異をとなえん |

米共和党大統領候補マケイン

2008.09.15 Mon

04:58:06

米共和党大統領候補マケイン議員がベトナムで捕虜になった事は、
知っていたけど、とても苦しい思いをしていたのは知らなかった。

嵐にさらわれなかった共和党大会、マケイン氏の過去に会場沈黙

そして、受諾演説に感動してしまった。泣ける。

マケイン候補、共和党の失政認め 変化のため「一緒に戦おう!」と

そこから気にいった演説の引用。

"自分より大事なものは世の中にないと思っていた。
自分がやりたいように、やっていた。
それが負傷して捕虜になり自分で食事もできない状態になったとき、
捕虜仲間が食事を食べさせてくれた。
そこから、自分の勝手気ままな独立精神には限界があると、学び始めた"

"自分が特別な、歴史に選ばれた人間だと思うから出馬したのではない。
自分を救ってくれたこの国を、忘れられないからです"

小野不由美の「図南の翼」に感動してしまう自分は、こういうセリフに弱い。
「図南の翼」の主人公も、自分に指導者としての能力があるかではなく、
国につくすために、指導者に志願する。

民主党オバマ候補の方の受諾演説も読んでみたけど、私の琴線には触れなかった。

オバマ候補、キング牧師の夢の日にアメリカの未来図を示す

キング牧師は受けるのかなと思う。
黒人層にだけ焦点をあてている気がする。
私だったら、リンカーンを持ってきて、国の団結を語りたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら