異をとなえん |

理想国家としての日本

2008.09.03 Wed

01:29:21

理想国家といってもユートピアみたいな意味ではない。
理想気体と同じような意味での、理想国家である。

理想気体というのは、
ボイルの法則(温度一定のもとでは、圧力と体積は互いに反比例する。)や
シャルルの法則(圧力一定のもとでは、体積は熱力学温度に比例する。)が
成り立つ気体の事を言う。
私のいい加減な化学の理解では、
近似的にボイルの法則やシャルルの法則が成り立っているケースはたくさんあって、
つまり理想気体として処理できるケースがたくさんあるので、
そうすると便利という話だと思う。

日本が理想国家というのは、
近代まで外国との戦争が極めて少いので、
戦争がない場合に国がどう発展するかのモデルになるからだ。
対外戦争0なのが一番望ましいが、それはないものねだりだ。
日本の対外戦争は、攻められたのは元寇、
攻めたのは白村江の戦いと文禄慶長の役ぐらいで極めて少なく、
期間も短いから、大きな影響は与えていない。
神功皇后の三韓征伐は、事実かどうかはっきりしないので除外しておく。

戦争があるのが常態で、ない日本の方が特殊だと言うのは一理あるが、
モデルとして考えた場合変数が少くて単純な方が処理しやすい。
単純なモデルで成立を確かめてから複雑化するのが、正しい方法だろう。

たとえば、日本と朝鮮の歴史は最初の頃かなり似ていたという話がある。
朝鮮に高麗があった時代は日本みたいに侍に似た武臣政権が成立し、
日本の鎌倉時代に近い感じだ。
もちろん、その後は全然違うわけだが、その理由を日本と朝鮮の内部の違いに求めるより、
モンゴルの侵略によって朝鮮が全然別の国になったからと考えた方がずっと簡単だ。

つまり、本来なら日本のように封建主義が発達したのが、
モンゴルの侵略によって変質したと考えるわけだ。
もう少し定式化すると、ある国の歴史を推測する時に、
ある国の歴史が日本のどの段階に当たるかを考え、
何もしなければ日本のように発展したのだが、
外国との関係によって変化したと認識する事になる。

マルクス主義の国家の発展段階説による古代奴隷制、中世封建制、近代資本主義制も、
日本の歴史で考えると中世封建制、近代資本主義制は、なんとなく近い感じだ。
しかし、古代が奴隷制というのはかなり違う。
日本のマルクス主義の歴史学者は、なんとかモデルに適合させようと、
奴隷制らしき物を探し苦労している。
私の考えは違う。
日本の古代こそが基準なのだ。
古代が奴隷制とされるのは、
ヨーロッパの古代がローマ帝国による他民族の支配をモデルとしたからだ。
つまり、帝国という別の要因が奴隷制を生み出した。
そう理解する方が納得できないだろうか。

では、古代と中世を分かつ物は何か。
荘園や侍の発生が中世の意味ならば、古代をどう捉えたらいいのか。
これについては、思いついたばかりなので、これから考えたいと思う。

このように日本を理想国家のモデルと考える事によって、
奴隷制を帝国と結びつける事が可能になる。
また、中国の各王朝やその他のアジアの王朝も、
マルクスはアジア専制と考えたが、
ローマ帝国も含めた帝国による他民族の征服国家と解釈する方が、
本質を捉えているのではないだろうか。

以上のことから、日本を理想国家として国家の発展について考えてみたい。
まず、国家の始まりについて考える。

この項続く。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント

103

高麗が元に攻められていなかったら、大きく発展していたような気がします。
武臣政権→群雄割拠→強力な統一国家、というふうに。日本も中国もヨーロッパも群雄割拠の時代に大きく発展しているような気がします。

106 Re:高麗

コメント、どうもありがとうございます。
体の調子が悪くて、返答が遅れてしまい、申しわけありません。

高麗が元に攻められていなかったら、どうなっていたのかというのは、
面白い問題です。
答の出る問題ではありませんが、モデルをきちんと形成すれば、
一つの答えは出るはずです。
一応、「理想国家としての日本」というシリーズは、
そのモデルを形成するためでした。
そのモデルを生かすとすれば、一応発展するというか、
近代文明への基礎は作られる可能性はあったでしょう。
このシリーズが何らかの役に立てればと思います。

それでは。

136 20090305

日本の中世の王朝は源氏(その外戚と分家)だと思います。近世は無関係な一大名ですね(自称源氏ですが)
ヨーロッパは中世はほぼ一族内で近世はすごく遠い親戚に移ります

137 Re: 20090305

> 20090305
> 日本の中世の王朝は源氏(その外戚と分家)だと思います。近世は無関係な一大名ですね(自称源氏ですが)
> ヨーロッパは中世はほぼ一族内で近世はすごく遠い親戚に移ります

一体、何を言いたのか意図がわかりません。
私の意見に対する反論なのでしょうか、同意なのでしょうか、それとも質問なのでしょうか。
単なる自説の開陳かも知れませんが、私の意見との関連が見えなくて、コメントしようがありません。
もう少し内容を説明してほしいです。

それでは。

138

申し訳ありませんでした。高麗=古代王朝ではなく=中世王朝(鎌倉将軍室町将軍)に例えたほうがしっくりくる部分もあると思ったのです





コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら

83 国家の起源 (理想国家としての日本-その2)

寺沢薫「王権誕生 日本の歴史02」によると、 日本では縄文時代は戦争がなく、弥生時代から戦争が始まった. 戦争の原因は他の共同体との水や耕地の争いだったと言う。 弥生時代、水田稲作が広がり農地を広げていった時に、 水の利用や耕地の争いから、 同じ川の水を使っている人間たち...

104 なぜローマ帝国は滅んだのか - 理想国家としての日本(その3)

ローマ帝国が滅んだ理由は昔から論議されている。 キリスト教が原因とかいろいろあるが、 日本を理想国家モデルと考える理論 を使えば、答えは簡単である。 理由はゲルマン民族が侵攻してきたからだ。 日本も平安時代以後、朝廷は弱体化し、戦国時代にはほぼ分裂状態になっ...

105 帝国モデル - 理想国家としての日本(その4)

理想国家としての日本 で考えたように、 日本を標準的な発展モデルとすると、 西ヨーロッパ以外の世界は大きく異っている。 日本と西ヨーロッパ以外の地域は帝国による興亡の歴史だといっていい。 この歴史の推移するメカニズムを帝国モデルとする。 日本と西ヨーロッパは標準モデ...

107 日本古代は帝国モデルか? - 理想国家としての日本(その5)

落穂拾いになるが、日本古代は 帝国モデル かどうかのテーマを考えておきたい。 国家の起源 で述べたように、国家は極めて小さい領域から生まれた。 現在で言えば村ぐらいのレベルだろう。 しかし、そもそもの国家の発端が戦争のためである以上、 戦争に勝った方が領域を拡大してい...

110 古代と中世をわかつもの - 理想国家としての日本(その6)

西暦1200年ごろ鎌倉幕府ができて、武家が優位に立つまで、 天皇家は日本の権力を握っていた。 西暦400年ぐらいに日本をほぼ統一してから約800年、 古代と呼ばれた時代である。 鎌倉幕府以後は中世になるが、 この古代と中世を分ける政治変動を引き起こした原因はなんだろうか。 ...

111 中国の中世 - 理想国家としての日本(その6)

なんというか、円高がむちゃくちゃに進んでいる。 1ドル90円台って、見出しがあったから 99円から90円の間なのかと思ってしまった。 95円ぐらいから、いきなり90円になるなんて、なかなか思わない。 black everydayという言葉があるけど、本当そんな感じだ。 こんな時に...

112 中世の権力構造 - 理想国家としての日本(その8)

なんか、手間暇かかっている割に内容がない。 弁解として、ここで述べている事は実証的研究ではなく、 私の歴史観に基づいた仮説だと主張しておく。 日本史はともかく、西ヨーロッパ史はよくわからないので、 基本的事実を間違えている可能性もある。 中世の権力構造について考え...

113 中世の終わる時 - 理想国家としての日本(その9)

中世の始まりでは、地域は経済圏として自立した。 しかし、時間と共に経済は発達して生産が増え、地域ごとの特色が生まれ、 独自の製品を生産していく。 交換による利益を得るために、各地の間での交易が盛んになっていく。 地域ごとの交易が盛んになるにつれて、交易をより発展さ...

114 「中国思想と宗教の奔流」感想

小島毅(こじまつよし)「中国思想と宗教の奔流 宋朝 中国の歴史07」を読む。 講談社版中国の歴史7巻目で、宋朝約300年の時代を扱っている。 目次は以下の通り。 はじめに 第一章 宋朝の誕生 第二章 宮廷の運営 第三章 動乱の世紀 第四章 江南の安定 第五章 宗教の土着化 第六章 士大...

115 産業革命は農業革命 - 理想国家としての日本(その10)

いよいよ近代である。 近代とは何か 私の答えは産業革命だ。 産業革命が起こる社会、それが近代社会だ。 ただ、実際に産業革命が起こった国、地域は限られている。 現在でも産業革命が起こっていない国はたくさんある。 貧困国で、産業革命が起こらず、発展できないのはなぜだ...

117 続:産業革命は農業革命 - 理想国家としての日本(その11)

前回 はイギリスの例で産業革命が農業革命である事を述べた。 それでは、日本ではどうだろうか。 日本の場合も農業は発展している。 前と同じく、浅羽良昌「経済大国の盛衰300年」(P224)によると、 1874年がら1912年までの農業の成長率は、年率1.91%となる。 ただし、その時...

120 産業革命の必要条件 - 理想国家としての日本(その12)

今まで、産業革命は同時に農業革命だと言う事を述べた。 その理由は、産業革命が社会全体の発展なのだから、 その当時の産業の大部分を占める農業が発展しないわけがないことだ。 では、農業以外の伝統的な産業はどうだろうか。 日本の明治維新後の産業革命では、伝統的な産業も発展してい...

128 中間報告 - 理想国家としての日本(その13)

「理想国家としての日本」として書いてきたシリーズが、 行き詰まっている。 そもそも、日本を国家発展の基本モデルと考えて、 その他の国を含めた一般論に展開することを目標としてきた。 マルクスの史的唯物論の変形解釈な感じになっているが、 まあまあ自分なりの考えになっ...