異をとなえん |

「地域切り捨て」感想

2008.10.10 Fri

18:04:17

金子勝・高端正幸編著「地域切り捨て 生きていけない現実」を読む。
雑誌『世界』に2007年連載された記事をまとめている。
各記事はジャーナリストが地域ごとに取材して、ルポ草稿を書き、
高端氏が全国的な位置付けを書き、最終的に金子氏がまとめている。

目次は以下の通り。

はじめに
第1章 夕張破綻 もう一つのストーリー
第2章 民営化のツケ 誰がそれを払うのか?
第3章 “合併”症 国のモデルは破綻する
第4章 使えない介護保険 使わせない介護保険
第5章 原発のつぎは原発
第6章 命の値段 地域医療が壊れていく
第7章 兵糧攻め 追いつめられる自治体財政
終章 貧困化する想像力 地方から日本が崩れる

本の中では各章ごとにテーマを決めて、
地方が疲弊している状況を描写している。
地方自治体破綻、土地開発公社、地方自治体合併、介護保険、
原子力発電所、地域医療、地方自治体の苦しくなる理由などがテーマだ。

作者は、はじめにの中で、『「住めない地域から出ていけばよい」』というのは、
想像力が貧困だから地域の具体的の崩壊を理解できないとし、
無責任な言説と批判している。
しかし、私には、なぜこれが無責任な言説なのかわからない。
本の中には、地域から移住する事で解決する問題がたくさんあるように見える。
そして、具体的になぜ移住が問題なのかは示されない。

私は取材したわけでないから、移住すればいいと簡単に考えているが、
もしかしたら、いろいろ問題があるのかもしれない。
去年もかなりの人数が地方から都市に流れ込んでいる。
それらの人々が現状で生活に困っているとかだったら、
移住すればいいというのは、確かに無責任な言説と言える。
しかし、そういう話はない。
本の中では、地方に居続けている人たちが生活に困っているという話しかない。
結局、この本に対する最も本質的な批判を、最初から無責任だと決めつける事で、
ごまかしているとしか思えない。

第6章に、「命もお金しだいで決まるのでしょうか」(P119)という言葉がある。
作者たちは、この言葉に対して、
肯定しているのか否定しているのか、よくわからない。
私は、医療に金がかかり、それによって寿命が左右される以上、
命が金によって決まるのは、当然の摂理だと思う。

作者たちは、平等に医療が受けられるのは是としている気がする。
私が摂理だと言うのは、金持ちが優遇されるとかいう話ではない。
医療を全国民平等に受けられるようにするという考えでも、
その場合、受けられる治療行為は全国民の平均所得に依存する。
平均所得が低ければ、かかる治療も低くなる。
そういう意味で、やはり命はお金しだいで決まるのだ。
国民所得が低い国では、日本では簡単に助かる病気も助からない事があるだろう。
日本でもよりよい医療を求め続けるならば、所得を上げ続けるしかない。

逆に平均の医療行為では満足できない。
親にだけはお金をかけた医療をしたいと思い、
平均以上の所得があるならば平等な治療に反対する人が出てくるだろう。

どうであっても、よりよい治療を求めるならば、
より多くの金を稼がなければならないのは当然なのだ。

作者たちは、規制の解除を目指す思想は新自由主義として批判している。
しかし、規制のない自由な状況がより効率的なシステムを作る可能性は高い。
医療にしても、現行の状況が望ましいかは別として、
できるだけ、治療行為については市場で価格が決定される方がいい。
そして、貧乏だから受けられないような人には、直接所得を補助すべきなのだ。

文句をいろいろ言ったが、たくさん文句を出せる本だ。
そういう意味で読む価値がある本だと思う。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら

100 山村が崩壊する

私の住む、埼玉県の地方都市のはずれにある町をみると、都内から私鉄で30分ほどの距離ということもあり、近くに大学もあり、若い人たちがいろ...

101 地方分散派に問いたい事

「地域切り捨て」感想 にトラックバックがあった。 地域切り捨て論への反論と解釈したが、 地方分散派の方には質問したい事があるので、それを書いてみた。 健康な高齢者になるゾ!  山村が崩壊する 片道一時間かかるような僻地とはいえ、そこで暮らし、耕し、育て、そし...