異をとなえん |

沸騰都市「東京モンスター」感想

2009.02.18 Wed

03:15:28

NHKスペシャル沸騰都市最終回「TOKYOモンスター」を見る。

なかなか、感想にまとまりがつかない。
東京が生まれ、住んでいる場所ということもあって、冷静に見れてない。
それはNHKの制作スタッフも同じだ。
他の都市と扱いが違う。
他の都市の場合は善し悪しは別として、異邦人からの観点だった。
その都市に初めて訪れた人の初見の感じを中心にして、番組が制作されていた。
それがその都市の一番の熱気を捉えていたのだと思う。
でも、東京は自分たちの住んでいる都市であり、異邦人という観点で見れてない。
だから、人々の熱気を捉えることに失敗している。
都市開発に力を注いでいる、三菱地所と森ビルの社長が出ていたが、熱さを感じない。

アニメはつまらない。
東京が誰の意志で拡張しているかわからないなどという話を、なぜ作れるのだろう。
馬鹿な事を言っている。
そんなの、東京都民を中心として、
東京に利害関係を持つその他の国民や外国人の意志に決まっているではないか。
一人一人の力は些細であっても、それがまとまることによって、
東京という大都市を動かしている。
他の大都市の場合も変わりないはずなのだが、それには気付かないのだろうか。

東京を、もっと実感を持って描いて欲しかった。
東京は大きすぎて、個人で把握する限界を超えているような所がある。
私だったら、他の都市と比較することで、その実感を目指した気がする。

ドバイのビル開発は驚異的だった。
世界のクレーンの3分の1が集っている風評も、もっともらしい。
東京のビル開発はどうだろうか。
ドバイと比較することで、東京のエネルギーが実感できるのではないだろうか。
たとえば、開発しているオフィスの床面積を比較してみる。
高層ビルの棟数や海の埋め立て面積を比較してみる。
そうすることで、何かが見えたのではないだろうか。
私の予想ではオフィスの床面積は東京の方が多いが、他は少いだ。

ロンドンは何を比較するのかが難しい。
流入している外国人の数を比較することはできるだろうが、
東京がロンドンよりかなり少ない結果が見えているので、面白みは足りない。

ダッカ、イスタンブール、ヨハネスブルクとの比較は、
東京の沸騰がこれらの都市の沸騰と性格が違いすぎて、困難だ。

サンパウロとの比較だったら、ヘリコプターとかヘリポートの数だろう。
個人所有のヘリコプターの数では、東京は全然足りてないだろうが、
全体のヘリコプターの数だったらどうだろう。
わからない。
本当に比較して欲しい。
ヘリポートの数も、東京の高層ビルの屋上は結構ヘリポートになっているので、
いい勝負なのだろうか。
サンパウロがヘリコプターに頼らなくてはならないのは、
そもそも交通渋滞がひどすぎるせいで、
東京でそういう比べかたをするのは意味がないけど。

シンガポールだったら、バイオ科学者の数で比べたらどうだろう。
数自体では、シンガポールは東京よりずっと少ないだろうけど、開発費だったらどうか。

番組の最後で東京の夜景が写っていた。
国際線のパイロットはニューヨークや香港よりも東京の夜景が美しいと言う。
この話はよく聞くけど、ちゃんと裏が取れている話なのだろうか。
そして、実際に夜景比べをしてみて欲しかった。
東京の夜景が美しいのは、たぶん都市の広がりが最大だからだ。
国際線のパイロットが見ているアングルからの映像によって、
それが実感できたのではと思う。

期待して見ていた番組なので、少し悪口になってしまった。
でも部分部分は面白い映像もあって楽しめた。
アニメは余計だけど、漫才は悪くない。
「関東屈指の大都市、東京」というのは笑った。

関連記事
「沸騰都市 第1回 ドバイ 砂漠にわき出た巨大マネー」感想
「沸騰都市 第2回 ロンドン 世界の首都を奪還せよ」感想
「沸騰都市」の残りの都市は?
「沸騰都市ダッカ」感想
「沸騰都市イスタンブール」感想
「沸騰都市 ヨハネスブルク」感想
「沸騰都市 サンパウロ」感想
NHKスペシャル沸騰都市「シンガポール」感想

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら

166 沸騰都市「TOKYOモンスター」感想再び

ブログにアクセスしてきている検索ワードを見ると、 「沸騰都市 東京モンスター」が多い。 でも番組のタイトルは「TOKYOモンスター」で、 これだけローマ字が入っていた特別な回だ。 それを記事を書くときには意識していたのだが、 なぜか記事のタイトルは今見ると「東京モン...