異をとなえん |

続リニア中央新幹線の東京始発駅構想

2009.04.07 Tue

23:54:45

昨日に引き続き、リニア中央新幹線の話をする。
とはいっても、題名を完全に裏切っている、もう一つの妄想だ。
リニア中央新幹線を大宮駅まで延伸して、始発駅を大宮駅にするというものだ。
これには、大前提として、北海道新幹線や北陸新幹線ができると、
東京大宮間がボトルネックになることを仮定している。
新規に作られた路線に列車を通すと、
東京大宮間で入りきれなくなってしまうからだ。
もっとも、JR東日本は、運用やら何やらでカバーするみたいで、
本当にボトルネックになるかどうかは、疑問の部分もある。
それでも東京大宮間が厳しい状況になうのは間違いない。
それに対応するために、新宿大宮間に新幹線を通そうという考えは昔からある。
新宿駅には、それに対応するプラットホームが準備されている。
リニアでの新線は、この案の変形になる。

それでは、リニア中央新幹線を大宮駅まで延伸する利点は何だろうか。
まず、一番の利点は始発駅での乗り降りにゆとりが持てることだ。
東京駅には、空間的にゆとりが少ない。
結果運用が厳しくなる。
新幹線が折り返す時、
物凄いスピードで客を降ろして、掃除して、客を乗せなければならない。
事故が起これば大変だ。
延伸すれば、大宮での始発になるので、施設を広くとれると思われる。
プラットホームは地下に作るしかないだろうけれど、東京駅ほど混み合ってはいまい。

もう一つの利点は、速度の短縮だ。
東京大宮間は、当時の建設の経緯によって、スピードが制限されている。
騒音を出さないようにするために、非常に遅い。
東京から札幌に行く場合、時間短縮のネックになる。
ここをリニアですっとばせれば、大幅に時間の短縮になるはずだ。
大宮での乗り換えが発生するが、その分以上の時間を稼ぎ出せると思う。

そう思って実際の数値を調べてみた。
東京大宮間の距離は大体30km、現在かかっている時間は21分ぐらい。
たぶん、リニアなら加減速あっても10分以下になると思うが、
乗り換えには少なくとも10分を見なくてはいけない。
そうすると、リニアにする価値はほとんどない。

他の利点は何かあったと思うが、浮んでこない。
まあ、需要さえあれば、その他は些事ともいえる。

ここでリニアと普通の新幹線を比べて、
リニアの方がいいという意見を書こうとしていたのだが、
どうも考えてみたら普通の新幹線の方がいい気がしてきた。
新たに作る線が新宿大宮、あるいは東京大宮にしても、
乗り換えなして進めればリニアにする意味はほとんどない。
新設すればどちらにしても、地下で作らざるを得ず、速度は今よりも十分早くなる。
結局、リニアの方の建設費+運用費が普通の新幹線より安くなければ、
ほとんど意味がない。
東京大宮間で新設するとしたら、
傾斜が余りにも急になるのでリニアでないと動かないなどという理由がなければ、
リニアは無用となる。
東京駅の運用の問題も、二階建てにすれば、ある程度余裕ができる予定なのだから、これ
も理由にはならない。
書いても意味がない意見になってしまった。
でも一応書いたので投稿する。

関連記事
リニア中央新幹線の東京始発駅構想

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら

264 新品川駅案 - リニア中央新幹線の東京始発駅構想(その3)

リニア中央新幹線(以下リニア新線と略)の東京始発駅についていろいろ書いてきた(その1、その2)けど、新しい案が浮んだ。 東北縦貫線が完成すると、田町車両センターが大幅にあく。 田町車両センターは品川と田町の間の泉岳寺の隣の所だ。 グーグルの地図で見ると鉄道の線が大量にひいてあ...