異をとなえん |

中国の影 - 今日の株式市場(2009/08/21)

2009.08.21 Fri

04:03:34

日経平均株価 10383.41 +179.41(+1.8%)
TOPIX 958.59 +15.34(+1.6%)
NYダウ平均 9,279.16 61.22

今日の国内市況:株式が中国株高で反発、債券は先物が軟調−円は下落

東京市場は私の予想と違って反発する。
上海市場の上げの影響を受けたというのが解説だ。

引用開始

また、中国株との連動性はこの日も高かった。中国株の取引が始まる日本時間午前10時30分ごろまでは小高い水準でもみ合う展開が続いたが、中国株が上昇して始まると、先物主導で徐々に上げ幅を拡大。午後は中国株が一段高となり、日本株もこれに追随した。
引用終了

東京市場が上海市場の影響を受けているという指摘が最近目につく。
私はどうも信じられないでいる。
理由は二つある。
一つは中国の株式市場が景気を反映しているのか疑問ということだ。
どうも、数年前中国の高成長を続けているのに、
株式市場があまり上がっていないイメージが残っている。
もう一つは、日本の景気を支えるのは中国の輸出だが、
その輸出は加工されて結局アメリカに回っている。
だから、中国の景気と日本の輸出は連動していないのではということだ。

ただ、化学製品の輸出は中国に引っ張られていると聞くし、
建設機械のコマツも中国に売れていると聞く。
中国の内需目当ての日本の輸出も拡大しているのかもしれない。
中国のGNPも2010年には日本を追い抜く勢いだし、
日本の貿易相手国としても中国が一位になっている。
それらを考え合わせると、
中国の株式市場が日本の株式市場に影響を与えてもおかしくない。

上海市場では外国人は直接購入できない。
だから連動しているとまではいえないと思うが、間接的な関連がありそうだ。
少し注意してみる。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら