴス化は必然である(その11)

2011.01.18 Tue

23:59:09

今まで10回に渡って記事を書いてきたが、ガラパゴス化という言葉に対してきちんとした説明をしていなかった。
「続:ガラパゴス化は必然である」においては、ある国において独自の新商品が普及し、その他の国には広まっていかない現象と定義していて、それ自体はいいのだが、ガラパゴス化の本質を言いあてていない。
それでは、現在日本でガラパゴス化と呼ばれている現象の本質は何だろうか。
私は、アメリカ文明が活力を失いつつある今、それに代わって生まれようとしている文明の先駆的現象ではないかと考えている。

ガラパゴス化は独自の発展であって、世界に広まっていかないことを前提としている。
けれども、世界に広まるかどうかは結果であって、事前にわかるものではない。
ガラパゴス諸島での進化も、それが最終的に世界に影響を与えられなかったのは、その進化が世界に適用できなかったかどうかというより、単に世界に伝達する手段がなかったからだ。
生物はローカル性が強いから、他の地域では繁栄しない可能性は強いが、その結果についてはわからないはずだ。
日本で今ガラパゴス化と言われる現象も世界に広まらないと決まったものではない。
むしろ、私には世界に日本の影響力が増して、ガラパゴス化と言われる現象も着実に広まっているように思われる。

日本のガラパゴスケータイと呼ばれる携帯電話はスマートフォンに負けつつあるように見える。
しかし、ガラパゴスケータイの機能である、ワンセグやおサイフケータイなどは、スマートフォンに取り込まれて、新しい携帯電話として一つに統合されるようにも見える。
ワンセグやおサイフケータイの機能が残り、それが世界に普及するならば、独自の発展と言うよりも、明らかに先駆的な発展ではないだろうか。

物凄く中途半端な所だが、うまくまとまらないので、この項、続く。

関連記事
ガラパゴス化は必然である
中間まとめ - ガラパゴス化は必然である(その7)

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら

363 続:ガラパゴス化とは何か? - ガラパゴス化は必然である(その12)

前回、ガラパゴス化の本質を「アメリカ文明が活力を失いつつある今、それに代わって生まれようとしている文明の先駆的現象」と説明した。 この意味をもう少し考察したい。 ** 文明とは何か? まず、文明とは何だろうか。 文化がローカルな地域であるものに対して、むしろ普...