異をとなえん |

石油価格の限界

2008.05.25 Sun

02:54:32

ワールドビジネスサテライトの放送に
原油消費額を名目GDPで割った値の過去最高は、第二次石油ショック後の7.2%で、
現在すでに超えているという話があった。
また、過去のピークに達する時の1バーレル当たりの原油価格は、
国別では下記のようだという表示もあった。

日本 168.1ドル
米国 160.1ドル
中国 99.5ドル
韓国 117.7ドル
インド 62.6ドル

原油価格は135ドルを超えて、
そろそろ各国も景気がおかしくなりそうなレベルになってきた。
年初は100ドルぐらいだったから、
そのころの石油が精製されて末端に届くころだろうか。

原油価格がどこまで上がるかわからないが、
170ドルまで行くことを覚悟しなくてはいけないのか。
瞬間タッチとしては200ドルもあるか。
ただ、達成感もあるだろうから、ここらへんが限界だろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら

23 原油価格の上昇はまだ続く

経産省の北畑次官が、 原油価格について 「今すぐではないが、確実に下がる方向に動く」と述べたそうである。 正しいだろうか。 いや、言っていることはもちろん正しい。 原油価格は急激に上昇したのだから、余程の事がなければいつかは下がる。 しかし、これでは何も