異をとなえん |

Lat式ミクの秘密

2010.09.04 Sat

04:03:14

MMDの動画を見ていると不思議に思うことに、画面がアニメ的なことがある。
3Dソフトであるにも関わらず、なんていうか2次元的で、アニメみたいに平べったい。
セガが出しているゲームソフトPVの初音ミクが立体的なのと対照的だ。
2Dアニメ育ちの私は当然セガみたいな3Dっぽい画像には違和感を持ち、どうも慣れない。
MMDのアニメっぽい画像に親近感を持ち、いい印象を受ける。
だから、どうだって言うわけでもないが、私がMMDびいきなのには、そういう理由もある。
そして、なぜだろうという、そこはかとない疑問を持っていた。

なぜMMDがアニメ的なのか、別に理由について考えることもなかったのだが、Lat式について理由らしきものを示した動画を見つけたので、記事にしておく気になった。
Lat式というのは、初音ミクのあまたあるモデルの中で一番アニメ的なモデルだ。
アニメ的な画像がつぼの人たちには一番人気で、あざといと評価されている。
自分がカワイイことを意識している小悪魔っぽさが、いい感じなのだ。
下記がその動画である。

【MMD】ポリゴンの裏表についての話【初心者向け】

中身については良くわからないのだが、勉強がてら何回か見るのではと思う。
そして、美人な女性の正体は化粧がうまいからだという信念を補強することになった。
一つ疑問は減った感じもするが、MMDの他のモデルもLat式ほど凝ったことはしてなくても、やはりアニメっぽい気がする。
日本人が作るモデルだからだろうけれど、なんとなく興味深い。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら