異をとなえん |

渡辺竜王7連覇

2010.12.16 Thu

03:23:43

竜王戦羽生名人が負けて、渡辺竜王の7連覇となった。
がっかりである。
全体を通して、羽生名人の方が常に序盤で悪くなっていた感じがする。
序盤の小さな差を着実に広げられ、普通の棋士なら二三回は潰れそうな将棋を力で持ち堪える。
力勝負は互角か、むしろ羽生名人の方が強いと思うのだが、元が悪かった分を回復できず負ける。
そんな将棋が多かった。
どうして、形勢が悪くなるのかわからないのだが、微妙に相性が悪いのだろうか。

不思議なのは、これだけ強い渡辺竜王が他の棋戦で振るわないことだ。
他の棋戦でも強いならば、「羽生の時代も終った、これからは渡辺竜王の時代だ。」と納得できるのだが、そうでないから、どうも渡辺竜王の将棋がまやかしっぽく見える。
他の棋戦は手を抜いているとしか思えない。

次の焦点は名人戦だ。
挑戦者が渡辺竜王になって、名人を取るようになれば、本当に渡辺時代の幕開けかもしれない。

関連記事
竜王戦5局目感想
竜王戦雑感

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら

404 将棋というゲームの死 - 名人戦羽生対森内

羽生が森内に負けて名人を奪われる。 最近流行の3連敗の後の4連勝かと思ったが、そうはならなかった。 羽生は振り駒で後手番となり、横歩取りに誘導する。 羽生らしい手が随所に見られる、手の広い難しい将棋にしているのだが勝てなかった。 羽生自体はインタビューでミスが多かったと言っているのだが、どうだったのだろう。 見た目には難しいのだが、ずっと先番の利を維持できていたようにも思える。 そうすると、振り駒で後手を引いたのがたたったのか。 最近将棋で3連敗4連勝が続けて出たのは、先番優位がか