異をとなえん |

アメリカ経済の危機

2007.03.20 Tue

17:28:55

アメリカの経常収支の赤字が凄い事になっている。

米経常赤字、昨年は8・2%増…5年連続で最大更新すでに記事はなくなっている。

 【ワシントン=矢田俊彦】米商務省が14日発表した2006年の米経常収支(季節調整済み、速報値)の赤字額は前年比8・2%増の8566億5500万ドルとなり、5年連続で過去最大を更新した。

 米国内総生産(GDP)比では6・5%と前年より0・1ポイント大きくなった。


感覚的には収入の6.5%を借りて暮らしている感じで、うまく行くわけないと思うのだがとりあえず何とかなっている。この理由についていろいろ考えているのだが、合点が行くものは今の所ない。調べたリンクをまとめておく。
「三つ子の赤字」でアメリカ経済が沈没する日
は基礎的な概観を得るのに手頃である。

統計的な基本資料はこれが便利なようだ。
世界経済の潮流 2006年秋

今後の動向は予断を許さないが、ドルが中国元と日本円に対してレートを維持し続けるならば、変化はないだろう。中国元とのレートの大きな変動は考えづらい。中国は溜ったドルへの対応をレートの変更よりEUなどの別通貨への運用で対応しそうである。そうすると、ドル円のレートが大きく動く時が波乱の幕開けとなる。

結論が当たり前になってしまった。もう少し勉強しよう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら