異をとなえん |

リーマンショック雑感

2008.09.17 Wed

00:48:08

リーマンブラザースが倒産した。
世界中の株式市場、為替市場が大荒れだ。
そのニュースを聞いて、心に浮かんだよしなし言を書きつづってみる。

米政府が見殺しにしたのは少し意外だった。
米政府は大手金融期間を、最終的には救済するだろうと予測していた。
見殺しにした事によって、他の金融機関が倒産危機に直面した場合、
米政府の助けはない事を前提にして市場参加者は行動する事になる。

当面の焦点のAIGは、政府の助けがなければ簡単に破産してしまいそうだ。
保険会社は、あまり資金が出ていく商売ではないけれど、
現在のような危機が続いていけば、保険を解約するユーザーも多くなる。
そうすれば簡単に飛んでしまう。

ダメだ。眠すぎる。明日追加を書こう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら

90 ウォールストリート大暴落、9/11以来のメルトダウン

  ||| ウォールストリート大暴落 ||| NYダウ株式市場1日で504ドルの大暴落、9/11以来最も深刻な局面に リーマン倒産、メリルリンチはBOAが買収、大手保険AIGも破産宣告へ [昨日からの続き] 雪崩は止まりません。米国のメディアでは夜っぴて経済アナリストが喧々囂々の警告を発しました。一夜明けてウォール街の市場取引がオープンするやいなや、マイナス300ドルの大暴落。その後中盤には250ドル台まで持ち直したりしたものの、閉幕直前にまたもや急激に下落。月曜の終値は先週金曜と比較して

91 号外!AIGに8.9兆円連邦救済ローン、恐慌脱出か?

    ||| NY株式市場メルトダウン |||   どうなる、危機に直面したグローバル経済に大恐慌はくるのか?   AIGシンドローム、世界最大の保険会社倒産の危険性と波及効果 [昨日からの続き] 恐慌3日目。リーマン、メリルリンチに続いて、世界最大の保険会社AIGの危機。連邦政府がリーマンを見限ったように、果たしてAIGも見放すのか?これが昨日の米国アナリストの論議の争点でした。 と〜こ〜ろ〜が〜……ピンポ〜〜ン、ここで臨時ニュースが入りました。 [米国東部時間16日6:45PM /

92 リーマンショック雑感(その2)

AIGは結局政府が救済することになった。 リーマンは見殺しにしたのに、AIGは救済したということで、 ダブルスタンダードという批難が出ている。 どういう基準で選別されたかは、 株式、債券に投資している人間にとっては大問題だろうけど、 全体から見ればたいした問題でない...