異をとなえん |

なぜ日本の成長率が一番悪くなっているのか?

2009.03.21 Sat

02:42:19

IMFの予測によると、2009年の各国の成長率は日本が一番悪くて、5.8%の減少だ。

日本の09年成長率、マイナス5.8% IMFが再び下方修正


 【ワシントン=米山雄介】国際通貨基金(IMF)が世界経済の成長率見通しを再び下方修正した。2009年の日本の実質成長率はマイナス5.8%と、今年1月の見通し(マイナス2.6%)から一段と悪化。世界全体もマイナス1.0―マイナス0.5%と、戦後最悪だった1月の見通し(プラス0.5%)をさらに下回り、マイナスに転落する。

(略)
 米国、ユーロ圏の成長率も1月見通しのマイナス1.6%、マイナス2.0%から、それぞれマイナス2.6%、マイナス3.2%に下方修正した。10年については、世界経済は1.5―2.5%のプラス成長に緩やかに浮上すると予想している。 (19日 23:43)



日本が金融危機から一番遠いと言われながら、
なぜ日本の成長率が一番落ち込むのだろうか。
日本銀行の説明を読むと、まあ大体はわかる。

日本の景気の落ち込みはなぜ米国よりが大きいのか−日銀が謎解き

要は、アメリカが需要の減少を輸入の減少によってカバーし、
その輸入の減少分だけ輸出が減って日本の成長が落ちている。
理解はできるが、納得できない。
それでは、金融危機の影響が日本に一番出ていることになるのだろうか。
そうではない。
こんな風に考えてみよう。
資産1億で所得1千万の人アメリカさんと、資産5千万で所得500万の人日本さんがいる。
それが金融危機によって、アメリカさんは資産1億が8千万になり、
所得1千万が980万になった。
日本さんは資産5千万が4900万になり、所得500万が475万になった。
所得だけを比べてみると、日本の減少の方が大きいが、
実際に苦しくなっているのは明らかにアメリカさんだ。
今年の成長率は日本の方が悪くても、時が経てば、資産の価格が回復しない限り、
それに合わせて消費が減り、最終的には所得も減っていくだろう。
そうなれば、アメリカより日本がましという感覚には合うことになる。

もっとも、幾ら他の人よりましだと言っても、所得も資産も減っているのだとしたらうれしくはない。
反転はできないのだろうか。

下記のように、IMFの予測では、2010年も日本の成長率は0で、欧米の成長率はプラスになっている。

09年世界経済成長率は-0.6%に、日本は-5.0%=IMF高官


(略)
 テルミナシアン氏が明かしたIMFの成長率予想の内訳は以下の通り。

2009年  2010年

世界経済 -0.6 2.3

米国 -2.6 0.2

ユーロ圏 -3.2 0.1

日本 -5.0 0.0

英国 -3.8 -0.2

カナダ -2.0 1.2

G7 -3.2 0.2


納得できない。
一体、どの部分が成長をプラスにできるほどの需要を創出できるのだろうか。
逆資産効果による消費の減少分を政府が補うくらいで精一杯ではないのか。
そうか、つまりはそういう理屈で、輸入が減った分だけプラスの成長率になるという話か。
話がうま過ぎる気もするが、これはこれでありなのかもしれない。

ただ、その場合日本の成長率が低すぎる気もする。
なんらかの経路で日本の輸出が増えないだろうか。
公共投資を増やすにしたって、労働者を雇うだけではない。
設備や機械を購入する必要がある。
世界にもっとも資本財を供給しているのが日本である以上、その分輸出が増えるはずだ。
結果日本の成長がプラスになってもおかしくはない。

ところで、他力本願思想しか、日本が成長する道はないのだおるか。
バブル破裂後、日本の景気は低迷し、2002年ごろから持ち直した後も、
日本の成長はほとんど、輸出分だけだった。
その輸出分が消えたから、成長ががくんと落ちている。
では、輸出中心の成長が失敗だったかというとそうではない。
輸出によって利益をだいぶ蓄えることができた。
バブル破裂後の資産の毀損を、ようやく回復できてきた。
だから、個人消費は上向いてきているように見える。
この不況で、一時的に減少しているが、落着けば、また増加してくるのではないか。

経済の明るい兆候を読む 内外経済が底入れに向かう兆しに注視を

上記のように明るい兆しを見つけている人もいる。
資産効果による長期の影響を、経済学は取り込んでいるように見えない。
トレンドの変化は単純な予測線上にはない。
トレンドが変化したのだとしたら、未来に対してそんなに暗い予測を持たないで済む。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント

107

たしかに、米国と日本のGDPの詳細を比べてみたら、輸出入以外は全部米国の方がおちこみがひどいです。

あと、IMFもそうだけど向こうのインテリは基本的に日本が嫌いなんでしょうねえ。白人以外の人種が世界第二位の私情じゃない市場を握っていることが気に入らないんでしょう。

今や日本よりも深刻な状況に置かれたイギリスなんて少し前までJapainなんて日本を馬鹿にする特集を有名経済誌が組んでいましたし。

108

 国連も戦敗国(日本やドイツ)に対して低評価ということは聞いたことありますね。(本当かどうかは不明ですが、すみません)

111 外国の悪意

あかさたなさん、くらむぼんさん、コメントありがとうございます。
どうも怠けてしまって返答が遅れてすいません。

二つのコメントに一度に答えるのは失礼かもしれませんが、
同じことが言いたくて一緒に書きます。

あかさたなさん
> あと、IMFもそうだけど向こうのインテリは基本的に日本が嫌いなんでしょうねえ。白人以外の人種が世界第二位の私情じゃない市場を握っていることが気に入らないんでしょう。

> 今や日本よりも深刻な状況に置かれたイギリスなんて少し前までJapainなんて日本を馬鹿にする特集を有名経済誌が組んでいましたし。

くらむぼんさん
>  国連も戦敗国(日本やドイツ)に対して低評価ということは聞いたことありますね。(本当かどうかは不明ですが、すみません)

テキストメッセージから悪意を受けとってしまうのは、良くないと思います。
テキストで自分の気持ちを表現するのは難しいですし、
イギリス人というのは皮肉屋さんが多いというから、
ちょっとしたユーモアのつもりじゃないでしょうか。
実際につきあえば、それは本当の悪意なのかもしれませんが、
私はできるだけ人の善意を信じたいと思っています。

インターネットのプロトコルにのっとり、
入力はできるだけ規格ギリギリのデータも受け入れるようにし、
出力はできるだけ規格に厳密に従う。
テキストのメッセージも、読み取る時は相手の善意を信じ、
書き込む時は読み手の事を慮かるものだと思います。

それでは。

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら