異をとなえん |

麻生首相の医療発言を擁護する

2008.11.27 Thu

23:01:20

麻生首相が医療に関してまた失言をしたらしい。

「何もしない人の分何で私が払う」 高齢者医療に首相不満?


「何もしない人の分何で私が払う」 高齢者医療に首相不満?

 「私の方が税金は払っている。たらたら飲んで食べて(健康維持に)何もしない人の分の金を何で私が払うんだ」。麻生太郎首相が社会保障を議論した20日の経済財政諮問会議で医療サービスを受ける高齢者にこう言及していたことが、内閣府が26日に公開した議事要旨で明らかになった。
(以下略)


これを読んで、麻生首相は自分のような金持ちが貧乏人の医療費を保障するのは間違っているという
主張だと私は思った。

しかし、議事録を読むかぎりどうも違う。

内閣府経済財政諮問会議

平成 20 年第 25 回経済財政諮問会議議事要旨
P11の所


(麻生議長)
67歳、68歳になって同窓会に行くと、よぼよぼしている、医者にやたらにかかっている者がいる。
彼らは、学生時代はとても元気だったが、今になるとこちらの方がはるかに医療費がかかってない。
それは毎朝歩いたり何かしているからである。私の方が税金は払っている。
たらたら飲んで、食べて、何もしない人の分の金を何で私が払うんだ。
だから、努力して健康を保った人には何かしてくれるとか、そういうインセンティブがないといけない。
予防するとごそっと減る。病院をやっているから言うわけではないが、よく院長が言うのは、
「今日ここに来ている患者は 600人ぐらい座っていると思うが、この人たちはここに来るのにタ
クシーで来ている。
あの人はどこどこに住んでいる」と。みんな知っているわけである。
あの人は、ここまで歩いて来られるはずである。
歩いてくれたら、2週間したら病院に来る必要はないというわけである。
その話は、最初に医療に関して不思議に思ったことであった。
それからかれこれ 30年ぐらい経つが、同じ疑問が残ったままなので、何かまじめにやっている者は、
その分だけ医療費が少なくて済んでいることは確かだが、何かやる気にさせる方法がないだろう
かと思う。


真意は、不摂生な人間ほど医療費が多くかかって、健康予防に気をつかっている人から
金が流れるのはなにかおかしい、うまい方法はないのかということだろう。

私には真っ当な意見に思える。
元々病気がちな人はともかく、
日頃の不摂生が原因で病気になっている人に医療費をとめどなく注ぐというのは、
きちんと節制している人には釈然としないはずだ。
私はあまり節制している意識はないので、
病気になって医療費をたくさん貰ったら、なんか悪い気がするだろう。

元々病気がちな人と不摂生な人をどう区別するのか、
判断する方法は難しいと思うので、保険制度にどう生かすかは困難だろう。
しかし、そう思う事自体は全然悪くない。

それを、金持ち擁護と読ませるような新聞の報道はどうもいやらしい。
麻生首相を支持していいのか、わるいのか、いまだに判断がつかないけれど、
マスコミの最近の報道はひどすぎると感じる。

そういう声を挙げたくてブログに書いてみた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら