異をとなえん |

市場の転換点 - 今日の株式市場(2009/10/28)

2009.10.29 Thu

03:48:26

日経平均株価 10,075.05 -137.41 -1.35%
TOPIX 888.80 -6.68 -0.75%
上海総合指数 3,031.33 9.87 0.33%
NYダウ平均 9,882.17 14.21 0.14%
S&P 500種 1,063.41 -3.54 -0.33%

日本株は続落、景気不透明感で電機や不動産売り−中国関連も下げる

NYダウは少し上げているが、S&Pは下げている。
NYダウは多国籍企業中心で、
アメリカ経済の現状を反映していないように思えてきたので、
S&Pををメモに追加してみる。

日経平均は二日続けて100円以上下げていて、1万円台割れ寸前にまできている。
つい最近も1万円台を割っているから、
日本市場が完全に下げトレンドに入ったとは言えないだろうけど、
雰囲気はいやらしい。
アメリカ市場も下げていて、
ここが市場の転換点になっても不思議じゃない状況になっている。
欧州市場も全面的に下げだ。
世界連鎖安の様相を呈している。

この下げがある程度の下げになることは確実だろうけど、どこで止まるのか?
NYダウが3月につけた安値を下回れば世界大恐慌の再来に近づく。
10%ぐらいの下げで止まれば、普通の不況だろう。
株式市場の上げ自体が資産を膨らませ、ゆとりを作り出し、
景気を下支えしてきた。
3月安値までの下げを見過せば、間違いなく景気は暗転する。
アメリカ政府が、どう対応するか、見どころの多い状況で、興味深い。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら