異をとなえん |

地方分散派に問いたい事

2008.10.14 Tue

04:25:31

「地域切り捨て」感想
にトラックバックがあった。
地域切り捨て論への反論と解釈したが、
地方分散派の方には質問したい事があるので、それを書いてみた。

健康な高齢者になるゾ!  山村が崩壊する


片道一時間かかるような僻地とはいえ、そこで暮らし、耕し、育て、そして先祖伝来の家と墓がある場所に住みたい、そこで死にたいという年寄りの気持ちは誰にでも理解できると思います。


この気持ちは、わかる。


地方に仕事を作り出し、都会に暮す息子、娘が、田舎の親と同居できるような財政の裏づけを作れれば・・・・・・。残された時間は、ほとんどありません。

マネーゲーム経済が瓦解した今、地方への労働力の分散をテーマとした日本改造を打ち出すリーダーが出ないものかと期待しています。


しかし、これには納得できない。

なぜ納得できないかと言うと、八歩氏がコメントで書いてあるように、
地方に住むには,自動車を所有し運転せざるを得ない現実があるからだ。
自動車を所有するのは、とてつもない贅沢だ。
ここから書くのは
「日本文明・世界最強の秘密」
の言い直しに近いと思うので、私の意見が良くわからない方は本を参照にして欲しい。

地方で暮らすには自動車が必須となる。
これはアメリカや、日本の地方の現在の状況を見れば明らかだ。

地方の商店街が、ショッピングモールに負け、
みんなシャッター通りになり、廃れていったのも、
それなりに理由があったのだ。
自動車が普及すれば、たぶん選択できるショッピングモールが増え、
より良い選択をする買物ができる。
街の中心にある商店街では独占が成立して、価格・質が良くない。
鉄道で移動してショッピングなど、地方の運行本数が少い電車では、
現実的でない。
それらの理由が、ショッピングモールを発展させていった。
結果、さらに車がなければ生活できない地域になっていく。

地方分散を進めると言うことは、自動車を増やし、
ガソリンをより多く消費すると同義だ。
中国やインドと言った発展途上国の開発が進むにつれて、
今まで以上の量の資源が消費される。
原油を筆頭とした資源の消費量が増えれば、価格は高騰する。
今回の石油危機はその発端であった。
地方に仕事を作り、人口を分散させれば、自動車の必要性が増し、
ガソリンの消費量が増え、原油の輸入が増えていくことだろう。
日本の経済力で、なんとか輸入分の原油の代金を賄えても、
その場合発展途上国の人間がババを引く。
先進国の人間が、金に物を言わせて、
希少な資源を買い漁るのは望ましくない。
できれば、消費量を減らしていきたい。

地方分散派に問いたいのは、
日本という国が地方分散を進めた場合、
アメリカのように資源多消費型の社会になる事は必然だろう。
そのような社会を是とするのだろうか?

また、地球温暖化の問題がある。
二酸化炭素の排出量が本当に地球温暖化の原因なのか、
排出量取引は役に立つのかと、
疑問の点は数々あれど二酸化炭素を減らすのは現状では仕方がないと感じる。
政府も半減するという公約も掲げてしまった。

4-4 日本の部門別二酸化炭素排出量(2006年)

上記の各部門の直接排出量の図を見る限りでは、
生活水準を下げるなどと言うことをしないで、
排出量を減らすには、二つの方法がある。
一つはエネルギー転換部門の電力をできるだけ原子力に変更する。
全部変換すれば30%減らせる。
もう一つは運輸部門のエネルギー消費の内、自家用乗用車の部分を減らす事だ。

平成19年版 図で見る環境/循環白書

その中の運輸部門の二酸化炭素排出量の内訳(2005年)を見てみると、
自家用乗用車の部分が50%近くをしめている。
そこで、自家用乗用車を使っている人間が車を使わないで生活できる部門に移動できれば、
10%減らせる。

さらに省エネ化などの技術の進歩で10%稼げば、半減できる事になる。
理想的なパターンを言っているので、全部達成できる訳ではない。
発電を全部原子力に変更するのは無理だろうし、
自家用乗用車がなくなる訳はない。
しかし、車がないと生活できない地域に住んでいる人が、
車を必要としない地域に移住すれば、それだけで排出量は減る。

地方分散派に問いたいのは、
日本という国が地方分散を進めた場合、
二酸化炭素排出量が増えてしまうだろう。
そのような社会を是とするのだろうか?

年寄りを強制的に自分の居る地域から追い出せと言うのではない。
自分の住む場所を自分の好きなように決めるのは当然だろう。
死に場所も自分の好きに決めたらいい。
しかし、他人より贅沢に生きたいのなら、
それだけの犠牲を払うしかない。
限界集落に住むような贅沢な生活をしたいのなら、
見ず知らずの他人から援助を期待するのは間違っていると思う。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント

70 地方分散すべし

自宅は香川で東京に単身赴任しています。日本で一番悪いことは、メディアが東京に集中し、東京に住む方の耳障の良い報道しかされていないことです。管理者はマスコミの報道に汚染されています。
ガソリンは電気自動車等に変わる。電気は太陽光・風力・水力などの自然エネルギーで補えます。日本の自動車産業が発展し世界に貢献する事が悪いのでしょうか。
日本はこれからエネルギー革命・農業革命・物流革命が必要で、皆がローコストで生活出来る必要があります。発展途上国の様な首都圏の物流の悪さ(ガソリンを多く使う)や劣悪な生活環境(狭い部屋でエアコン無しでは生活できない)を普通に思う様なマスコミに騙されていますよ。

71

kioさん、コメントありがとうございます。
ちょっと、思いつかなかった反論なので刺激になり、うれしいです。
新しいエントリーを作って答えてみましたので、
また意見がありましたらコメントお願いします。

212 大阪や名古屋で吸い上げた金を東京が田舎などへばら撒かれてしまっている

はじめまして。初めて拝見しますが興味深いブログで
素晴らしい記事が多く楽しんで読ませて頂きました。
その中でデフレ肯定論(これは自由主義とこそ相性が最悪と考えます)と
韓国へのスタンス以外の多くはとても共感・賛同できました。
次が日本をリードする電気を基盤とする文明と明快に認識されている方が
他にいらっしゃったのが嬉しいです。

このエントリーも基本的に強く賛同したいのですが、
(「日本文明・世界最強の秘密」は私も愛読書です。)
知的にレベルの高い方でいらっしゃいますので
失礼ながらあえて期待して部分的に強く反論させていただきますw

1970年代以降の政治的な優遇での田舎への利益誘導が非常に問題で、
却って貧困層を含めて日本人を苦しめて来たのは事実だと考えます。
(ちなみにだからこそニュディーラーの正当化を抑えるために、日銀を解体し
 財政収入として円を刷りまくって減税し好景気にして公共事業を減らすべきでした)

それで曖昧だと思うのが「地方分散」の定義です。
民間経済セクターの比率が高く一番財政と権限の両面で最も冷遇されてきたのは大阪都市圏や名古屋都市圏です。
もっとも名古屋圏は田中派・経世会の巨額の道路整備優遇政策や工場三法などで間接的に利益を得た面はありますが。
そもそも日本が高度経済成長を終えて停滞を始めたのは、
大阪の経済中枢機能が首都東京に集中しだしたのと軌を一にしています。

日本のために田舎利権と首都利権の両方にメスを入れる必要があります。
そして東京以外の1〜6個程度の大都市圏の発展を促すべきで、
これを阻害する中央集権制度や都道府県制度を解体するのが国益です。
「面積的にはほとんどの」地方では都市鉄道網が基盤になりえませんし、
東京は「通勤五方面作戦」などで莫大な「国費」も投入してつくりあげた
稠密な鉄道網を前提としてさえ過剰な3500万人の人口を抱え、
長時間の先進国基準では殺人的な通勤ラッシュが解消できない。
地方ブロックごとにその州都の都市集積が進むのが合理的で自然ではないでしょうか。

もっともあるいは都市内交通で鉄道が大変有効な規模を少なくとも
人口1000万以上などと厳しく考えるべきなのかもしれません。
その上でもしも中央集権をあえて続けるなら、首都の位置は東京以外の大都市圏の内のどこか、
理想的には発展すればこれから人口が1000万を超える可能性のある都市に置くべきでしょう。
規模だけでは福岡くらいですが、防衛も考えれば仙台でしょうか。
小さすぎるなら大阪に遷都するべきです。

213 Re:大阪や名古屋で吸い上げた金を東京が田舎などへばら撒かれてしまっている

たーたん。さんコメントありがとうございます。

> はじめまして。初めて拝見しますが興味深いブログで
> 素晴らしい記事が多く楽しんで読ませて頂きました。

楽しんでいただけてうれしいです。

> その中でデフレ肯定論(これは自由主義とこそ相性が最悪と考えます)と
> 韓国へのスタンス以外の多くはとても共感・賛同できました。

デフレは肯定というか、仕方がない論です。
インフレの方がもちろんいいですが、政策では基本的に打開できないと思っています。
韓国に対するスタンスは、どう受けとめられたのでしょうか?
嫌韓ととらえられているような気はするけれど、一応スタンスとしては中立のつもりでいます。

> 次が日本をリードする電気を基盤とする文明と明快に認識されている方が
> 他にいらっしゃったのが嬉しいです。

「電気を基盤とする文明と明快に認識されている」というのは、ちょっと違います。
仮説としてぱっと出しただけで、自分としてはそれほど確信を持てないでいます。

> このエントリーも基本的に強く賛同したいのですが、
> (「日本文明・世界最強の秘密」は私も愛読書です。)
> 知的にレベルの高い方でいらっしゃいますので
> 失礼ながらあえて期待して部分的に強く反論させていただきますw

反論していただけるのは、とてもうれしいです。
自分の考えの間違いを教えてもらうために、書いているような物ですから。

> 1970年代以降の政治的な優遇での田舎への利益誘導が非常に問題で、
> 却って貧困層を含めて日本人を苦しめて来たのは事実だと考えます。

私も同意見です。

> (ちなみにだからこそニュディーラーの正当化を抑えるために、日銀を解体し
>  財政収入として円を刷りまくって減税し好景気にして公共事業を減らすべきでした)

金融政策の有効性を信じていないので、その意見には同意しかねます。

> それで曖昧だと思うのが「地方分散」の定義です。

私が地方分散派というのは、政府の力を使って人口をできるだけ都会から追い出そうとする政策の人たちです。

> 民間経済セクターの比率が高く一番財政と権限の両面で最も冷遇されてきたのは大阪都市圏や名古屋都市圏です。
> もっとも名古屋圏は田中派・経世会の巨額の道路整備優遇政策や工場三法などで間接的に利益を得た面はありますが。
> そもそも日本が高度経済成長を終えて停滞を始めたのは、
> 大阪の経済中枢機能が首都東京に集中しだしたのと軌を一にしています。

大阪から東京に経済中枢機能が移ったことは、停滞を始めた理由とは思えません。
政府の強制でなければ、企業が移動するのは、より儲けるためなのだから成長は改善すると思います。
政府の規制によって、東京に集中したという考えもあるでしょうが、未だに大阪に中枢機能が残っている企業もあることを考えると、基本的には企業の自由意志によって移動したのでしょう。

> 日本のために田舎利権と首都利権の両方にメスを入れる必要があります。

首都利権とは具体的に何でしょうか?
東京が首都であることによって、有形無形に利益を得ていることは確かですが、それはどの地域に首都が置かれても、その地域が利益を得ることと同じでしょう。

> そして東京以外の1〜6個程度の大都市圏の発展を促すべきで、
> これを阻害する中央集権制度や都道府県制度を解体するのが国益です。

1〜6個程度の大都市圏がベストという理由もないような。
では、どういう人口配置が日本にとって最善かと言いますと、政府が規制や援助をしなければ、自然と最適な人口配置になると思っています。

> 「面積的にはほとんどの」地方では都市鉄道網が基盤になりえませんし、

この地方というのは1〜6個程度の大都市圏以外という意味ですね。
これには同意します。

> 東京は「通勤五方面作戦」などで莫大な「国費」も投入してつくりあげた

ここらへんが首都利権という意味でしょうか。
しかし、国鉄の頃はほとんどの線が赤字でしたが、今ではこれらの線は黒字でしょう。
結果として、利益が出ていれば、妥当な投資だったと思います。
アクアラインみたいに、ダメな公共工事もありますが、あれはどこの地方にもある、ダメな公共投資の一つでしょう。

> 稠密な鉄道網を前提としてさえ過剰な3500万人の人口を抱え、
> 長時間の先進国基準では殺人的な通勤ラッシュが解消できない。

高度成長の頃と比べると、混雑率も少しずつ改善されています。
改善速度が遅いのは、東京都から地方に金が回っていて、その分の投資ができないのが、最大の原因でしょう。

> 地方ブロックごとにその州都の都市集積が進むのが合理的で自然ではないでしょうか。

そうなる可能性はあると思いますけれど、政府が法律で規制したり、補助金を出して、それを目指すことは反対です。

> もっともあるいは都市内交通で鉄道が大変有効な規模を少なくとも
> 人口1000万以上などと厳しく考えるべきなのかもしれません。

うまく文意が汲みとれません。
州都が人口1000万以上必要という意味なのでしょうか?
それとも、首都が人口1000万以上必要という意味なのでしょうか?
州都は人口1000万人必要という話に読めるのですが、この後では首都が人口1000万人必要という話に切り替わっているように見えます。

> その上でもしも中央集権をあえて続けるなら、首都の位置は東京以外の大都市圏の内のどこか、
> 理想的には発展すればこれから人口が1000万を超える可能性のある都市に置くべきでしょう。
> 規模だけでは福岡くらいですが、防衛も考えれば仙台でしょうか。
> 小さすぎるなら大阪に遷都するべきです。

東京圏に人口が集中しているのは、もはや首都機能とは関係ないと思っています。
だから、東京都民として移転すること自体はかまわないのですが、日本国民としては遷都が本当に必要か疑問です。
かかるコストに見合った便益があるとは思えません。
人口配置の最適化を目指すよりも、国民サービスをもっとも安く提供するには、どの地点に首都を持つのがいいのか、という観点で考えた方がいいと思います。

なんか、長い返答になってしまってすいません。
最初はコメントの趣旨に対する的確な反論を目指したのですが、うまくコメントの趣旨をとらえることができません。
そこで、コメント部分部分の逐次回答になりまいました。

それでは。

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら

119 続:地方分散派に問いたい事

地方分散派に問いたい事 にコメントがあったので意見を補足しておきたい。 自宅は香川で東京に単身赴任しています。日本で一番悪いことは、メディアが東京に集中し、東京に住む方の耳障の良い報道しかされていないことです。管理者はマスコミの報道に汚染されています。 マ...