異をとなえん |

グダグダ日記 成田羽田新線と足利事件と北朝鮮核爆発実験編

2009.06.10 Wed

02:52:36

またもや、日記でお茶にごしだ。
最近面白いと思った記事をリンクしておく。

成田−羽田の本命はリニア新線か既存線改良か

浅草線を短絡して、押上-泉岳寺間に東京駅を唯一の駅にして、
新線を作る計画が動いている。
この新線を作ると、東京成田間が30分台、東京羽田間が20分台ということで、
空港の使い勝手は非常に良くなると思う。
成田-羽田を繋げる需要はたいしたことがない。
だから、リニア新線などは机上の空論だと思うのだが、
そこらへんを含めて上記の記事は分析している。

なんか前にも一度書いたことがあったなあと思ったら、この記事の後半で言及していた。

<「足利事件」とDNA鑑定>佐藤博史弁護士に聞く(1/10)

無罪がほぼ確定した足利事件の話だ。
いろいろ書いてあって、読みでがあった。

その中に、被害者の遺留品に残されていたのは精液とはっきり書かれている。
しかし、マスコミ報道では、私の見た限り、たいてい体液と書かれている。
これはどうしてなんだろう。
体液と言うと私には、汗とかも含まれていると理解しているのだが、違うのだろうか。
マスコミ報道では、捜査担当者のDNAが紛れこんでいるかも知れないから、
全員チェックするという話があった。
しかし、精液だったら、偶然紛れこむわけがない。
一体何をチェックしようとしたのだろうか。

他にも、汗だったら偶然つくかもしれない。
だから、遺留品についていたDNAと菅家さんのDNAが一致しなくとも、
犯人である可能性は残る。
しかし、遺留品についていたのが精液なら、それは犯人のものに決まっている。
菅家さんが犯人の可能性はなくなる。

そこらへんを考えると、体液と精液の書換えはかなり重要な意味を持つ。
どういう意図でマスコミが体液と報道しているのか、私には疑問だ。

放射能物質検出されず 北朝鮮核実験ミステリー

2ちゃんねるでもスレッドが出ていたが、よくわからない事実だ。
核兵器を装った普通の爆発と徹底的に隠蔽して放射能物質が出ないようにするのと、
どちらの方が可能性が高いのだろうか。
素人には見当もつかない。
マスコミもこの件に関しては、全然事後報道がない。
しかし、重要な話なのでフォローが欲しいように思う。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら