異をとなえん |

「金融史がわかれば世界がわかる」感想

2008.10.17 Fri

20:42:56

倉都康行著『金融史がわかれば世界がわかる 「金融力」とは何か』を読む。
ちくま新書の金融史の本。

目次は以下の通り。

第1章 英国金融の興亡 地金からポンドへ
1 ポンドと銀貨の長い歴史
2 ポンドがめぐり英国経済はまわる
3 金が主役の時代へ
4 基軸通貨ポンドの誕生
5 英国金融の始祖「マーチャントバンク」

第2章 米国の金融覇権 ポンドからドルへ
1 英国はなぜ動脈硬化に陥ったのか
2 新興国アメリカの挑戦
3 世界を動かすウォール街の金融資本
4 遅れてきたFRB
5 ドル覇権の完成

第3章 為替変動システムの選択 金とは何だったのか
1 ブレトンウッズ体制の時代へ
2 変動相場制の幕開け
3 金本位制の終焉は何を意味するのか
4 変動相場制とドル不安
5 為替をめぐる欧州と米国のかけひき

第4章 金融技術は何をもたらしたか 進化する資本市場
1 先物取引の誕生
2 金融技術はどう利用されたか
3 膨張するマネーと米国金融の底力
4 市場リスクを管理するシステム
5 投資家は天使か悪魔か

第5章 二極化する国際金融 ドルvsユーロの構図
1 ユーロの驚くべき金融力
2 米国の金融覇権を支えるFRB議長
3 グローバル・バンクの再編劇
4 人民元がいよいよ表舞台に
5 日本の金融は生き残れるか

GDPの大きさが重要な経済力と違い、金融力と言うわかりにくい力があり、
その力によって経済の流れを説明しようとしている。
概略をさっと見るには、よくできた本なのだが、本質的な点に迫っていない。

たとえば、「規制による業務の分断や資源配分の非効率」(P228)が、
日本の金融力をそいでいるという批判がある。
一見もっともらしいのだが、具体的な事例がないとよくわからない。
日本国民が、資産のほとんどを貯蓄に回していて投資していない事を、
指しているのかもしれない。
しかし、現在の状況を見るかぎり、
日本国民が一番運用をうまくしているようにも見える。

作者が具体的に考えている事がわかっていないので、
的外れな批判かも知れないが、そういう部分の説明がないので、
言葉を上滑りしている。
最後のまとめみたいな文章にそう批判しても、作者には迷惑かも
知れないが。

突っ込みが欠けているのは、本全体にある。
「金融技術の発展は、金融システムの安定化に大きく貢献している」(P176)
と評価しているが、現在の金融危機の状況からみると、
リスクをごまかしただけだろう。
金融危機が発生する前の本への後知恵の批判だが、
要は本質的な事を十分考えていない、教科書的な本だ。

考えさせられた事もあった。
戦後のイギリスの停滞は日本の現在の停滞と比べられるものかもしれない。
表面的にはある意味似ているようにも見える。
では、何が違うのか、私にはよくわかっていない。
しかし、考える価値はあるような気がする。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら