異をとなえん |

産業革命の必要条件 - 理想国家としての日本(その12)

2008.11.12 Wed

00:45:56

今まで、産業革命は同時に農業革命だと言う事を述べた。
その理由は、産業革命が社会全体の発展なのだから、
その当時の産業の大部分を占める農業が発展しないわけがないことだ。
では、農業以外の伝統的な産業はどうだろうか。

日本の明治維新後の産業革命では、伝統的な産業も発展している。
イギリスも発展していると思うけれど、資料がない。
中岡哲郎著「日本近代技術の形成」を読むと、明治政府が、
直接外国から導入した技術を使った製鉄所や紡織工場は役に立っていない。
技術の伝播などの影響はあるだろうが、利益を出す事業としては成功しなかった。
それに対して、伝統的な地域の産業は欧米からの技術を自分たちなりに咀嚼して、
成長していった。
その当時の博覧会などで、小さな発明が展示され、それが普及していくさまは
感動的である。

本の中では、日本が産業革命に成功した条件として、
当時の技術レベルが低くて遅れていた日本でも簡単に参入できる分野があった事を、
挙げている。
しかし、これは疑問だ。
付加価値を生みだす事は、技術レベルの差とは関係ない。
どのようなレベルでも、何らかの一工夫はでき、
付加価値を生みだす事ができるはずだ。
現在の第三世界でも変わらない。
下記の例は、それほど高い技術でなくとも役に立つ事を示している。

日本の「かまど」が世界で活躍、効率的で「腰も楽」と評判

日本の伝統的井戸掘削技術“上総掘り”をケニアに伝える

なぜ、簡単な技術でも役に立つのだろうか。
それは、本当に貧困な国ならば輸出する物自体が極めて少く、
稼げる外貨が少い。
結果として輸入できる物は限られ、本当に必要なものしか輸入できない。
先進国では、たいした事がない技術による商品で、安価でも、
輸入できないのだ。
だから、伝統的な産業は残り続ける。
その伝統的な産業に対して技術革新を起こせるならば、
それで役に立つのだ。

産業革命が、農業や伝統的産業の生産性の向上がなければ起こらないとしたら、
まず何よりも、農業や伝統的産業で革新の起こる条件を考えなくてはいけない。

それは、まず教育の普及であり、物流の整備であり、市場経済の普及であり、
法律の確立だ。
教育の普及がなければ、新技術の伝播は簡単にはできない。
物流の整備がなければ、新商品を各地に持っていくことができず、
いつまでも小さい市場のままだ。
市場経済が普及しなければ、広く世の中に売っていくことはできない。
法律が確立していなければ、トラブルがあった時の対応が難しい。

そして、何よりも私有財産の尊重だ。
金持ちになったら財産を没収してしまう社会で、
誰が必死に産業を発展させて金を儲けようとするだろうか。

アフリカやラテンアメリカで、いつまで経っても低開発国のままだという現象がある。
一人当りで、所得が減少している国も少くない。
だが、戦後どれほどの国が社会主義的な政策を取り、発展を阻害しただろうか。
財産が没収される恐怖が残っている国ならば、財産をスイス銀行に預金しても批判できない。
資本が外国に流出している国が発展するわけがない。

逆に言えば、明治維新後の日本が産業革命に成功したのは、
これらの条件が備わっていたからだ。
それらの条件を生み出したのは、日本の中世だと思う。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント

72 ■世界経済と米国経済危機、3つのシナリオ「今の金融危機は問題の“症状”であり、“原因”ではない」-日本の明治維新を思い出すとき!!

■世界経済と米国経済危機、3つのシナリオ「今の金融危機は問題の“症状”であり、“原因”ではない」-日本の明治維新を思い出すとき!!
こんにちは。最近ビジネスウィーク誌が、金融危機を脱するための3つのシナリオを出しました。そうして、一番良いシナリオは、イノベーションであり、特にアメリカが長期間にわたって大きな投資をしてきたバイオ産業、ナノテクの分野からイノベーションがおこることを期待するとしています。しかし、私はこれだけでは経済危機を乗り切ることは不可能だと思います。これを成就するためには社会的イノベーションが不可欠だと思います。これに関して、特に日本には非常に良いお手本があります。それは、明治維新です。これは、偉大な社会的イノベーションであり、世界に類を見ない無血革命だったと思います。今のこの時期こそ、明治維新を見直すべきです。私のブログでもつい最近オランダで発見された幕末の志士たちが一同に介したこの貴重な写真を掲載しました。素晴らしい写真だと思います。詳細は是非私のブログをご覧になってください。

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら