異をとなえん |

ジンバブエでなぜインフレが起こったか?

2009.06.27 Sat

20:46:13

これは、「自国通貨建ての国債にデフォルトリスクはあるのだろうか?」
のNanashiさんへの一連のコメントへの回答です。
少し長くなったので、記事として独立させました。

> 返事が遅れました。

コメントいただけるだけで、うれしいです。
ありがとうございます。

> 私も少し言葉足らずでした。ジンバブエという名称はそもそも使ってはいけないんですよね。印象的にはインフレと言えばジンバブエかもしれませんが、そもそもインフレ問題に対する捉え方が現状の日本とジンバブエでは全く逆なんです。

Nanashiさんの一連のコメントを読んでみて、
意見の食い違いがどこらへんにあるかわかった気がします。
たぶんNanashiさんは財政政策積極派なのだと理解しました。
私はどちらかと言うと財政政策消極派です。
そこらへんの違いが、
ジンバブエを使ってはいけないという指摘になったのでしょう。
財政政策=公共事業の話は、いずれきちんと記事にしたいのですが、
なかなかうまくまとまらないです。
今回はジンバブエだけに話を絞ります。

> ジンバブエというのは別に国債を引き受けまくったわけでもなく、ムガベが自宅で通貨刷りまくったわけでもなく、国内が(まあさまざまな原因が重なり)供給不足に陥ったのがインフレの原因なわけです。で、日本は全くその逆で過剰も過剰な過剰供給状態なわけです。

ここから本論ですが、
ジンバブエが供給不足からインフレになっているという意見には同意できません。
どんなに供給不足になっても、
ああいう酷いインフレにはなりえるとは思いません。
1億倍とか1兆倍とかいったインフレは、
通貨の供給の増加があって始めて起こりえます。

ただ、私もジンバブエの実状を詳しく調べたわけではなく、
安易な例として使っているので、ちょっと反省したいです。
「ジンバブエというのは別に国債を引き受けまくったわけでもなく、
ムガベが自宅で通貨刷りまくったわけでもなく、」というのは、
確定的なのでしょうか。
少なくとも、高額紙幣の印刷をドイツに依頼しているとかいうニュースを、
読んだ覚えがありますので、
通貨を刷りまくっていることは確実に思えます。

通貨を発行しているのが、ムガベなのか中央銀行なのかは知りませんが、
要は政府=中央銀行が通貨量を増やしているわけです。
国内での物資の供給不足がインフレの発端でしょうが、
そこで通貨の発行を絞ればインフレを止めることができたでしょう。
そういう政策を取らなかったからインフレが発生しているわけです。

> そして日本が「供給不足」が原因でインフレになることは120%ありません。これが世の経済評論家がお題目のように唱える「デフレ経済」ですね。逆に、イギリスやアメリカの場合は供給不足によるインフレ懸念がジワジワ迫って来ているわけです。と言えばもうおわかりと思いますが、この件に関してはジンバブエという名称を使うことによって日本と英米の経済構造の違いが曖昧になってしまうのです。これでは今現在麻生政権がやっている経済対策の意味がわからなくなってしまう恐れがあります。

日本においても、公共事業の追加を続けていき、
需要が供給を上回ればインフレにはなると思います。
ジンバブエみたいなハイパーインフレにならないのは当然ですが。
しかし、アメリカやイギリスも「デフレ経済」に突入しつつあるので、
現在の財政赤字でもなかなかインフレにはならないでしょう。
アメリカやイギリスの経常赤字が、どういう風に働くかは、
読めない部分が多いですが、
それでもインフレの危険性が大きいとは思えません。
そういう意味では日本もアメリカもイギリスも同じだと思います。

現在の麻生政権の緊急経済対策には、それほど反対ではないですし、
現在の日本でジンバブエみたいなインフレは考えられないという意見には、
同意します。
けれども、政府の支出によって需要が供給を上回り、
その政府の支出を国債によって賄い、
それを無制限に中央銀行が引き受けていれば必ずインフレになるというのは、
どこの国も変わらないと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント

秘密のコメント

ブログ管理人への秘密コメントです

262 cheap coach bags

愛はこれまで知識の火災の光です!。@

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら