異をとなえん |

韓国人はなぜ整合性を持った嘘がつけないのか?

2009.04.28 Tue

23:56:09

昨日の記事を書いた後、「消えた王国」のことを思いだした。
「消えた王国」というのは、韓国の小説で百済が滅亡した時代に焦点を当てた、
5巻からなるシリーズだ。
百済が滅亡した時代というのは、朝鮮に三つあった国、
新羅、高句麗、百済の中で新羅が朝鮮を統一した時代であり、
それに介入して唐と日本が戦った時代だ。
金春秋という新羅の王族が日本と唐をまたに駆けて外交活動をし、
ついには国王となる時代だ。
その時代の歴史小説で、韓国ではベストセラーになったと聞くと、面白ろそうである。
でも、つまらない。その理由は世界を作る力がないからだ。

話の発端は書き手が実は百済の王の子孫で、
それを証明する族譜を燃やしてしまったことから始まる。
ノンフィクション風に始まるので、ここらへんで苦笑してしまう。
その後、百済の歴史を調べるうちに、
日本に調査に行き、七支刀とか広開土王碑文の問題に焦点が移っていく。

七支刀の話では、そこに刻まれている年号が解読不明なのは、
日本人の発見者が歴史を捏造するために自分で削ったとしている。
そこはいい。
でも、そうしたならば、元の年号は何か気にならないだろうか。
私は気になる。
でも、その説明はない。

広開土王碑文の話でも、当然のように、日本の参謀本部が改竄したことを前提に話が進む。
そこはいい。
でも、そうしたら、
元の碑文にはどう書かれていて、どう改竄したか、気にならないだろうか。
私はなる。
でも、当然のようにスルーする。

その後、ノンフィクション風ではなくなり、歴史小説に変わっていく。
ずいぶん前に読んだので、どう切り替わったかなんて完全に忘れてしまったが。

その歴史の中では斉明天皇は百済の王の妹になっている。
小説だから、それはいい。
でも、そうすると百済と日本の関係はどうなっているかが、気になってくる。
彼らの親の時期には二つの国は一つの国だったのだろうか、
もし別々の国であったのならばどうして兄弟で国王と天皇になれるのだろうかとかだ。
その疑問への答えはない。
覚えている限り、斉明天皇の前の時代についての説明は何もなかった。
なんか本の後の方で出るのではないかと思ったことを覚えている。
もっとも、あまりにもがっかりして、
途中で読むのをやめてしまったので、後半に出るかどうかは知らない。

この作品は韓国ではベストセラーになったと聞いたのだが、
どうしてこの内容に魅かれるのか全然わからない。
小説という大きな嘘に、感動することを知らないのだろうか。
小説の魅力は、とてつもない大ボラを吹いて世界を作り出し、
その世界の読者を引き入れる部分だ。
韓国人には、
その整合性を持った世界を作り出す才能が完全に欠けているのではないだろうか。

昨日の番組と考え合わせると、
韓国人はとりあえずその場その場をしのげればいいと思って、
口から出まかせを言っている気がする。
口からの出まかせはいいとしても、
本当らしく見せるために整合性を持った世界を作りだそうとしない。
なぜか。
答えは整合性を持った世界がわからないのだろう。
歴史的事実をそのまま丸暗記して教育させるために、
原因があって結果があるといった世界がわからない。
斉明天皇が百済王の妹といったら、それだけを丸暗記して、
それ以外のことに興味を持たない。
そんな暗澹たる教育現場が想定できる。
なぜそんな教育になってしまうかは、よくわからない。
韓国儒学の影響が大きいとは思うが、
私のいい加減な韓国理解ではもう手に届く範囲ではない。
暗記重視の教育によって整合性を持った世界が理解できなくなっているというのが、
私の結論だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら