異をとなえん |

両班のこと - 日本人は天皇の子孫か?(その4)

2008.07.14 Mon

02:23:16

家系の話 - コリアニメやつあたり
に、今の韓国人の多くが自分の祖先は両班(貴族)であると主張している事を、
批判している記事が載っている。
呉善花氏も、八割の国民が貴族だなんておかしいと書いていた。
しかし、私は韓国朝鮮人のほとんどが両班出身であるのは正しいと思う。

日本人は天皇の子孫か?
で使ったプログラムで、その事を試算してみた。

まず、朝鮮の人口は1400年に400万、1910年に1200万とする。
「世界の歴史12 明清と李朝の時代」p108に
「李朝の人口は400万から1200万くらいに増加したと思われ、」
と記述されている。

すると、1400から1910までで3倍になっている。
510/30=17
17世代で3倍になるということは、一世代あたりの増加率は下記になる。

irb(main):001:0> 1.066759 ** 17
=> 3.00004220874656
irb(main):002:0> 1.066758 ** 17
=> 2.99999440007087
irb(main):003:0>

男一人が、一世代で約1.066人の男を作ればいい。

仮定した数値は次の通り。
最上位10%は、2
その下10%〜20%は、1.5
その下20%〜80%は、1.066

最下位層の20%は、全体の増加率が1.066なので計算して求めると、
0.382ぐらいだ。

この数値は、後で当時の資料が出てくるのだが、
何回か試算してそれに大体合うようにしてある。

一番最初の両班の人数は240人とした。
「世界の歴史12 明清と李朝の時代」p100に
「3年ごとに、文科33名、司馬試進士試100名、司馬試生員試100名」と
あるからだ。
この全てが両班化したとも言えないが、
後の試験で受かった人間もたし合わせた目分量だ。

これで計算した結果が次のようになる。

$ ./tennou.rb
最下層人口増加率 = 0.382000
西暦 対象人口 男性人口 割合
1400| 240| 2000000| 0.01
1430| 480| 2132000| 0.02
1460| 960| 2272712| 0.04
1490| 1920| 2422710| 0.08
1520| 3840| 2582609| 0.15
1550| 7679| 2753062| 0.28
1580| 15359| 2934764| 0.52
1610| 30719| 3128458| 0.98
1640| 61439| 3334936| 1.84
1670| 122880| 3555042| 3.46
1700| 245760| 3789675| 6.48
1730| 491520| 4039794| 12.17
1760| 939269| 4306420| 21.81
1790| 1590379| 4590644| 34.64
1820| 2323345| 4893626| 47.48
1850| 3146134| 5216606| 60.31
1880| 4067410| 5560902| 73.14
1910| 5096591| 5927921| 85.98

この結果を、宮嶋博史著「両班(ヤンバン)―李朝社会の特権階層」の
p199に出てくる表と照らしあわせてみる。

身分別人口数とその比率
          両班     常民    奴婢    総数
I期(1690年)     1,027人 7.4% 6,894 49.5% 5,922 43.1% 13,913 100%
II期(1729、32年)  2,260人 14.8% 8,066 52.8% 4,940 32.4% 15,266 100%
III期(1783,86,89年) 3,928人 31.9% 6,415 52.2% 1,957 15.9% 12,300 100%
IV期(1858年)    6,410人 48.6% 2,659 20.1% 4,126 31.3% 13,195 100%

私のシミュレートした結果は、少し両班の増加率が高すぎる嫌いはあるが、
この数値に近くなるように設定したので、大体あっている。

人口の一割近くが、 一世代ごとに2倍に増加するなどありえるだろうか。
近代前には普通ありえないだろうが、
朝鮮儒教の特殊性を考えるとありえる。
朝鮮儒教では、祖先の祭祀を最も重要視している。
祖先の魂が現世に生きているとし、その魂に食事を捧げる事が祭祀であり、
孝なのである。
この食事を捧げるのは男でなくてはならない。
男の子孫が絶えると、先祖に食事をやる事ができないから、
先祖みんなが苦しむ。
それを避けるためには、何がなんでも男の子を作る必要がある。
日本のように婿養子などと言うものは取ることはできない。
そうすると一人息子では、死んだら途絶えてしまう。
だから、最低でも二人の息子が欲しい。
もちろん、できれば最たくさん作る。
このような特質を考えると、両班が一世代ごとに二倍になるのはおかしくない。

もう一つの問題は、最低階層の増加率である。
一世代あたり0.4人というのは、とてつもなく低い。
しかし、16世紀末から17世紀にかけて、日本と清による朝鮮侵略があり、
朝鮮国民は大量に死んでいる。
この場合、死んだ人間の多くは最下層階級だろう。
また、朝鮮時代を通じて両班による、下層階級への迫害はすさまじかった。
朝鮮王朝初期には、儒教はまだ両班だけのもので、
下層はまだ仏教が浸透していたらしい。
そこで、親が死んだ時三年の喪をしなければ罪に問われ、
寡婦は再婚すれば罪に問われた。
死ぬ事もあっただろうし、奴婢に落とされた事もあるだろう。
朝鮮王朝末期には外国人の記録では、両班の残酷さがいろいろと記されている。
これらを考えると、0.4という増加率もありえる。

この推定が正しい事を前提とすると幾つかの事に説明がつく。

たとえば、1575年ごろから党争と呼ばれる争いが始まる。
党争は日本人などから見ると、なぜ争うのかわからない、
国王の継母の服喪期間をどうするかのような争いだ。
それまでも権力闘争はあるのだが、
政策ではなく、争いのための争いになるのは、このころからだ。
この原因は、このころの中央官僚が全て両班になったからだろう。
もちろん、中央官僚は全て両班なのだが、
一族に始めての一人というケースが減少し、
ほとんどの官僚が、上層部に親戚がいるようになった。
この結果、小さな争いが中立的な立場の人がいないために、
そのまま激烈な戦いに突入してしまう。

また、族譜の意味が明らかになる。
族譜の編纂が実質的に始まるのは16世紀後半らしいが、
党争と共に起こっている。
党争が一族全体の生死を賭けた戦いである以上、
その戦いに使える要員を確定する意味がある。
そうすると、偽の族譜というのはあまり意味がない。
両班である事が重要なのではない。
どの一族に属しているかが重要であり、
何か事があった時に助けてくれるかが大事なのだ。
偽の族譜では、一族の承認が得られないので、助けにならない。
単に犯罪として処断されるだけだ。

最後に私の偏見かも知れないが、韓国人はかなり似た顔をしているように見える。
目が細くて顎が出ている。
これは、1400年ごろのかなり小さい集団の遺伝子を、引き継いでいれば説明できる。

以上のことから、私は現在の韓国朝鮮人が両班出身なのは正しいと思う。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら

106 [資料]四方氏の研究

嫌韓バカが李氏朝鮮時代を誹謗するのに良く使われる史料として、京城帝国大学教授の四方博氏の研究がある。 以下の表は有名なので、見たことも多いかと思う。 身分別戸数とその比率(大邱、慶尚道)  両班戸(%)常民戸(%)奴婢戸(%)総数(%) 1690年     290 9.2%169453.7%

530 中間派が最大勢力 - 続:中国新体制のメンバーが決まる

前の記事では、政治の基本原則と中国の未来予測について書こうとして、言いたいことが散漫になってしまった。 もう少し意見をまとめておきたい。 まず、私の政治に対する基本理解だ。 派閥争いにおいての基本原則は、組織は普通中間派が最大勢力だということだ。 日本の会社でも会長派と社長派が争っているなどという話をよく聞くが、普通はどちらの派にも属さず会社のために全力をつくしている社員が

541 朝鮮の科挙では平民出身が半分近くを占めていた?

李氏朝鮮では両班がしだいに増加し人口の大半を占めるようになった、という説を私は主張している。 それに対して、中期以外では科挙に及第した人の半分近くが平民出身者という意見が出てきた。 ・科挙に受かれば平民でも出