異をとなえん |

長期停滞に関するメモ

2009.07.11 Sat

20:03:03

長期停滞の原因については、これまでも幾つか記事を書いてきた。
ただ、能力不足のせいか、書きつくせないことが多いので、
要点だけを今後の記事の参考にするために箇条書きしておく。

・長期停滞の原因は資産の下落にある。

・アメリカの大恐慌の時の資産の下落は、
モーターゼーションの影響に伴なう都市の地価の下落だと推定する。

・日本の「失われた十年」での資産の下落は、
人口縮小に伴う土地価格の下落だと推定していた。
しかし、日本の場合も、
モーターゼーションに伴なう都市の地価の下落かもしれない。
地方の都市の商店街が過疎化していることが、その表れである。

・資産の下落は全体の所得の減少を招き、結果として消費も減少していく。
これはさらに、賃金の減少を引き起こしていく。

・長期に渡って停滞が続く原因は、資産価格の下落、実質賃金の低下を、
人々は容易に認めようとしないからである。
仕方がなく納得するのに、十年近い年月がかかる。

・財政政策はきかない。
実質賃金の低下が必要なのに、低下を阻害する。

・リフレ政策はきかない。
インフレを起こすためには、賃金の継続的な上昇が必要である。
実質賃金の低下が必要なのに、賃金を上昇させようとする政策は矛盾している。

・長期停滞を阻止する手段は?
経済の縮小を認める、生活水準の低下を認める、
それらがあって始めて回復していく。
しかし、そんなことを簡単に認めるようでは人類はやっていられない。
完全に生活できない人を保護するのは当然として、
地道に状況を理解していくしかない。

・今回のアメリカの住宅価格の下落は、
エネルギー価格の上昇による郊外化の否定では?
もし、アメリカの多くの住宅に人が住まなくなるのであれば、
その資産価格の下落は甚だしいものになる。
その調整には非常に時間が、かかるであろう。

関連記事
なぜ日本のバブル崩壊後の停滞は長く続いたのか?
バブル崩壊後の長期停滞の仕組み

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら