異をとなえん |

「ダブルラリアット」感想

2009.06.26 Fri

04:24:22

【巡音ルカ】ダブルラリアットに合わせてチャーハンつくるよ!【炒飯】

前にも聞いたことがあるけれど、今日改めて聞いてみていい歌だと思う。
ボーカロイド関連の曲の内、最速で100万ダウンロードというのもさもありなん。
違うバージョンやら、何やらで聞きふけってしまった。
特にこのネコのイラストと一緒だと、涙腺が刺激される。
歌詞とイラストが相乗効果を発揮して、
「回る」とか「手の届く距離」の解釈をしてみたくなる。
わかりやすい答えを喚起させる力が、凄いところなのだろう。
「孤独に侵食されたんだな。」とか言うセリフは山本周五郎だったろうか。
青べか物語 (新潮文庫)にあったような気がする。
年を取ると涙もろくなっていけない。
夢への望みをかきたてる歌にもかかわらず、
今日も安易に過ごしてしまったけれど、すぐに聞けるようにリンクしておこう。

ついでに、その歌の英語歌詞バージョン

ダブルラリアットの英語があったから歌ってみた - neko [With English Lyric]

「この手の届く距離」の部分の英訳を違えているのが、興味をひく。
英語歌詞バージョンの方が適切なんだろうけど、
想像力を刺激されるのは「この手の届く距離」としか言わない日本語の方だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら