異をとなえん |

国民投票の維持費に毎年十億かかるって本当?

2007.05.04 Fri

00:00:52

今日見つけたブログの下記の記事に衝撃を受けてしまいました。

憲法改正手続の名簿システム作成に40億円、その後毎年名簿維持費に10億円も必要だって知ってた?!

記事の中身は見出しの通りです。本当かどうか確認するために、クリックするページを確認してみます。
衆議院-議案
ドメインから衆議院のページだとわかります。

次にその中の衆法 第164回国会 30の部分の本文及び修正案を見ます。その中の提出時法律案日本国憲法の改正手続に関する法律案の最後の部分に次のようにあります。


   本案施行に要する経費

 本案施行に要する経費としては、投票人名簿及び在外投票人名簿を調製するために必要な情報システムの構築等に要する費用として約四十億円、その維持管理に要する費用として平年度約十億円、国民投票の実施に要する費用として一回当たり約八百五十億円の見込みである。


ついでに言うと、民主党が出した対案でも第164回国会 31号にも同じ記載があります。

法案が通った時に初期費用がいろいろかかる事は理解できますし、実際に国民投票する時にも多額の費用がかかる事も理解できます。しかし、維持費が毎年十億もかかるのには納得できません。国民投票を実行するかどうかも決まっていないのに、毎年毎年十億ずつ費すなんて無駄もいい所です。実行しなければ丸損です。憲法が改正したって、それからもずっと維持費は出ていくことになります。絶対におかしい制度設計だとしか思えません。当たり前ですけど、国民投票の実行が決まってから費用を支出する制度に改めるべきです。憲法改正の発議をしてから国民投票までの期間を短くするために毎年十億もの費用がかかるなら、期間を延ばして維持費がかからないシステムにするべきです。

この話が本当なのか、未だに自信が持てないでいますが、どうして民主党はこんなのに賛成するのでしょうか。対案として同じ事を自分たちも提出しているという事は賛成しているという事です。話を知った人は誰でも、現在の国民投票法反対に回ると思うのですが、私の考えは間違っているのでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら

4 ????

???????ε??????Τ????????????ä????????μ??ī???礦?ιΰ????Ľ?????????????裹??ä?Τ??Τ?????ä?????Τ??礦 ?Τä礭???????????Τ??????η????ΰ???ι???Τ???Τ????????Τ???Σ縶§???縢?ºš???? ???????????????Ĥ????????褦???嵭Σ縶§?褦??Τ??

5 ???????δġ?JUST DO IT.Ĥű??

?????ë???Υ?ξ嵭???ű??????Τ?ž???夲???????ĹĤ?Τġ??ĤΤ???δ???????????鶲?ä?ġ ????Ĺ褦??衣??嵭???Τ?ž????Ĺ?Τ?θ??Ĺ???Τ?ž???????ž?????ή??? ??Ĥ?顢???μž?Τ???Ф???ĥ?äå??ä?????? ??????????仲????餺????Ĺδ??