異をとなえん |

「疑惑」感想

2009.01.25 Sun

00:38:46

今日テレビで放送していた、有名な映画版のリメイク作品。
弁護士の役を岩下志麻から田村正和に変更している。
性別の変更は、よくある変更だが、これはありだと思った。

そして、テレビ欄に真犯人を変更するとあったので、
あの話をどう変えてくるのか興味を持って見守っていたが、
真犯人は変わっていなくて、拍子抜けした。
しかし、映画版の真犯人を、テレビ欄を書いた人は、
今回と違うと思っていることに気がついた。
私はそう解釈していなかったので、新鮮な驚きだった。
映画版は真実は藪の中で、はっきりしない所が味で、それが良かった。

今回は物語をきちっと解決させ、救いをもたらすような終幕にしている。
陳腐な感じがするので、今一つ評価できないが、これはこれで良しなのだろう。
実際、きちんとドラマを見るなんで久しぶりで、かつ緊張感を持って楽しめた。

田村正和の演技が古畑任三郎を引きずっていて、
新しさを感じなのが不満だが、
映画版、テレビ版、両方を比較して鑑賞する価値がある。
テレビ版で初めて見た人は映画版も勧めたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら