異をとなえん |

北朝鮮はヤクザである

2009.05.28 Thu

02:59:22

北朝鮮が行動をエスカレートさせている。
核実験に始まって、ミサイル実験、韓国のPSI参加を宣戦布告とみなすと、
矢継ぎ早に挑発行為を繰り返している。
前回の核実験の時と違って、少し変な感じだ。
前は挑発行為に時間をかけ、やるぞやるぞと脅かしながら、実行した。
ところが、今回は実験前の脅しの期間がほとんどないまま、核実験をしている。
なにか微妙に狂っている感じがある。

昔、私には北朝鮮の行動は謎だった。
どういう行動原理を持っているのか、全然わからない。
最近の報道でも北朝鮮の行動は理解できないという意見をよく見る。
しかし、北朝鮮の行動原理は、彼らがヤクザであると仮定すれば、
極めてわかりやすい。
ヤクザは比喩というよりも、本質そのものだ。
北朝鮮は恐喝を家業とするチンピラヤクザなのだ。
暴力行為をほのめかす、あるいは実際に血を流す。
そして、金を出せと脅迫する。
核実験、ミサイル実験は暴力行為のほのめかしだし、
韓国との国境紛争で戦いが起こるのは、実際に血を流す行為そのものだ。
そして、やめて欲しければ、原油を出せとか、金を出せとか言い出す。
北朝鮮のソウルを火の海にするなどと言う言葉は、
ヤクザの脅しとまるで変わらない。

北朝鮮がヤクザであるならば、彼らの交渉方法は良くわかる。
ヤクザは一般市民に怖がられてなんぼの商売だ。
なめられたら商売上がったりなのだ。
だから、常に暴力に訴えようとする。
すごんでみせる。
命知らずなことを演出し、
切れたら何をするかわからない人間に見せようとする。
面子に固執して、金額の問題じゃないと言う。
だけど、本当に考えていることは金だけなのだ。

北朝鮮との外交交渉もそれと同じだ。
北朝鮮は他の国になめられまいと精一杯自分の国を大きく見せようとする。
強盛大国だとか言うのがそうだし、ソウルを火の海にするとか、
軍国主義者に打撃を与えるとかいう、表現もそのためだ。
相手がそのぐらいで怖がらなければ、実際に実行して示してみせる。
ミサイル実験、核実験も、
要は金を出さなければ核兵器を打込むぞと言っているわけだ。

恐喝なのだから、相互の利益などあるわけがない。
相手から奪い取ることだけを考えている。
損して得とれなどと言う、商売のような手法はない。
日本の拉致調査の依頼に対する回答なども、その表れだ。
言われたことを唯唯諾諾と実行するなどど言うのは、そもそも論外なのだ。
前回の合意の実行せあろうとも、その時点で再度代価を請求する。
それが交渉だと考えている。
信頼を積み重ねていけば、
より大きい利益を得るなどと言う発想は北朝鮮にはない。

北朝鮮がヤクザだとしたら、そこから何が言えるだろうか。
ヤクザをヤクザたらしめてるものは何だろうか?
それは、真っ当な社会には絶対に受け入れられないという絶望である。
北朝鮮がヤクザのような行動を取っている根底には、それがある。
北朝鮮も朝鮮戦争が終わったころは、まだ真っ当な国だった。
経済成長を韓国と競い、それに勝つことによって、
体制競争に勝とうとしていた。
けれども、経済が低迷し、北朝鮮を援助していたソ連も崩壊した。
生活水準はどんどん低下していった。
金日成が死んだ頃には、金正日は北朝鮮の体制そのものに絶望したのだと思う。
この結論に達したのは、私には少々驚きだった。
金正日の心理がいきなりわかったという意味でだ。
そして、核による脅しがアメリカのクリントン政権に対して成立したことで、
完全にヤクザ国家に変貌した。

だから、中国による改革開放の呼びかけには答えない。
そんなことをしてもムダだと思っている。
その根底には絶望がある。
北朝鮮は戦争を怖れないと、たびたび宣言している。
はったりではあろうが、同時に本当でもある。
何もかも投げだしてしまいたい破滅願望があるのだ。

では、北朝鮮との交渉はどうすべきなのだろうか。
今回の核実験の今後も含めて次回に書くつもりだ。

北朝鮮がヤクザであるという仮説は、2年以上前に考えついていた。
うまく文章に書けなかったので、ずっと後延ばしにしていたが、
今書かないと書くチャンスを失いそうなので、大急ぎでまとめてみた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら

200 続・北朝鮮はヤクザである

北朝鮮がヤクザ国家であることを前提として、 日本はどう北朝鮮を相手にすればいいのだろうか。 ヤクザが相手なのだから、基本的には映画「マルボーの女」を見れば、 どうすればいいのかはすべてわかる。 毅然とした対応を取り、相手とは基本的に交渉をしないことである。 ...

202 今危機が起きている理由 - 北朝鮮はヤクザである(その3)

今までの話で、北朝鮮がヤクザであると解釈すれば、 北朝鮮の行動原理が説明でき、その場合にどう対応するかの基本を説明した。 今回は、現在の事態について考えたい。 まず、北朝鮮がなぜ今危機を演出しようとしているのかだ。 理由は幾つかある。 しかし、重要なことは...

291 朝鮮半島戦争確率40%

朝鮮半島の情勢が緊迫している。 李明博大統領が哨戒艇の沈没を北朝鮮の潜水艦攻撃だと断定したことで、朝鮮半島は戦闘の危険につつまれることになった。 朝鮮半島がどうなるか、未来展望について書いてみたい。 まず、北朝鮮による潜水艦攻撃は意外ではなかった。 前の分...

331 朝鮮半島情勢雑感

朝鮮半島の話はどうも食いつきがいいようである。 アクセス数を稼ぐために、意見としてまとまっているわけではないが、とりとめのない感想を書いてみる。 今まで書いた内容と重複する部分があるかもしれないが、それは勘弁して欲しい。 ** 今後の予測 今後の予測をまた立...

542 北朝鮮の核実験は終わりの始まりとなる

北朝鮮が核実験の準備をしているらしい。 北朝鮮のミサイル発射や核実験は恐喝が真の目的だ、と私は推測していた。 金正日から金正恩に代替わりしたことで、その目的などはどう変わったのだろうか。 まず、恐喝はできなくなりつつ