異をとなえん |

「国鉄最後のダイヤ改正」感想

2008.12.19 Fri

03:50:08

進士友貞(しんじともさだ)著「国鉄最後のダイヤ改正 JRスタートへのドキュメント」を読む。

国鉄が分割民営化される直前、ダイヤ改正に責任を持った当時の列車課長が、
タイトル通り国鉄最後のダイヤ改正の実態について語っている。
それと同時に、国鉄が分割民営化された当時の状況を描く話になっている。

いい所と悪い所がある本だった。
全体として読む価値がある本なので、まず悪い所から記述していく。

悪い所というが、物足りない部分は、
国鉄分割民営化の権力闘争的な部分を全部落としているところだ。
ダイヤ改正の部分に話をしぼっているからだろうが、微妙にわかりにくい。
たとえば、作者は経営計画室計画主幹から、
運転局列車課長にダイヤ改正の前に変わっているのだが、
変わった時点をはっきり記述していない。
時系列に沿って書かれていない部分があるので、いつのまにか変わっている感じがする。
その結果、列車課長の職務が見えなくなっている。

また、作者は民営化と同時にJR東海の取締役鉄道事業部運輸部長になっているのだが、
本文にその説明がない。
最後の著者紹介に載っているだけだ。
少くとも、民営化後のJRグループとしてのダイヤ改正に、
作者がどういう立場で関わっているのか明記すべきではなかったろうか。

全体として、国鉄全体の職務の構造や範囲、そういう大ざっぱな説明がないので、
指揮命令系統が見えない。
読んでいると、普通の階層に沿った指示命令ではなくて、
分割民営化を指導していったメンバーが勝手に動いている。
そんな印象を受ける。
作者は権力闘争的な部分を落とすために、わざとそう書いているのだろうが、
膜がかかったような印象だ。

それは、ほとんど実名のドキュメントなのだが、
一部仮名を使っていると述べていることからもわかる。
読んでいるかぎりでは、実名でまずそうな人はいない。
それでも仮名を使っているのは、隠された部分で遠慮があるのだろう。

不満な所は述べたので、後はいいところだ。
分割民営化によって、少しずつ会社が変わっていくところが面白い。
ダイヤの改正が、今後の会社の未来に直結することがわかり、段々と欲が出てくる。
自分の会社になる路線に新規の車両を入れようと努力する。
そんな描写が面白い。

また、ダイヤの調整についての民営化のJRグループでの協定の話が出てくる。
本の最初で、そのためにヨーロッパの状況を視察に行っているのだが、
鉄道という線路のつながっている会社を分割するのは大変だ。
ただ、同じことが国鉄と私鉄にも言えたのではなかろうか。
新幹線のダイヤをいじれば、それに連動して、
乗り換えなどのために、他の列車のダイヤも動く。
国鉄内部でその調整が大変な話が出てくるが、
私鉄も国鉄の駅に連結してる路線はあるはずだ。
しかし、私鉄に対する配慮というか、最終的には乗客に対する配慮はない。
逆に言うと、鉄道会社というのあ、ほとんと他の会社の線なんか気にしないのだろう。

さらに、ダイヤ改正によって、実質的な分割民営化が既に始まっていることがわかる。
新幹線の速度を初めてアップし、普通電車を一割近く増発する。
なぜ、民営化を前提にしなければできなったのか、
その点について作者は理由を述べないが、気になるところだった。

他にも、なんていうか些細な話が面白い。
山陽新幹線はJR西の路線になったが、指令センターは東海道新幹線と一緒で東京にある。
そのため、そこで働いている人は同じ部屋にいるけど別会社になっている。
だから、名古屋出身でJR東海に入りたがったけれど、職務の関係でJR西に回り、
定年後は名古屋に戻りたかったのに、
危く大阪の関連会社に回されそうになった人の話がある。
結局、名古屋に職を見つけたらしいが、そういう話が面白い。
高校のバレー部から陳情を受ける話もいい。

最後に自分の住んでいる会社のアパート名が、
「JR東日本社員アパート」に変わっているというのはしゃれた終わり方だった。

鉄道に興味がある人なら読んで悪くない本だ。

最後に目次は以下の通り。

はじめに
第1章 「日本はヨーロッパ大陸か」
一、国際列車、国境駅の実情調査
二、路線分割案の検討
三、国鉄独自案作成チームの発足
四、現実に直面した分割の道すじ
第2章 国鉄最後のダイヤ改正
一、明日が見えるダイヤの作成
二、ダイヤ改正の構想と実際
三、初めての新幹線スピードアップ
四、ダイヤ改正 産みの苦しみ
五、最後のタイヤ改正の基本原則
六、姿が見えた新会社のダイヤ
七、最後のダイヤ改正会議
八、混乱の中で実施したダイヤ改正
第3章 ダイヤ改正から新会社スタートまで
一、分割民営より先行した指令権の分割
二、輸送に関する会社間協定等の作成
三、日常の運行管理業務にも必要な会社間協定
第4章 新会社最初のダイヤ改正
一、分割民営化後のダイヤ改正はどうなる
二、最初のダイヤ改正がまとまる
おわりに

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら

138 TETSUDO.COMサイトからアクセスされる

自分のブログにtetsudo.comなんてところから、アクセスが来た。 「国鉄最後のダイヤ改正」感想 にリンクしているのだ。 のぞいてみると、鉄道関係の単語をネットで検索して、リンクのリストを作っているらしい。 将棋関係でリンクされたことはあるが、鉄道関係は初めてだ。 ...