異をとなえん |

「格差の実像 〜改革の果てに」感想

2008.08.25 Mon

01:33:31

「格差の実像 〜改革の果てに」
は山陰中央新報の特集だ。

小泉政権による構造改革が地方にもたらした格差を語っている。
格差というより、つめ跡か。

私は小泉政権支持なので、地方にもたらされた変革は望ましい事だと思っている。
小泉改革が中途半端だと言う意見に対して、
実際には強力に影響を及ぼしている事の、実証になっている。
たぶん、後数年で地方は自立をする。せざるを得ない状況に追い込まれている。
それを、明白に示している特集に思えた。

次期衆院選に自民党か民主党、どちらを選ぶべきか迷っていた。
しかし、この状況を見るかぎり、改革を推進しなくとも、
今のままで進めば日本は確実に良くなっていくように見える。
小沢民主党が、ますます地の田中政権スタイルに戻るように感じる今、
福田政権に投票するつもりだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら

89 「自治体格差が国を滅ぼす」感想

田村秀(たむらしげる)著「自治体格差が国を滅ぼす」(集英社新書)を読む。 自治体の間に格差が生じている事を、 具体例を出しながら記述し、解決策を考える。 目次は次の通り。 第一章 拡大を続ける地域間格差 第一節 地域間格差も拡大の一途 第二節 都道府県間の格差を考える 第三...