異をとなえん |

グダグダ日記アクセス増加編

2009.06.04 Thu

03:45:55

困った時の日記頼み。

6月3日の表示回数が823となり、今までの最大値を越えた。
また、6月1日のユニークが436で、これも今までの最大値だ。
東亜備忘録からリンクされたことが全てだろう。
それと目次を作ったことで、他の記事を読んでくれた人もかなり増えた。
4月に目次を作った時は、かえってアクセスが減少してしまったのだが、
これは一つの記事が大きくなりすぎて、ブラウザが止ってしまったためだと思う。
少くとも私の環境ではかなり重くなっていた。
今回は、二つに分割したことで、重くなることもなくアクセスできたのだろう。
アクセスが増えると弱小サイトはやはり嬉しい。

他に何を書こうかなと思って、インターネットを検索していると、
日本視覚文化研究会に載っていない、
面白い海外の日本文化伝播紹介系のブログを一つ見つけたのでリンクしておく。

クールジャパン★cool japan〜ポップカルチャーの視点から

けっこう、まとまっているのと、意外に知らない資料を参照にしていて面白い。
一気に読める、気持ちのいいブログだった。
単に私の指向に合っているだけか。
その中で後でチェックしたいと思う記事をリンクしておく。

世界一の「一般人」がいる日本

日本の「一般人」の凄さを語っている。
知的エリートと一般人の差の少さというのは、
「世界は日本化へ向かう」シリーズの基本コンセプトなので、後で参照するつもりだ。

日本への憧れ、YouTubeへのコメントより

かなり熱いコメントが紹介されていて驚く。
こういうのを読むと、もっと日本に観光客を呼び寄せられれば、儲からないかと感じる。
頑張れ観光業。

マンガは世界にどう広がっているか01

「『をちこち(遠近)』という、日本で唯一の国際交流専門誌」
なんて雑誌の存在は始めて知った。
その内容を紹介している。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら

211 グダグダ日記ネットサーフィン編

池田信夫 blog経由で、日本のWebは「残念」 梅田望を読んだ。 感想を「世界は日本化へ向かう」シリーズの一部として書こうとしたが、 いろいろ膨らんで収束しないので、後のばしにした。 ネットでの面白い記事として、もう一つ。 かんべえの不規則発言 の2001年06月04日版...