異をとなえん |

次期総選挙を前にして

2009.07.18 Sat

03:19:33

Meine Sache 〜マイネ・ザッヘ〜が、
いつのまにか再開していたので、リンクしておく。

その中の主役のいない劇場を読んでの感想。

小泉構造改革路線を支持した人間として、現在の状況は悲しいものがある。
どうやら民主党が勝つのは間違いない。
都議選の結果を見て確信した。
私は知らない悪魔より知っている悪魔のほうがまし
(Better the devil you know than the devil you don't.)
という格言に従がって自民党に投票するつもりだけど、ほとんどあきらめた。

心配なのは民主党の政策だ。
具体的に何をするか、はっきり言って見当がつかない。
マニフェストが今後出るだろうけど、あれはあてになるのだろうか。
個々の政策については、賛成できる部分も賛成できない部分もある。
ただ、賛否うんぬんよりも、どこまで本気なのか。
それがわからないと政策を真面目に論議することもできない。
民主党は信念に基いた政治でなく、世論によって、
ころころ変動する政治だと思うので、そのいい面が出ることを祈っている。

こんな状況になってしまった原因を考えると、
やはり最悪だったのは安倍内閣での郵政造反派の復党だろう。
あれが致命的失策だったと私は思う。
小泉首相があれほど労力と時間をかけて達成した成果を、
一瞬のうちに失ってしまった。
後は何をしたいのが、全然見えない政権ばかり続いている。
小泉路線は、たぶん誰もやりたくないのだ。
小泉元首相が非情と呼ばれたように、激しい対立を覚悟しなければならず、
争いは疲れる。
小泉元首相は5年勤めて、消耗つくした。
かと言って、そこから離れるのは、もっと怖い。
結局、口先だけの小泉路線になってしまった。

しかし、小泉路線を支持する人間は、まだかなりいると思う。
小泉内閣が最も低い時でも40%ぐらいを常にキープしていた。
次期首相候補に小泉純一郎の名前もまだ上がってくる。
それなのに、自民党にも、民主党にも、小泉路線を継承する人間がいない。
小泉路線を継承したい人はいるかも知れないけど、
まとまった核となっている人はいない。
確信を持って票を入れられる党がない。
それが悲しい。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら