異をとなえん |

日経の下げ - 世界経済が悲鳴を挙げている(その3)

2008.10.08 Wed

20:10:11

日経も連日連夜下げている。
今日は10%下げで、世界でも一番高いみたいだ。
他の国の事など笑っていられない状況だ。
唯一の救いは円高ということだ。
韓国みたいに通貨安と同時に株式安だと、
本当に国全体が傾むいてしまう恐怖が出てくる。
そうでないだけでも、幸せなのだろう。

これだけ下げている原因は何だろうか。
とりあえず、円高ということもあって、
外国人が売りやすくなっているのは確かにある気がする。
外国人は、かなり昔に安く買った株もあるはずだから、
円高もあいまって売却益が出ていそうだ。
現金が必要になって処分しなくてはいけない場合、
利益が出ているのは、とりあえず会計としては助かる。
ただ、本格的に現金が必要な場合、
評価益や評価損など言ってられないはずであり、
そういう意味ではなぜかと思う。
よくわからない所だ。

日経平均のこの値下げが、どんな影響を及ぼすかが心配だ。
個人で株を持っている人間はあまり多くない以上、
株が下落したからといって、損にはならない。
また、個人で株を所有している人は、
それなりに長く株をやっていそうだから、
すぐどうこうもないだろう。
企業の持分は、長期所有とかで、あまりいじっていなければ
短期の変動は気にはならない。
楽観的に考えれば気分を少し冷やすだけで、
実際はそうたいした事ない。

今日は気休めを言ってみた。
今日の日経の下げは、
もしかしたら本格的な下げに転じるなにか別の要因があるのかもしれない。
それはわからない。
いずれにしても、日時が過ぎるにつれて、
次第にわかっていくことだろう。
それにしても、そろそろ下げ止まって欲しいものだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら