異をとなえん |

日本古代は帝国モデルか? - 理想国家としての日本(その5)

2008.10.23 Thu

04:15:31

落穂拾いになるが、日本古代は
帝国モデル
かどうかのテーマを考えておきたい。

国家の起源
で述べたように、国家は極めて小さい領域から生まれた。
現在で言えば村ぐらいのレベルだろう。
しかし、そもそもの国家の発端が戦争のためである以上、
戦争に勝った方が領域を拡大していくのは当然と言える。
この段階では戦争に勝った場合、大きな利益があっただろう。
負けた国の民を奴隷にする事によって、少くとも支配層の生活水準は向上する。
負けた場合の悲惨さの恐怖と、勝った場合の利益に対する欲望は、
戦争を先に仕掛ける事を当然とし、戦いが広がっていく。
結局、回りに敵がいなくなるか、
戦っても容易に決着がつかない敵と対峙する状況になる。

日本の場合、この時期は全国統一をほぼ達成し、
朝鮮半島に兵を出した頃になる。
神功皇后による三韓征伐の頃だ。
中国の場合は、秦による統一を達成した時期となるだろう。
しかし、秦は私の考えでは帝国モデルの典型である。
そうすると、日本の統一を標準モデルと解釈した場合、
理論の間にどう整合性を取るかが問題となる。
そんな事はどうでもいいという考えもあるだろうが、
まあ、なんというか理論として綺麗にしたいのだ。

考えているが、なんか、うまく結論が出せない。
問題提起した所で停止して、結論が出た時点で続きを書く。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら