異をとなえん |

鳩山首相はバカなの?

2010.03.16 Tue

04:19:13

最近の民主党はどうかと思う。
予算案を通せば支持率は上がるなんて、自民党が言ってきたことだろう。
その言葉を繰り返している。
麻生政権は金をばら撒いても支持率は回復しなかった。
子供手当てで金をばら撒いても、支持率は回復するわけがない。
子供手当て自体には賛成なので、今の状況はとても残念だ。
在日外国人で本国に子供がいたら、手当てを出すというのは、どうみてもおかしい。
世論の支持が得られるとは到底思えない。
別に民主党だって、そうしたいわけではないだろう。
それなのに、法律案の修正をしない。
柔軟性を失なっているとしか思えない。
あるいは、民意を理解できないのか?

一般的に、たとえ世論に逆らった決定だとしても、政治家が信念を持って実行するならば、それを支持する人々は多くいる。
けれども、信念を持たずに世論を無視するならば、致命傷になる。
信念を持たないのはいい。
政治家は人気商売だ。
食べていくためには、好き嫌いは言ってられない。
問題なのは、人気とりができないことだ。
子供手当ての問題しかり、高速道路の値下げ資金を使って建設促進など、私には人気を高める政策とは思えない。
固定票を取ろうとすればするほど、浮動票を失なう。
自民党の二の舞だ。

マニフェストの扱いもよくわからない。
民主党のマニフェストに期待して、民主党に得票をした人など、たいしているとは思えない。
それなのに、何故マニフェストに拘泥するのだろう。
高速道路の無料化など、世論調査では一貫して国民は否定的だ。
それなのに予算不足なのに拘る。
結局、鳩山首相は、信念がなく、民意も読み取れないので、とりあえず強力な主張をしている小沢幹事長の言うことを聞いているだけに見える。

そして、普天間基地問題がある。
私はたいした問題ではないと思っていた。
流れに身を任せておけばいいと。
けれども、鳩山首相は県外移転の主張をかなり強く言っている。
選挙戦の時の言葉を守りたがっている。
でも、指導力を発揮しているように見えない。
このままでは、5月末に決着できない場合責任を問われるだろう。
鳩山首相の意図がどうてあれ、辞職を求める意見が表面化してくる。
鳩山首相はいったいどうするつもりなのだろう。

小沢幹事長は辞任しろというのが多くの国民の意見だろう。
もっと前に小沢幹事長を解任していれば、支持率が下げ止まった可能性もあった。
今だと、たぶん遅いだろうけど。
人気取りのための政策もできないのはむごい。

民主党政権が混乱することは仕方がない。
けれども、その場合は人気取りの政策に走ってくれると思っていた。
逆に人気を落とす政策に走るとは、予想外だった。
こういう時に後悔しないよう、先の選挙では自民党に投票していたけど、それでもがっかり感がある。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら