異をとなえん |

中国の中世 - 理想国家としての日本(その7)

2008.10.24 Fri

20:09:39

なんというか、円高がむちゃくちゃに進んでいる。
1ドル90円台って、見出しがあったから
99円から90円の間なのかと思ってしまった。
95円ぐらいから、いきなり90円になるなんて、なかなか思わない。
black everydayという言葉があるけど、本当そんな感じだ。
こんな時に昔の歴史の事を考えている私も、
呑気だと今さらながら思う。

中国における中世について考えてみよう。
かねて述べているように、中国は帝国モデルという事で、
農村の自立ができない。
常に上からの圧力で収奪が続いていく。

南北朝の時代とか、唐代末期とか、
地方の自立に向けた動きが見えない事もない気がするけれど、
遊牧民族の侵攻がそれを押し潰してしまう。
結局、いつまで立っても中国の農村は貧しいままだ。

王朝末期に農村から発生する反乱は、
中国名物だが個々の地域の自立の流れはない。
日本の江戸時代の一揆が条件闘争に近いのに対して、
中国の反乱は飢餓等で追いつめられ、
どうしようもなく立ち上がった感がある。
通常はたちまちのうちに鎮圧されるだろうが、
うまく武器などを手に入れると、都市を制圧して広がっていく。

ここで重要なのは、都市を制圧しないと武器を手に入れられない事だ。
日本の農村が日常的に武装しているのに対して、
中国の農村は通常は武装していない事になる。
実証研究していないから、そんなイメージを持っているだけだが。

中国は広いから、日本の古代の京都に値するような都市が各地にある。
そこには城壁があり、農村からの余剰農産物が蓄えられている。
都市自体は時代の進展につれて、各種技術が向上し豊かになっていく。
しかし、農村にはその恩恵が回らない。
余剰をすべて収奪されてしまうからだ。
余剰がなければ、資本として投入できないので生産性が上がらない。

結局、中国の農村はついに自立する事ができなかった。
明清の時代には鉄砲の時代になり、武装に要する手間が更に上がり、
逆に中央権力の軍事力が強化される事によって、
農村は戦う術を失っていく。
これが中国で中世が起こらなかった理由だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら