異をとなえん |

「第4回MMD杯」感想

2010.02.24 Wed

04:00:32

とにかく書くというわけで、ブログを書いていない時期どうしていたかを記録しておこう。
正直な所、第4回MMD杯にはまっていた。
一応簡単に説明しておくと、MMDというのはMikuMikuDanceが正式名称で、初音ミクを動かすためのソフトに始まって、今や汎用の3Dアニメ作成ツールになっている。
MMD杯というのは、そのMMDを使った作品を投稿して、優劣を競う大会だ。

その大会を見て、なんというか目からうろこが落ちた。
感動のあまり、作品が投稿されているニコニコ動画に登録してしまった。
昨日、閉会式動画が投稿され、終了したのだが、作品の時間全部合わせると11時間を超えている。
こんなに凄くなっているとは思わなかった。

気にいった作品を一応紹介しておこう。

優勝作品はこれだ。
chaining intention
youtubeに山ほとコピーされていて、一体どれにリンクをはっておこうと迷うのだが、日中英3ヶ国語の字幕がついているのを選んでおく。
これが一番海外で見られているようだ。
統計を見ると、香港の音楽部門ではけっこう人気になっている。

作品自体は正統派PVの王道をいっていて、おしゃれだ。
バレエのシーンとか、指をくるくる回す所とかが、実に魅力的だ。
歌詞は意味不明だけれども、そこがまたおしゃれっぽい。
技術的にも手がこんでいて、優勝は順当な所か。

他の作品にも言及してみよう。
ボーカロイドM-1ぐらんぷり ミクandハク
普通に漫才である。
普通に面白い。
ボーカロイドでしゃべらせることが、ほぼ実現していることに感心してしまう。
声優がいらないでアニメ作品が作れるのは魅力だ。
もっとも時間はかなりかかっていそうな気がする。

発音の不明瞭さをカバーするために字幕をつけると、こういう作品になる。
UTAU事件簿-All Starts are the "M"
正確にはボーカロイドではなく、フリーのソフトで発声しているらしい。
ボーカロイド系以外のキャラクターは良くわかっていないのだけれども、一応きちんと落ちがついている作品になっている。
5分間のアニメ作品が普通に作れるわけだ。
一人で製作しているみたいだから、30分のアニメ作品もそれほど夢ではない。

物語として面白かったのは、次だ。
にんぎょひめ
制限時間に押さえるためにセリフが読み取れないのが、玉に傷だが、面白さはあった。
キャラが立っている分面白く感じられた。

papermoon
MMDはこういうこともできるのかという作品。
「みんなのうた」に良く出てくるような技でちょっと感心する。
汎用性があるかどうかはわからないが、これも発展の元だろう。

今回のMMD杯で感心したのは、正統派の作品が多かった所だ。
悪乗りやパロディ的な作品が多いイメージがあったのが、一蹴された。
パロディは好きだけれど、それだけだと成長していけない。
オリジナルな作品があるからこそ、パロディも輝く。
そういう意味で今後大きく飛躍しているように見える。
次の大会が今から楽しみだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント

234

前回の三回目からすごい作品が増えてきた。ただ、残念なのは凄い作品が増えすぎれば素人には敷居が高くなってくることだろうか。MMD界が盛況化するにしたがってアイマス界が衰えてきたことが気になる。未だ感情表現ではMMDはアイマスより劣るというのに。全般的ににこにこで面白い作品が出にくくなってきている。MMDはその中で唯一の希望か。

235 Re: 前回の三回目

tomoさんコメントありがとうございます。

> 前回の三回目からすごい作品が増えてきた。

私は第4回でようやくMMDに目覚めたので、その感じはピンとこないでいます。
受賞作を見る限りでは、記事にも書いているように題材が正統派になりつつあるのが違いで、技術的には素人には変わりがない気がします。

> ただ、残念なのは凄い作品が増えすぎれば素人には敷居が高くなってくることだろうか。

でも、発表する作品が増えていれば、それほど気にすることもない気がします。
新しいモデルとモーションを組み合わせるだけで作品になるならば、私もMMDをインストールしようかなと思ってますし、何よりもスカートの下が気になる。

> MMD界が盛況化するにしたがってアイマス界が衰えてきたことが気になる。

これは、関係しているのでしょうか。
MMDの中でアイドルマスターのモデルが活躍していれば、MMD界もアイマス界も盛況だという認識なのですが、それだと結構活況を呈しているように見えます。
アイドルマスターだけで盛況な時は、MMDの中のアイドルマスターよりずっと凄いということなのでしょうか。

> 未だ感情表現ではMMDはアイマスより劣るというのに。

MMDの中のアイドルマスターモデルは別という考え方なのかな。
最近、春香と伊織と千早が共演しているMMDを見ましたが、春香のできが今一つでした。
もう一つ可愛くない。
でも、伊織は悪くなかった。
純正のアイドルマスターの動画は見たことないけど、時間が経てば改善される気がします。

> 全般的ににこにこで面白い作品が出にくくなってきている。MMDはその中で唯一の希望か。

最近にこにこ動画に登録した人間にはよくわかりませんが、MMDは本当に凄いと思っています。
下記の動画は感動しました。
26分の長さが気になりません。
個人でこんな作品が作れる時代とは驚きです。

【探査機隼】 「イトカワをねらえ!」第二話【MMD】
ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm10301677

それでは。

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら