異をとなえん |

「沸騰都市 ヨハネスブルク」感想

2009.01.26 Mon

02:30:36

沸騰都市、えらく長い間を置いての再開。
ヨハネスブルクとまた微妙なラインをついてくる。
正直いって、単純に都市を拡大するよりも、
前回の都市のその後を見たい気がしてならないのだが、
制作の都合上、そうはいかないんだろうなぁ。

今回の内容は、アパルトヘイトが停止して以降、中産階級にのし上がった黒人たちの物語。
彼ら彼女らは、「黒いダイヤ」と呼ばれ、中産階級というより、十分上流階級に見える。
特に政権に密着している人間は、その感が強い。
女性でマンガン鉱山の持主は、なんというかひどい感じ。
最初に今後のマンガンの価格動向について質問をしたときには、
撮影用のやらせの質問かと思ったのだが、後の話を見ると本当っぽい。
マンガンの価格動向の未来予測を、取材がある時に部下に聞くオーナーってどうよ。
普通のオーナーは毎日価格チェックをしつつ、今後の需要供給について、
頭を悩ましているもんじゃないのか。
不思議に思っていたら、なんてことはない、
政治活動をしていた人間への優遇措置として、
マンガン鉱山の権利を貰った人間というだけだた。
明治維新の時の武家の商法を思い出した。
投資資金が足りず、まだ生産を始めてもいないのに、
自分たちの仲間である株主に多額の配当をしているし、
なんかダメダメな感じだ。
苦労しないで手に入れた金は簡単に失うと、その女社長をいっていたけど、
言うのは簡単なんだよな。
自戒の念をこめて、そう思う。

南アフリカは資源がたくさんあって、ある意味何もしなくても金が手に入る。
鉱山業自体は、もちろん能力が必要だが、
それに税金をかけたり、あるいは今回の話のように特権を与えることで、富を分配できる。
不幸なことだ。
あぶく銭はいいことをもたらさない。
日本に資源がなかったこと、水とか大事なものはいっぱいあるけど、
そういう資源ではなくて、他国に売るこたができる資源があまりなかったことは、
本当に運が良かったと思う。

NHKスペシャル|沸騰都市(全8回)

NHKの番組紹介を見ると、後半4回の都市は、
ヨハネスブルク、サンパウロ、シンガポール、東京だ。
前に私が予想していた、
凡庸な上海、モスクワ、ニューヨーク、東京に比べて斬新な気がする。
特にサンパウロは、なぜ選んだがよくわからなかったけど、紹介を見ると、
ある意味交通問題をヘリコプターで解決しているみたいでちょっと驚く。
多くの人間の移動には使えないだろうけど、金持ちにはそれで十分なのか。

全体として、世界で沸騰している地域という話になっていて、
都市の部分が弱いと感じるけど、残り3回楽しみたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら

162 沸騰都市「東京モンスター」感想

NHKスペシャル沸騰都市最終回「TOKYOモンスター」を見る。 なかなか、感想にまとまりがつかない。 東京が生まれ、住んでいる場所ということもあって、冷静に見れてない。 それはNHKの制作スタッフも同じだ。 他の都市と扱いが違う。 他の都市の場合は善し悪しは別として、異...