異をとなえん |

「明治維新を考える」立ち見感想

2009.01.09 Fri

22:18:40

「明治維新を考える」をざっと立ち見した。
雑誌なんかへの幾つかの論文をまとめたようで、全体としての関連は弱い。

後書きによると、大学の改革かなんかで、日本の歴史をやってきたのが、
他のアジア史の研究者と一緒になったとかいう話がでてくる。
その交流の中から比較史の観点が出てきたらしい。

明治維新は大規模な社会変動にも関わらず、死者が少ない。
また、日本の武士は特権を奪われるのに、たいして抵抗をしなかった。
条約を結んだだけで、社会が内乱状態になる。
これら明治維新の不思議をテーマとして掲げて、
答えやいかにと魅きつけられるのだが、
なんかよくわからない。
複雑系とか持ち出す必要があるのだろうか。
なんか羊頭狗肉な感じで、ちょっと惜しい気がする。

ただ、面白かったのはアメリカ人の歴史家ジャンセンの話で
著書の「坂本竜馬と明治維新」の紹介がいい。
勝者でもなく、敗者でもない観点から、明治維新を描いているということだ。
読んでみたいと思ったので、
これを忘れないために記事に書いている。

全然関係ない話だが、
最近ネットで私が面白いとおもった本の文庫版で、
本の中の謎についての解説があるという記事を読んだ。
謎の構造というか、そういうのに興味があったので、
文庫本を探そうと思ったら
書店で元々の本の題名をすっかり忘れていた。
記憶力がなくなっている。
だから、とにかく面白いと思ったことは、
できるだけブログに書いておこうと考えている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら

173 「坂本竜馬と明治維新」感想

マリアス・ジャンセン著「坂本竜馬と明治維新」を読む。 現代は「SAKAMOTO RYOMA AND THE MEIJI RESTORATION」。 前に誉められていた文章を見たので、それに影響されて読んでみた。 一読した限りでは、普通のことが書いてある。 「竜馬がゆく」とは違うとあったと思うのだが...